NAMIE AMURO / PLAY (avex)CD+DVD

NAMIE AMURO / PLAY
http://www.avexnet.or.jp/amuro/

なんか世間での評価を見ていると、大体今作での安室奈美恵はいつになくハード、というのが多いようだけど、私の印象は全く逆で、このアルバムは久々にかなりポップなアルバムなのではないでしょうか。

Suite Chic 以降、どんどん R&B への傾倒を強めるアムロちゃんなわけですが、それは今作でも一緒。そうすると当然、トラックの方も現行のアメリカに近いハードなものが多い。でも今作は、前作で復活の兆しをみせた彼女本来の華やかさが完全に戻ってきていて、結局のところその歌声の前ではトラックがどうとか関係ないのですよ。

はっきりいって R&b/Hip Hop をハードに歌える人だったら他にたくさんいるわけで、そこに華やかさや可愛らしさを加えられるとなると、 Crystal Kay ではちと足りないし、倖田來未なんかは問題外。
そういう実力とアイドル性を両立させてるのって、やっぱりアムロちゃんしかいないわけで、それが見事に形になった本作は諸手をあげて大絶賛。まぁ個人的には可愛さ全開な最後の2曲がとんでもなく好きなんだけど、それも前半のクールさがあってこそ際立つわけで、かつてなくファンキーなシングル曲2曲に挟まれて、さらりとヘヴィ・ロックな “It’s All About You” があったりする流れもかっこいい。

一応安室奈美恵のオリジナル・アルバムは全部持っている身からすると、売り上げ的にはともかく、アルバムのクオリティ自体が落ち込んだことはないと思ってるんだけど、そんな中にあっても断然の最高傑作。売り上げ絶好調なのも当然でしょう。

視聴
amazon
@TOWER JP

SUITE CHIC/WHEN POP HITS THE FAN(avex)CCCD

SUITE CHIC/WHEN POP HITS THE FAN
http://www.suitechic.com/

昨日CD整理していたら出てきたんで久しぶりに聴いてみたんだけど、そういえば FirstKlas ってどうなったんですかね。
この Suite Chic ヒップ・ホップ/R&Bのアーティストと安室奈美恵が組んだプロジェクトで、その中でも中核的な役割を担っていたのが Zeebra今井了介にによるプロデュース・ユニットの Firstklas だったわけですよ。このアルバムが出た2003年当時は、けっこうポップ・フィールドのアーティストもプロデュースしていてある程度の成果も収めていたと思うんだけど、尻すぼみ的に活動しなくなってしまったのは、やはりポップ路線の Zeebra のアルバム『TOKYO’S FINEST』が思ったほどの支持を集めることができなかったからなのでしょうか。まぁいいや。
このアルバム自体も現在の安室奈美恵の本格US路線のきっかけになったアルバムとして重要なわけですが、最近の安室奈美恵はやりすぎに思える私としては、適度な軽さと華やかさをもったこちらの方が好きですね。多分未だにこのプロジェクトの次を期待している人は多いと思うんだけど、日本にヒップ・ホップやR&Bをもっと浸透させたいなら、こういう動きはもっと必要だと思うのですが。

視聴
@TOWER JP で見る

[Tracklist]

m-flo/COSMICOLOR

m-flo/COSMICOLOR
http://m-flo.com/

『ASTROMANTIC』(過去記事)、『BEAT SPACE NINE』(過去記事)と続いたコラボレーション・シリーズの最終章にあたるアルバム。
前作の『BEAT SPACE NINE』の時点ですでにマンネリ感が漂ってる感じがあったけど、今作ははっきりマンネリなんじゃないですかねぇ。 m-flo のことなんでクオリティが低いという事はもちろんないんだけど、さすがに3作目ともなると共演相手も今までとかぶっているものが多いし、楽曲的にも m-flo の新たな一面が見られるというよりは、今までの彼らの縮小再生産的なものが多い。やはりこのコラボレーションは、この方式が定着した時点でやめるべきだったんじゃないかなぁ。
個々の楽曲でいえば、倖田來未BONNIE PINK とやったやつが良かったです。

