DARTRIIX / DARTRIIX (op.disc) CD

DARTRIIX / DARTRIIX (op.disc)
http://www.opdisc.com/

田中フミヤと半野喜弘によるユニット、 DARTRIIX の2007年発表の1枚目のアルバム。

このアルバムに関しては、以前書いたように、自分の中での評価はそれほど高くなくて、田中フミヤのミニマルな部分や硬質さと、半野喜弘の有機的な部分が融合している、というのは分かるんだけど、かといってそれが化学反応を起こしてより面白味が増しているか、というと、それはあまり感じないかな、というのが正直なところで、それは久し振りに聴いてみても変わらなかったかなと。

まぁそれだけにこれ一回こっきりでユニットが継続していないのは残念。っていうかそもそもこの二人の絡みが最近少ない気がするんだけど、どうなんだろう。ケンカとかしてなきゃいいけど。

DARTRIIX - DARTRIIX

“DARTRIIX / DARTRIIX (op.disc) CD” の続きを読む

Radiq / MO’ ROOTS (philpot) 12″

Radiq / MO' ROOTS (philpot)
http://www.philpot-records.net/

たまに何でこの人は今までこのレーベルからリリースしなかったんだろう、と思える絶妙なアーティストとレーベルの組み合わせというのがありますが、ジャズやソウルを消化して独自のハウスを生み出している Radiq こと半野喜弘と、様々なブラック・ミュージックの影響をにじませたビートダウン・ハウスをリリースする philpot は、なぜ今までリリースがなかったのか不思議に思えるほどの組み合わせで、やはりこのレーベルは信用できると改めて思わせてくれる。

そして素晴らしいの組み合わせに答えるようにトラックもよく出来ていて、表題曲の “Mo Roots” はねちっこいギターとオルガンが実にファンキーなミニマル・ハウスなのだが、そこにきちんと洗練が加えられ、ファンキーとは相反するような落ち着きさえ感じられるのが面白いし、構成要素はそれほど変わらないもののアッパーなハウスに仕立てた “Ride On!” と共に素晴らしい。

また原曲にどす黒いグルーブを注入した soulphiction による “Mo’ Roots” のリミックスも非常に「らしい」出来で、これは3曲とも文句なしの傑作。

Mo'

DARTRIIX / DARTRIIX EP.2 (op.disc) 12″

DARTRIIX / DARTRIIX EP.2 (op.disc)
http://www.opdisc.com/

田中フミヤと半野喜弘によるユニット、 DARTRIIX の2枚目のシングル。これも本当なら昨年のアルバムの発売前に出るはずが、リリースが今年にずれ込んだヤツですね。

その昨年のアルバム『DARTRIIX』は、まぁ回数それ程聴いてないのもあるんだけど、自分的にはイマイチピンとこない作品だったんですが、このシングルは3曲ともひたすらカッコいい。
中でも一番いいのがアルバムからのカットとなる “Superposition” 。アルバムのバージョンでは比較的トライバルな色が前面に出されていたけど、このシングルではアルバムよりも4分以上も長い11分の長尺曲になっており、シンプルなビートから始まり、徐々に様々な音が足されていくので、その音世界が変容する様をじっくりと味わうことが出来る。ではその分地味なのかというとそんなこともなく、軸となるリズムが非常に屈強なので即効性も強い。後半に出てくる、ちょっと mathew jonson を思わせるオリエンタルなメロディもナイスです。
残りの2曲も漆黒のミニマル・トラックといった感じで、派手さはないものの、 DARTRIIX の硬派な面を味わう曲としては申し分なし。

確か彼らはもう1枚シングルのリリースがあるはずなので、そちらの方も楽しみに待ちたいところです。

DARTRIIX (RADIQ & Fumiya Tanaka) - DARTRIIX EP.2 - EP

DARTRIIX / DARTRIIX EP. 1 (op.disc)12″

DARTRIIX / DARTRIIX EP. 1
http://www.opdisc.com/

以前から WordPress のカテゴリーの順番を後から並べ替えられないものかと思ってたんだけど、検索で見つけた WordPressメモ さんで紹介している Category Order というプラグインを使ったらあさり解決。いやはや助かりました。

結局昨年リリース予定になっていたものの半分くらいが未だ出ないままな気がする田中フミヤですが、ようやく噂の Radiq こと半野喜弘とのユニットのシングル。
音の方は基本ミニマルながらも比較的音数は多くて、さらに音の感触も丸みを帯びたものが多く、半野喜弘の色のほうが濃いかな。しかしグルーヴは硬質なテクノそのもので、確かに二人ならではの音にはなってますね。
多分タイトルが『EP. 1』になっているので、秋口にもう1枚シングルきって、その後纏めてCDアルバム化。その後「showcasehub」でお披露目ライヴ、みたいな流れでしょうか。

視聴
[Tracklist]

Fumiya Tanaka/RADIQ a.k.a. Yoshihiro HANNO /op.disc 001(op.disc)12″

HJ5173.jpg
http://www.opdisc.com/

最近メジャーな人の音盤紹介が続いていたので久々に12インチでも。
以前FADER誌で予告されていた田中フミヤ半野善弘によるop.discがやっと始動してその第1弾。田中フミヤと半野喜弘の曲が1曲ずつにお互いのコラボ曲が1曲ずつという構成。
当然こちらとしてはクリック系を期待してしまうわけですけれども、そんなでもないね。っていうか田中フミヤってDJではクリック・ハウスもプレイするけど、今まで自分の作品でモロにクリックなのってそんなにないんですよね。今作も『Floor.People.Tension Ep』と地続きなスカスカなミニマル・テクノ。でも音数は少なくても音自体が太いので非常にグルーヴィ。2曲とも少しレゲエっぽいのが新味でしょうか。
で、クリック系期待するならRADIQ(半野義弘)の方がお勧め。プチプチというノイズの上で鳴るジャジーな上ものが美しい逸品です。一転田中フミヤとのコラボ曲はかなりドープ。これもレゲエの影響がちらほら。
あとは順調にリリースを重ねてくれることを祈るばかりなのですが、ちょっと不安なのは私だけでしょうか・・・。