Bvdub / A Careful Ecstasy (Darla) mp3

Bvdub / A Careful Ecstasy (Darla)
http://darla.com/

現在中国在住だという Bvdub こと Brock Van Wey が2013年1月に発表したアルバム。

この人の名前自体は2、3年前から知っていたものの、作品数が多過ぎるせいか、逆に聴くタイミングが合わなくて私が聴くのは今作が初。聴く前は Bvdub に関してはミニマル・ダブを作る人、という印象を持っていて(名前に「dub」も入っているし)、実際今作での音作りはミニマル・ダブ的なものではあるものの、ある意味ミニマル・ダブとは対極にあるような作品になっている。

というのも、冒頭の “Another Love” からして、雄大な響きのシンセと女性ヴォーカルが作り出す音世界は、劇的かつ感情的なもの。それはその他の曲に関しても同様で、またほとんどの曲で歌い上げるようなヴォーカルが導入されていたりと、ミニマル・ダブの展開のなさや冷たさとは一線を画している。

ただメロディやヴォーカルの劇的な部分と、アンビエント要素の強いトラックが溶け合うことで、曲が大仰になるのを見事に回避しているし、それでいて非常に洗練された形でヴォーカルを主軸においているところなど、歌ものとしての新鮮さも感じる。

アンビエント R&B やチルウェイブなどの人気により、以前よりもエレクトリックな曲が聴かれるようになった気がするんだけど、そういった人に対するテクノの入り口としても良いのではないだろうか。

“Bvdub / A Careful Ecstasy (Darla) mp3” の続きを読む

2013年1月のお気に入り

なんか毎週のようにベスト系の記事を書いている気がするんですが、今回は思いつきで月間ベスト。
その月のお気に入りを枚数、形態問わず並べてみたいと思います(思いつきなんでいつまで続くか分からないけど)。

今月はリリースに関してはまだ年初めということで緩やかな印象ですが、それでもフリーの含めると非常に充実してた気がします。
まずマイコーの甥である Austin Brown のミックステープは今月断トツ。最高にソウルフルでファンキーで、ポップ。『160OR80』は国産ジュークとラップのコラボ。まだそれほど回数聴けてないけどビリビリキテル。 Cocaine 80s は前作の “Chainglow” ほどのキラー・チューンはないけど、全体の出来としては今までで一番かも。Satanicpornocultshop はひたすら楽しい。 Bvdub は歌モノの形として意外に新しいかもしれない。 Bun はペース速いながらも外さない流石の出来。

あとフリーで落とした曲のお気に入り。

“2013年1月のお気に入り” の続きを読む