V.A. / MU EP (10 Label) 12″

V.A. / MU EP (10 Label)
http://www.10-label.com/

もう一つ Sawlin つながりで、彼が参加している 10 Label のコンピレーション・シングル(2011年作)。
今作をリリースしている 10 Label は参加しているのが海外のアーティストばかりなので分かりづらいが、京都を基点に活動してるレーベルで、現在のところ今作1枚しかリリースがない。
しかし今作は2011年聴いた中でも非常に印象深い作品であり、久しぶりに聴いた今でもそれは変わらない。

どっしりとしたリズムの上で、神経症的に鳴るノイズと金属音が印象的な1曲目 ANCIENT METHODS の “ANCIENT METHODS” がまず良いのだが、今作で最も素晴らしいのはやはり次の STEVEN PORTER による “DEED” だろう。 STEVEN PORTER は個人名なのかと思いきや Katsunori SawaYuji Kondo による二人組み。
90年代と違い、今では日本人だからといって音の線の細さが気になることはほとんどなくなったが、それにしても、と思えるほど、太い地鳴りのようなベースラインがまず強烈なのだが、そこに絡む変則的なキックと荘厳にも思えるシンセが織り成すグルーヴは、テクノやヒップホップ、ダブステップなどを飲み込みながらも、しっかりとダンス・ミュージックとしても機能していて本当にかっこいい。個人的に二人とも名前を知らなかった事もあり、90年代に Takaaki Itoh が突然海外のレーベルから表れたのと同じような衝撃があった。

また次の ANNE-JAMES CHATON による、性急なキックの上にフランス語と思われるスポークンワードをループさせた “EVENEMENT27” も非常に個性的で(Raster-Notion から出したアルバムのライセンスみたいだけど)、金属音が軋みを上げるハードな SAWLIN の “PAINFULL” も地味ながら良作。

あまり数刷ってないみたいで今では入手困難なシングルですが、中古でこの鳩見かけたら是非手にとってほしい1枚です。

“V.A. / MU EP (10 Label) 12″” の続きを読む

Perc / Wicker & Steel: The Complete Remixes (perc trax) mp3

Perc / Wicker & Steel: The Complete Remixes (perc trax)
http://perctrax.bandcamp.com/

Perc こと Alistair Wells さんのリミックス・シングルを纏めたアルバム。最近12インチを細かく追えてないので、こういうのはありがたい。

2011年のアルバム『Wicker & Steel』は実験的な側面も強かった作品だったので、そのリミックスとなると原曲をクラブ・トラックにしたようなものが多いのかというとそんな事もなく、なかなかに個性的なリミックスが揃っている。

共に現在のインダストリアル・テクノの代表アーティストである Ancient Methods と Tommy Four Seven は、ほとんど自分の曲といった感じの重量感のあるインダストリアル・テクノながら、リズムは変則的で踊りやすいとは言い難いし(音の強弱とタメでうねりを作っている Ancient Methods のリミックスがすごい)、ベース系の作品の多い ASC は原曲のテンポを極端に遅くしたようなリミックスで、これまた意表をつく。
また原曲を活かしつつも浮遊感のあるディスコティックなテクノにした Walls の “Choice” のリミックスや、 “Pre-Steel” をさらに電子ノイズ的にした tengui も面白い。

それらに比べると素直にダンス的解釈を聴かせる The Black Dog と Chris Carter のリミックスは面白みに欠けるものの完成度は高いし、同じエレクトロ的なテクノながら、軽妙さと重厚さという違う方向性のリミックスを2曲提供している TVO もいいアクセントになっている。

唯一残念なのが Sigha & Truss によるふぬけたエレクトロの “You Saw Me” で、 Sigha ってオリジナルは好きなんだけど、リミックスだと毎回イマイチに思えるのは気のせいか。

Wicker & Steel (The Complete Remixes) - Perc

“Perc / Wicker & Steel: The Complete Remixes (perc trax) mp3” の続きを読む

UGANDAN METHODS / SIXTH METHOD (Ancient Methods) 12″

UGANDAN METHODS / SIXTH METHOD (Ancient Methods)
http://www.ancientmethods.com/

Conrad Protzmann と Trias によ Ancient Methods に、 Regis が加わったユニット(ややこしい・・・)、 Ugandan Methods が今年2月に発表したシングル。

Regis って一時期に比べ、再発含めずいぶんとリリースが増えましたが、レコ屋の文章見ると、未だに昔の印象引きずっているのか「ハード」だの「インダストリアル」だのといった文字が使われているものの、実際聴いてみると別段ハードではない、という事がよくあります。

しかし今作は冒頭の金属的な上モノからして、いかにもインダストリアル・テクノといった感じで、最近ではこの手の音をあまり聴かなくなった私でも非常に燃える。しかも直線的なキックと、地鳴りのような横揺れベースが作り出すグルーヴが思いのほかファンキーで、さらに燃える!
まぁちょっと冗談っぽく書きましたが、インダストリアルでありながらファンキーって、あまり聴かない組み合わせだったので、なかなかに新鮮。これはベテランの面目躍如といった感じでしょうか。

他の2曲に関しても、音はハード・ミニマルっぽいながらも、グルーヴはきちんと今のミニマルに即したものになっていて、非常に聴かせるものになっている。

“UGANDAN METHODS / SIXTH METHOD (Ancient Methods) 12″” の続きを読む