m-flo / ASTROMANTIC (AVEX) CCCD

astromantic
http://m-flo.com/

最初は彼らが今回やっている全曲違うアーティストとコラボレーションするのってずいぶん新鮮に思えたけど、よく考えたらヒップ・ホップのDJのアルバムだと普通にやってる事なんですよね。まぁだからというわけではないんだけど、このアルバムは何度聴いてもイマイチパッとしないというか。やっぱり期待値が高すぎたんでしょうか。ただでさえ彼らには期待してしまうのに。先行シングルの何れもが「ポップスの錬金術師」と呼びたくなるほど素晴らしいものだったので、どうしても減点法でみてしまいます。
で、その減点対象なのですが、コラボレーション相手が今一つ面白くないというか、結構予想範囲内の人が多いんですよね。人選的にも内容的にも。教授にサウンド作りだけじゃなくラップもやらせたり、横山剣と野宮真貴を共演させるという反則技みたいなの以外は、わりとエム・フロウ側に取り込まれちゃってる感じだし。それにどの曲もシングルとあまり印象が変わらないというか、ちょっとポップ過ぎやしないでしょうか。前作の「ディスパッチ」みたいな濃い曲が何曲か入っていればまた随分と印象違ったと思うのだけれど。それに冒頭で書いたDJ達がやるようなフック・アップとかもないんだよね。まぁこれだけ売れてると色々なしがらみも多いのだろうけれど。
でも1作目、2作目、そして今作とヴァーバルの成長には目を見張るものがありますね。

L’Arc~en~Ciel / SMILE (Ki/oon) CCCD

smile
http://www.larc-en-ciel.com/

バンド系に限ると、現在の青春パンクの前に流行ってたのってやはりビジュアル系になると思うんだけど、どちらが好きかと問われたら私はビジュアル系を選びます。まぁ理由は色々あるんだけど、大きな理由の一つとして演奏力の違いというのがあって、言うまでもなく所謂ビジュアル系と呼ばれてた人たちの方が上手かったし、演奏に耳がいくバンドも多かったと思うんですよね。
なんかパンクが流行ったり打ち込みを取り込んだりで、最近演奏力に言及する事ってどんどん少なくなっている気がするけど、少なくともバンドをやるんだったら非常に基本的なことだと思うし、演奏力ないのを「初期衝動」とか「味」とかいう言葉でかたづけるのって成長に対する逃げでしかない(聴く側が言う分にはかまわないと思うけど)。例えばグリーン・デイが現在のような成長を遂げられたのも、彼らの達者な演奏力なしにはありえなかっただろうし。
そして私がラルク・アン・シエルを好きなのも演奏力というのは大きいんですよ。よく彼らの音楽性の幅広さについて言われるけど、それも彼ら4人全員がソングライターというのと同時に、それを生かせる演奏力があるという事でもあるし。

ここまで書いといてなんだが眠気に勝てなくなったのでもう寝ます。続きはまたそのうち書こうかなと思います。なんだか前置きだけで終わっちゃって読んでる人いたらごめんなさい。

soulphiction / soulphiction EP 01 (Freude-am-Tanzen) 12″

HJ2163.jpg
http://www.freude-am-tanzen.de/

Jackmate 名義で知られる人(本名忘れた)の新譜。
多分これを聴いた誰もが思うんだろうけど、まるでムーディマンやセオ・パリシュのようなディープ・ハウス。くぐもったキックの音にヘヴィなベースライン。少しこちらのほうが音が立ってるけど正にどす黒いハウス。特に鼻歌のような女性の歌声と男声のヴォイス・サンプルが絡むB2、極上のソウルを思わす色気たっぷりなB3なんか本当に最高。まぁ、欲を言えば上記の二人にないような個性が欲しいところでしょうか。個人的にはジャックメイト名義でやってる事と混ぜちゃえばいいと思うんだけど。まぁ、そんな単純な話じゃないか。ちなみにジャックメイト名義でも同時期に新作が出てます(私はお金がなくて買えません)。
[Tracklist]

Quenum and Lee Van Dowski / EXTENSION (Cadenza) 12″

extension
http://www.cadenzarecords.com/

ルチアーノのレーベルからの3枚目は名作『オレンジ・ミステイク』をルチアーノと共作したフィリップ・クワナム(とLee Van Dowskiって人は名前始めて聞く)。
一聴するといかにもクリック・ハウス然としたピキパキした上ものが乗っているんだけど、他の凡百のものと比べるとはるかにグルーヴィーで、リズムが上ものを追いかけてるような印象さえする。これでも十分かっこいいのに中盤のブレイクの後、ハードミニマルのようなへヴィなリズムが入ってくる。そのさまは正に圧巻。久々にサージョンとか聴きたくなった(彼もずいぶんとご無沙汰ですよね)。
“Quenum and Lee Van Dowski / EXTENSION (Cadenza) 12″” の続きを読む

repeat orchestra / red dark shed ep (a TOUCH OF CLASS) 12″

repeat orchestra/red dark shed ep
http://www.background-records.de/

オーケストラ、っていわれるとだいたいの人がクラシックを思い浮かべると思うんだけど、インナーゾーン・オーケストラ、インディヴィデゥアル・オーケストラ、シネマティック・オーケストラ、パッション・ダンス・オーケストラ、とみんなジャズからの影響が濃厚なのはなぜなんでしょうか?
ではこのリピート・オーケストラもジャズっぽいのかというとそんな事はなくて、上の話はまったく関係ありません。

