CAMEA / Clinkology (CLINK) CD

CAMEA / Clinkology (CLINK)
http://clinkrecordings.com/

2005年にブルックリンで設立され、その後ベルリンに拠点を移したレーベル Clink から、2011年に発表されたミックス CD 。
今作のミックスはレーベル・オーナーの Camea こと Camea Hoffman が担当しており、ただのミックス CD ではなく、レーベルのショーケース的なものになっている。

このレーベルの事を Afternoon Coffee Boys の “Dark Blend” で知った人間からすると、 Clink は非常に硬く重いアシッド・ミニマル、という印象が強く、同時にベルリンのものとは似て非なる機能美の追求しているとも感じていました。

しかしそこは時が経つと共に変化したという事なのか、今作はアシッドっぽさは残しながらも、テックハウス的な軽快さをもった曲が多い。なので以前の重厚さや硬質さを求めると肩透かしなんだけど、小気味よくミックスされた曲群はやはりダンサブルであり、そういった意味では機能性はやはり高く、このレーベルらしいとも思える。

まぁ私はやっぱり以前のように重たい音の方が好きだけど。

ちなみに今作で Clink のリリースは途切れてるみたいなんだけど、今作で最後って事なんでしょうか。できればまたアメリカ戻って復活してほしいんだけど。

Clinkology - VARIOUS

“CAMEA / Clinkology (CLINK) CD” の続きを読む

Camea / Happy Ending (CLINK) mp3

Camea / Happy Ending (CLINK)
http://www.clinkrecordings.com/

紹介してなかった盤のきじをつらつらと書いてみたいと思います。

まずはミニマルの中でも硬質なトラックを出すことの多いドイツのレーベル CLINK の女ボス、 Camea さんのシングル。

私はこの人の音はあまり聴いたことが無いのだけれど、今作に限ってはオリジナル2曲ともアシッド・ミニマル。となると、どうしても m_nus に近い音に聴こえるし、実際近いのは近いんだけど、キックの音が非常に立っていたり、引き算の美学よりは、ひたすらフロアのみを見つめたような機能美があるところに、このレーベルらしさを感じる。

あとデジタルにはリミックスが3曲収録されているのだけれど、上モノに頼った感じの Alexi Delano のリミックス2曲はどちらもイマイチ。ダビーなベースラインとパーカッションでリズムの強度を上げた Insideout のリミックスは良かったです。

試聴