蛇 (近江音盤) / 悶談蛇頭 (近江音盤) mp3

蛇 (近江音盤) / 悶談蛇頭 (近江音盤)
http://oumirecords.jimdo.com/

滋賀県出身のラッパー蛇が2012年の12月に発表したフリーのアルバム。

この人に関しては日本産ジュークのコンピ『Japanese Juke&Footworks Compilation』に収録されていた神賀アフ朗の “shogen juke” (タイトル通り “証言” ネタのジューク)にラップを乗せた “証言19番” で知ったので、アルバムの方も様々なビートを集めたものなのかと思っていたんだけど、ちょっと違いましたかね。

三味線を軸とした “蛇ノメノ陰” で始まる本作は、ロック的な “蛇の道は蛇” や “時代錯誤” に、ヒット曲をラップカバーした歌謡曲的な “ルビーの指環” やタイトル通りワルツの “うぬぼれワルツ” など、様々な音楽要素をごった煮的に盛り込みながらも、ヒップホップど真ん中なトラックがない、っていう意味で昔の日本のヒップホップを思い起こさせるものになっている。
しかし昔の日本のヒップホップと違うのは、アンダーグラウンド的なにおいがほとんどないことで、そこに乗る蛇のラップも、非常に力の抜けた歌ともラップともつかないもの。ただ一聴するととりとめなく感じる彼のラップも、何度も聴くうちにどのトラックも自然と乗りこなしているのが分かるし、大仰ではない平熱感覚の感情もきちんと込められていて、ある意味現代的な歌心を感じる。
またに失踪した父親を歌った “おまじない” と、愛する人にささげた “夢のあと” という、重めの曲でしめるのも、ベタながら良い。

正直強烈な個性をもった人ではないと思うんだけど、意外に今まで聴いた事のないタイプのラッパーで、これからが楽しみな人だ。

ダウンロード

“蛇 (近江音盤) / 悶談蛇頭 (近江音盤) mp3” の続きを読む