バック・グラウンド傘下のレーベル(過去にシザー・シスターズやアクフェンもリリースしてる)の新作ということでDBとポータブルがリミキサーとして参加してる。A面の表題曲はダビーなトラックの上に、盛り上がりも盛り下がりもしないストリングスが乗るという不思議な雰囲気の曲。B面はわりと普通のディープ・テック・ハウス。で、ちょっとこの2曲だけだとなんとも言いづらいかなぁ。なのでやはりメインは2人のリミックスでしょう。DBは個人的にルチアーノと共に今最も注目してる人なんだけど、ここでの仕事も最高です。オリジナルのトラックをさらにベーチャン寄りにして、上ものをぶつ切りにして乗っける事で何ともいえないグルーヴを作り出してる。つまりアクフェン以降の人なんだけど、上ものだけ聴くとオウテカみたいなエレクトロニカにも聴こえるし、この人の作る音は飛びぬけてディープ。ポータブルのは四つ打ちのキックに絡むパーカッションの隙間から霧のようなエレクトロニクスが立ち上るいつもどうりの出来。この2曲のために買いましょう。

試聴

サイプレス上野とロベルト吉野 / ヨコハマジョーカーEP (ZZ PRODUCTION) CD

サイプレス上野とロベルト吉野/ヨコハマジョーカーEP
http://www.sauetoroyoshi.com/

日本語ラップって昔(今も?)笑いの対象になりやすかったからか、いまだにハードコアが主流だけど、別段メイク・マネーにもビィャッチにも興味のない私としては、こういう人たちに肩入れしたくなってしまう。
まずネタ感を前面にだしたメロウなトラック、そしてラップ共々とてもユーモラス。はっきりいってラップなんて女の事か、あとはくだらない事しか言ってないんだけど、そこから漂うダメ人間感が猛烈に好み。でも音楽的にはしっかりしてるし、そのダメさが暗さにならずにむしろ前向きにさえ感じられる。単純にとても面白い人たちなので、普段この手のを聴かない人たちにはかえって引っかかりが多いと思うけど。
韻踏、降神、MSCなどを輩出した『ホーム・ブリューワーズ』にも参加していた二人組のデビュー作。

@TOWER JP

hitomi / TRAVELER (avex) CCCD

hitomi/TRAVELER
http://hitomilovelife.net/

ずいぶん久々のアルバムって感じだけど、約二年半ぶりなんだそうで。彼女のリリース期間がこんなに空くのって小室哲哉と別れたとき以来だと思うんだけど、そのときに比べると新味は薄いなぁ。結婚は特に音楽性には影響しなかったみたいですね。強いて言えば声が少し力抜けたかな。あとは根岸孝旨を招いてロック色が多少強まったくらいでしょうか。
でも「デジタル・ロック」なんて言葉をつい思い出してしますようなバカスカした音作りは相変わらずで、一枚通して聴くのはちと厳しい。彼女が昨年のベストアルバムにソフト・ピンク・トゥルースを選んでたのを見たんで期待してたんだけど。曲もいいの揃ってるだけに残念です。

amazon

B’z / BANZAI (Vermillion) CD

BANZAI
http://bz-vermillion.com/

昨年の快作『BIG MACHINE』以来の新曲。
その間に松本孝弘のTMGや、稲葉浩志初のソロライブのニュース(まだやってない)があったりしたのでどう変わってるかと思ったら、まぁいつもの B’z 。
なんだかここ何作かの彼らのシングルってソリッドなハードロックってところで安定しちゃってるね。途中で国歌みたいなギターソロが入ったり相当変てこりんな曲なのに、それをJポップのど真ん中として鳴らしてしまうのはやはり凄いんだけど。そろそろ変化のほしいところでしょうか。
そういった意味では、ビーズ流青春パンクといった趣の2曲目「Magnolia」のほうが面白かった。最近こういう胸キュン系の曲少ないしね。

V.A. / anticon label sampler:1999-2004 (anticon) CD

Anticon Sampler: 1999-2004
http://www.anticon.com/

その名のとおり anticon のレーベル・サンプラー。この人たちの場合ソロだけじゃなく、いろんなヒトがくっついたり離れたりで音源出すもんだから、カタログ数が半端じゃないのでこういうのは中々ありがたい。
でもこのレーベル・サンプラーというところが曲者で、収録曲33曲がミックスされているんだけどこのミックスが非常に中途半端なのですよ。一応趣旨がレーベル・サンプラーだから一曲一曲の輪郭を分かるようにしたのか、ただ繋ぎました、って感じのミックスで、普通のミックスCDのような展開や起伏は望めないし、かといって曲数多いからどの曲も中途半端にしか聴けないし。これだったらもっと曲数絞るか外部の人間にズタズタにミックスしてもらうかした方が面白かったと思うんだけど(ちなみにこの盤の編集は Odd Nosdam )。
でもこのレーベルの感じはつかめるからそれでいいのかな?とりあえずアンダーグラウンド・ヒップ・ホップがメロウネスに覆われて久しい中、誰もが思うアンダーグラウンドを地で行ってるのが分かるから嫌いじゃないんだけど。

試聴

書初め

前々からHPを作りたいと思っていたのだけれど、せっかく買ったホームページ・ビルダーもまったく使っていないような有様で、自分のだらっけっぷりを改めて思い知らされたのだけれども。なので知人がこれやってるのを見て簡単そうなのでとりあえず。でも機能ぜんぜん分かんないし、何も考えてないしで、いったいいつまで続くことやら・・・。