Le Chien Perdu / The Wasteland Journey (KARAT) mp3

Le Chien Perdu / The Wasteland Journey (KARAT)
http://www.karatrecords.com/

シングルいっぱい紹介するよ。

Newton da Costa と Pieter Ridder による二人組み Le Chien Perdu のシングル。

一聴すると KARAT らしいおちゃらけたテック・ミニマルなんだけど、それとは裏腹にどの曲も完成度が非常に高い。特にタイトル曲での情緒性の出し方などなかなか秀逸。
ご無沙汰の ARK によるリミックスは、どこからどう聴いても ARK 以外の何ものでもないカット・アップ・ファンク。やっぱこの人好き。

試聴

perlon

PERL2
DIMBIMAN
PERL3
hombre ojo
PERL4
narcottic syntax
PERL5
MARKUS NIKOLAI
PERL13
STEPHAN LAUBNER/RIC Y MARTIN
PERL16
SENSE CLUB/VILLALOBOS
PERL20
BENJAMIN WILD
PERL23CD
V.A. / SUPERLONGEVITY
PERL24
AKUFEN
PERL32
LUCIANO AND MATHEW JONSON
PERL36
V.A. / SUPERLONGEVITY
PERL38
MINIMAL MAN
PERL39
NARCOTIC SYNTAX / CALCULATED EXTRAVAGANT LICENTIOUSNESS EP
PERL40
BABY FORD / BASKING IN THE BRAKELIGHTS
PERL41
COPACABANNARK / TO BEACH OR NOT TO BEACH
PERL42
HORROR INC.
PERL43
RICARDO VILLALOBOS / THE AU HAREM D’ARCHIMEDE
PERL44
MORANE
PERL45
NARCOTIC SYNTAX / REPTILE SWEAT ACCELERATOR EP
PERL46
MELCHIOR PRODUCTIONS LTD.
PERL47CD
ARK / CALIENTE
PERL48
RICARDO VILLALOBOS
PERL49
MATT JOHN / JOKER FAMILY PARK ONE
PERL50
DANDY JACK AND THE JUNCTION SM / LOS SIETE CASTIGOS
PERL51
STEFAN GOLDMANN
PERL52
CASSY
PERL53
PANTYTEC
PERL54
MATT JOHN / JOKER FAMILY PARK TWO
PERL55
AUDIO WERNER
PERL56
V.A. / SUPERLOOOONGEVITY
PERL57
STL / THE EARLY TRACKS
PERL58
MELCHIOR PRODUCTIONS LTD.
PERL59
RICARDO VILLALOBOS
PERL60
HALF HAWAII
PERL61
BABY FORD & ZIP
PERL62
LUCIANO
PERL63
SOUL CAPSULE
PERL63.5
SOUL CAPSULE / WAITING 4 A WAY
PERL64
CASSY / NIL DESPERANDUM
PERL65
MELCHIOR PRODUCTIONS LTD.
PERL66
MELCHIOR PRODUCTIONS LTD. / NO DISCO FUTURE

ARK/CALIENTE(PERLON)CD

B0008065Q0 Caliente
ARK


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

http://www.perlon.net/

で、Circuscompanyを今の知名度まで引き上げ、フランスのミニマル・ハウス・シーンの中心といっても過言ではないARKの、編集盤『Alleluyark』に続くオリジナル・アルバム。
私としてはやはり連作シングル『Alleluyark』のイメージが強い人なので今回もコミカルなミニマル・ハウスを期待していたんだけど、このアルバムはそういう枠に収まらない感じですね。まぁ、もちろん何曲か従来のイメージ通りのミニマル・ハウスもあるんだけど、ほとんどの曲が予想以上にファンキーなんですよね。っつうか黒い。”Home Street”みたいにほとんどヒップ・ホップな曲もあれば、四つ打ちの曲でも黒さ、それもデトロイトみたいな洗練された黒さとは違う野蛮なファンクネスを感じます。ちょっとシカゴ・ハウスなんかに近い感じも。
洗練されたイメージのあるPERLONからこんなアルバムが出たのは意外な感じがしますが、フランスってやっぱ変な人多いんでしょうか。

SALIF KEITA/REMIXES FROM MOFFOU(Universal)CD

B00015OS3E.01.LZZZZZZZ
http://salifkeita.artistes.universalmusic.fr/

アフリカ繋がりでもう一枚。ユッスー・ンドゥルと共にアフリカを代表するアーティスト、サリフ・ケイタのリミックス盤。
この手のワールド・ミュージックのリミックス盤って色々あるけど、私は普段ここら辺のはあんまり買わないんですよね。というのも参加している面子がいつもいっしょなので退屈に思えるからなのですが。そして今作にもフレデリック・ガリアーノやオスンラデといったいかにもな人たちが参加しているんだけど、何故かアークルチアーノも参加しているのよね(あと未聴ながら5枚組みのアナログにはキャバンヌも)。
内容的には皆さん基本的に4つ打ちのリミックスなんだけど、これは原曲のせいなのかポータブルとは逆に祝祭感に溢れてるんですよね。あとみんなサリフのヴォーカルをわりと残しているんで統一感あります。
しかしその中でも一等賞はやはりルチアーノでしょうか。強烈な4つ打ちに、チャカポコと鳴り絶妙なアクセントをつけるパーカッション。そして波のように寄せては返すアコースティック・ギターとまんまルチアーノ。あと一人物憂げなチャールズ・ウェブスターのリミックスもいい感じです。

しかしユッスー・ンドゥルといいサリフ・ケイタといい、結構な年のわりに妙に声が高いですよね。これってアフリカ特有のものなのかしら?

Remixes from Moffou
Salif Keita

Decca 2004-04-06
売り上げランキング : 219,947

Amazonで詳しく見る by G-Tools

COPACABANNARK/TO BEACH OR NO TO BEACH(PERLON)12″

copacabanark_tobeach_300.gif
http://www.mad-net.de/perlon/

cabanneとarkのユニットの新作。この二人が組んでるんだからふざけていて当たり前という感じなんだけど、今回はわりと大人しめかな。
1曲目がいきなり”HIP HOP”と人を喰ったタイトルのダウンテンポなんだけど、あとはアクフェンみたいなカット・アップでシャッフル感を出したミニマル・ハウス。それで十分かっこいいから別段文句はないのだけれど、この二人にはもう少しはしゃいでほしかったかなぁ。