WAX / 50005 (Wax) mp3

WAX / 50005 (Wax)

Shed の名義で知られる René Pawlowitz が、2013年1月に Wax 名義で出したシングル。
René Pawlowitz 自身は様々な名義でそれほど間を空けずに作品を発表しているが、 Wax 名義では約2年ぶり。

Shed って『Shedding The Past』(関連記事)のときは比較的繊細な音作りをするアーティストという印象だったのが、いつの間にか非常に太いリズムを鳴らすようになっていて、それゆえにダンスを意識した名義である Wax や eqd との差異が分かりづらくなっていました。

そこを本人も意識しての事なのかは分からないが、今作はむしろ以前の Shed を思わせる繊細な音作りになっている。

特に A 面の曲は、四つ打ちのキックこそあるものの、そのキックもポツポツと鳴るような頼りないもので、そこだけを抜き出せばダンスとは結び付けづらい。しかし徐々に入ってくるシンセの、空間的な拡がりを感じさせながらも、同時に深い余韻も残す音が非常に美しく、またその間を縫うようなハイハット、そしてリズムが絡み合う事によって、緩やかながらもグルーヴを紡いでいて流石の完成度。

一方 B 面の曲は、太いリズムに、ミニマル・ダブ的な上モノが乗るいつもの Wax という感じ。しかしダブ処理による残響音を少し鳴らして、以降断ち切ることによってなんとも骨太な印象に仕上げていて面白い。

今度はこっちの名義でもアルバム出してほしいものです。

試聴

“WAX / 50005 (Wax) mp3” の続きを読む

eqd / equalized#111 (equalized) CD

eqd / equalized#111 (equalized)

shed って名義が色々ある上に、なかなかの多作家なようなのですが、ここ数年 shed 以外でリリースが目立つ名義が WAX と eqd 。
WAX に関しては以前紹介したことがあるんですが(この当時は shed の変名って知らなかったけど)、 WAX も eqd も shed に比べて四つ打ちに焦点を当てているのが特徴で、また音自体もよりシンプルになっている。

んで、今作は eqd 名義で出したシングルをまとめたもの。 eqd も WAX もアナログは白い盤面にスタンプ押しただけの、いかにもアンダーグラウンドといった体裁で出されるので意外に知らない人が多いみたいだけど、実は普通にデジタルでも買えたりするので、こうやって CD でまとめられてもありがたみは薄いんですが、まぁこれを機会に彼の音楽を知る人も多かろうということで。

彼のメインの名義である shed もどんどん音がそぎ落とされていっているので、 eqd 名義との差異というのはどんどん小さくはなっているのだけれど、今作での派手な上モノもたいした展開もない曲郡を聴いていると、やはりその無骨さは際立っている。
しかし少ない音数で強烈なダンス・グルーヴが生み出されているのは正にミニマル・テクノといった感じで、軽やかな上モノとリズムの絡みで聴かせる “03” と “06” 、逆にリズムのみで押し切る “04” や “07” など、どの曲も機能性の高さと彼のリズム・メイクの巧みさが感じられて完成度が高い。

まぁあえて難癖付けるなら WAX 名義のもまとめてほしかったなぁ、という感じなんですが、それは後のお楽しみということで。
あと今作は収録時間の関係から、普通の CD としては9曲収録で、残りの1曲はデータとして収録という変則的な形になっています。

Equalized #111 (Compilation) - EQD

“eqd / equalized#111 (equalized) CD” の続きを読む