視聴
m-flo - COSMICOLOR
[Tracklist]

m-flo/m-flo inside -WORKS BEST II-

m-flo inside-WORKS BESTII-
http://m-flo.com/

この前レンタルしたやつ。

m-flo ってアルバム出すたびにリミックス盤とサイド・ワーク集を出してる気がするんだけど、良くいえば物凄い仕事量、悪くいえば場繋ぎ的なものが多すぎる気がします。

これも1枚目のサイド・ワーク集はどうでもいい感じ。コラボ中心になってからの、どんどんポップになっていく面がよく出ているんだけど、個人的にはちょっと物足りないです。
でも2枚目のミックス音源が非常によくて、流れや繋ぎがイマイチだとかスクラッチがうざいとか文句があるんだけど、それでも満足してしまうのはやはり Lisa 在籍時の曲が多いからでしょうか。特にクラブ・ミュージック的なエッジが強かった初期の曲が非常に新鮮。”been so long” から “L.O.T. (Love Or Truth)” への流れなんか、個人的に思い入れの強い曲だけにグッと来るものがあります。

それにしてもこれなんで今頃CCCDなんでしょうね。こんな産業廃棄物な仕様を未だに採用してるのEMIだけだと思ってたのになぁ。
“m-flo/m-flo inside -WORKS BEST II-” の続きを読む

ZEEBRA/The New Beginning(Pony canyon)CD

pcca02225.jpg
http://www.zeebra.jp/

これはレンタルしたやつ。

別にどっちが良いというわけではないんだけど、昔から、ただ好きなように音楽やってる人よりは、何か具体的な意思を持って活動してる人に関心がいってしまいます。さらにいうと「売れる」という事に対して意識的な人にどうしても惹かれてしまいます。
そしてヒップ・ホップって、例えばレゲエやハウスと違ってメインストリームになるという明確な答えを出した音楽だと思うんだけど、その分ヒップ・ホップを背負っていこうという意思を前面に出してる人って少なくなった気がします。

そういった意味において Zeebra という人は常に気になる人で、彼の本物のヒップ・ホップを浸透させようという姿勢を知っているからこそ、話題になった “Street Dreams” のような、下手するただの自画自賛になってしまいそうな内容も、説得力を持ってこちらに響いてくるのだと思います。さらにこの曲の後に TWIGY と D.L. が参加した曲が続くのだけれど、ある意味現在ヒップ・ホップからは距離を置いてる二人を参加させ、尚且つ各自のアルバムに、それぞれ3者が共演した曲を収録するという企画も Zeebra がいるからこそ成り立つものだと思います。

まぁ内容に関しては、もろにUSメインストリームなトラック群とか、女とどうしたとかくだらねぇリリック(歌詞)の曲が多いとか、個人的には好きとはいい難い部分も多いのだけれど、それでもこのアルバムには上記のような彼の明確な意思が張っていて、そこは評価したいです。

でもだからこそ、いかにも受け狙いな “Do What U Gotta Do” はいらなかったんじゃないかと。

購入→amazon
“ZEEBRA/The New Beginning(Pony canyon)CD” の続きを読む

NAMIE AMURO / Queen of Hip Pop (avex)CD

B0009QX4T4 Queen of Hip-Pop
安室奈美恵


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

http://www.avexnet.or.jp/amuro/

個人的にはアムロちゃんが、SUITE CHIC以降どんどん本格的なヒップ・ホップやR&Bに進んでいくのはあんまり面白くなかったんだけど、このアルバムは久しぶりにいい感じです。
まぁ、小室時代のようなパチもん感覚がよみがえったということはないんだけど、前作よりもよりヒップ・ホップやR&Bに傾倒しながらも、前作に足りなかった華やかさが戻ってきているんですよね。それにトラックも今作のがカッコイイ気がする(正直前作はCCCDだったからあんまり聴いてないのよ)。
でも一番大きいのは彼女のヴォーカリストとしての成長振り。いつの間にこんな堂に入った声を出すようになったんでしょうか。特に”WANT ME, WANT ME”の冒頭の「あ~、はっ」なんてカッコよすぎて身もだえしそう。まぁ、この曲自体ははっきりとしたスネアが入ってこないんで、やたらと長いイントロ聴かされてるみたいであんまり好きじゃないんだけど。
それにしてもこんな死んだ魚みたいな目した写真をジャケにしなくてもいいと思うのだが。