Shingo☆西成/WELCOME TO GHETTO(Libra)CD

Shingo☆西成/WELCOME TO GHETTO
http://www.libra-ltd.net/

ゲットーで生き抜く為においてユーモアとは知恵である、と言ったのは一体誰だったか、それとも私の妄想でそんな事は誰も言っていないのか、まぁ記憶が判然としないんだけど、とにかくユーモアというのは大事ですよね。
そして名前のとおり大阪の西成区出身の Shingo☆西成と、歌舞伎町や新大久保周辺を根城にする Libra 主催の MSC の決定的な違いというのもユーモアという気がします。

自らの裏街道でのハードコアな日常をラップすることの多い MSC と違い、Shingo☆西成のラップのテーマはパーティであったり女であったり、はたまた兄貴っぽいお説教だったりとヒップ・ホップでは一般的なもの。でもそのテーマをきちんと自分の方に引き寄せており、そこにユーモアと西成でのゲットー・ライフを織り交ぜることにより、非常に生きた言葉としてこちらに届いてきます。同じゲットーの歌でも、やはり私にはこちらの方がはるかに聴きやすい。
その中でも特に素晴らしいのが”長屋の一人っ子の独り言”。タイトルの通り、特に決まった主題もなくとりとめのない独り言が続くのだけれど、だからこそShingo☆西成の本音が一番出ているようでかなりグッとくる。これが1曲目にあるせいで、ついつい繰り返し聴いてしまいます。そして7曲とちょっと物足りないくらいなのも丁度良いのではないかと。

視聴
amazon で見る
“Shingo☆西成/WELCOME TO GHETTO(Libra)CD” の続きを読む

KAN/導~みちしるべ~(Libra)CD+DVD

kanface.gif
http://www.libra-ltd.net/

いつのまにやら日本のアンダーグラウンド・ヒップ・ホップの代表というような風格さえ漂わせているMSCからKANのソロ。
昔メタルばっか聴いてる頃ってヒップ・ホップって大嫌いだったんだけど、それがどのようなきっかけで今みたいに普通に聴くようになったのかは自分でも分からないんだけど、未だにギャングスタって苦手なんですよね。で、日本でギャングスタに近いのってMSCだと思うんだけど、やっぱりこの人たちも苦手なんですよね。サウンド自体は好みに近いので流し聴きしてる分には好きなんだけど、どうも歌詞がダメなんですよ。MSCって自分たちの日常をラップする人たちみたいなんだけど、その彼らの語る新宿の裏街道の物語に自分との接点を見つけらんないんですよね。
そしてこのKANのアルバムも基本は同じで、語られるのは「潜入!警視庁24時!」みたいな世界。身内ばかりとはいえ結構フィーチャリングが多いのでその分MSCよりは聴きやすいけど、それでもちょっとまだ苦手かなぁ。トラックの方は重く冷たい感じで統一されてるMSCに比べ、メロウな感じなども交えてヴァラエティに富んでいて面白いんだけど。なら音だけ追いかけてリリックは気にしなければいいという意見もあるかもしれないけど、そしたら日本語ラップなんて面白さ半減どころの話じゃないとと思うし。
やっぱり私は餓鬼レンジャー韻踏合組合のようにユーモアを交えている方が好みです。
あとジャケに関しては私は単純に面白かったけど、ヒップ・ホップに思い入れの強い人たちからは非難轟々みたいね。