2015年10月のお気に入り

坂本真綾 / FOLLOW ME UP
坂本真綾 / FOLLOW ME UP
彼女のアルバムにしては珍しくシングル曲が多いのだけれど、アルバム曲も負けず劣らずの個性を放っており、華やかながらも濃密な作品。
deafheaven / New Bermuda
deafheaven / New Bermuda
予想していたよりもメタルっぽかったのが意外だったんだけど、 Deafheaven らしさもきちんとあって予想以上。
RR006
René Audiard / René Audiard
ベルリンのプロデューサーの連作シングル。アホみたいに高かったんだけど、ダークなテクノばかりで私好み。
Suolo / Cel Cuceasul EP
Suolo / Cel Cuceasul EP
ただ淡く淡々と。
Swindle / Peace, Love & Music
Swindle / Peace, Love & Music
ダブステップとジャズやファンクが溶け合った音楽性も素晴らしいんだけど、 Deep Medi の次に Butterz からアルバム出すという事実だけで嬉しくなってしまう。
Octave / Augustin
Octave / Augustin
bandcamp でアホみたいな数の作品を発表しているルーマニアのプロデューサーのアルバム。軽快なテック・ハウス。最初8曲入りだったのに、今見たらなぜか4曲に減ってる・・・。
Nomine / Inside Nomine
Nomine / Inside Nomine
地味渋ダブステップ。ずっと聴いてられる。
REGIS / Manbait
REGIS / Manbait
編集盤。”Blood Witness” と “Blinding Horses” をこんなに入れなくてもいいんじゃないの、と思わなくはないけど、 CUB の収録がうれしい。
Ready To Spit
Garahavi / Ready To Spit
湘南のラップ・デュオとオーストラリアのビートメイカーによるミックステープ。シンプルなトラックに絡みつくようなラップが映える。
Weekly Loads # Complete Edition
NF Zessho / Weekly Loads # Complete Edition
「Weekly Loads」というキャンペーンで発表してきた曲をまとめた作品。派手さはないけど、シャープなラップがかっこいい。

10月は良い作品が多かったですな。

2015年9月のお気に入り

V6 / SUPER Very best
V6 / SUPER Very best
KAT-TUN にはまるまでは、私にとってジャニーズといえば V6 と Kinki-Kids だったのさ。
dj mitsu the beats / Serendipity
dj mitsu the beats / Serendipity
DJ Mitsu the Beats が四つ打ちに絞ったというアルバム。思いのほかエレクトリックな音作りで意外だったんだけど、さすがの完成度。
Satanicpornocultshop / Faucet Zero
Satanicpornocultshop / Faucet Zero
トラップがテーマになっているという Satanicpornocultshop の新作。作品全体としても面白いんだけど、最後の「KORN / TWIST」のカバーが最高。
UPPERS+DOWNERS vol. I
Travis Garland / UPPERS+DOWNERS vol. I
元 NLT (Not Like Them) の Travis Garland のフリー EP 。ジャケットは物騒だけど、音は美メロな R&B ポップで非常に良い。
Cio D'Or / all in all.
Cio D’Or / all in all.
bandcamp で割り引きやっていたので買っちゃった。
水曜日のカンパネラ / demo 7
水曜日のカンパネラ / demo 7
前作の『トライアスロン』は明らかに失敗作だったと思ってるんだけど、今作はいい感じで新機軸出せてる。
Stay Up
Abhi//Dijon / Stay Up
アメリカはメリーランドの二人組みのフリー・アルバム。昨年出た EP も良かったんだけど、今作も甘い R&B で私好み。

先月はひたすら怠惰な日々を送っていたので枚数少な目。