ADAM BEYER & MATHEW JONSON / THE BIG DIPPER (wagon repair) 12″

ADAM BEYER & MATHEW JONSON / THE BIG DIPPER
http://www.wagonrepair.ca/

最近しっかりと音楽聴く時間が取れなくて、それがなかなかにストレスだったりするのでです、みなさんどうされてるんですかねぇ。そのくせ音盤は相変わらずのペースで買っちゃうから、当然のように聴いてない盤が溜まる一方だし。12インチなんかほとんど聴いてないもんなぁ。さらにアナログは基本PCに取り込んで聴くんだけど(いや、タンテでも聴くけどね)、その時間もないし。
昔に比べて特別仕事が忙しいとも思わないので、やっぱり時間の使い方が下手になったっていうことなのかしら(眠気に弱くなったのもある)。なんとかしないとね。はぁ。愚痴終わり。

っつうことで地味に続けている wagon repair 特集。37番は何がどうなってこうなったのか全く分かりませんが、御代 Adam Beyer と Mathew Jonson の共作。

最初この二人の名前を見たときは、ちょっと合わねぇんじゃねぇのかなぁ、とか思ったんですが、これがなかなかどうして、非常にいい結果を生んでいます。というのも、 Mathew Jonson って上モノに懲りすぎるせいなのか、どうもリズムが淡白になりすぎる場合が少なくないのですが、 Adam Beyer の効果なのか非常に躍動感のあるものになっていて(実際の作業分担は知りませんが)、 Mathew Jonson 関連のものでは珍しく直球のダンストラックに仕上がっていて、それでいて Mathew Jonson らしいサイケデリックな上モノの活きているんだから、もうこれは文句なしです。

しかし裏の “MARIONETTE” の Adam Beyer によるリミックスはまた別で、リズムが太くなったのは良いものの、コレでは上モノの繊細さが台無しな気がする。まぁこれは原曲に思い入れがある人間だから思うのかもしれませんが。

Mathew Jonson & Adam Beyer - Big Dipper - EP

mathew jonson / Symphony For The Apocalypse: New Age Revolution (wagon repair) 12″

Symphony For The Apocalypse: New Age Revolution
http://www.wagonrepair.ca/

mathew jonson って wagon repair から出す場合、 Cobblestone Jazz があるからなのか、比較的ブレイクビーツを基調としたトラックを出す事が多いけど、今作もA面がそんな感じ。

MIDNIGHT OPERATOR (過去記事)で垣間みせた、ダブ・ステップの影響も感じられるブレイクビーツを、さらに高速回転させたようなトラックで、その性急感溢れるリズムと、しかしその上でゆったりとなるメロディの生み出すタイム感が独特で、 mathew jonson の今までの実験が、いよいよ結実してきたのを感じる。

裏の “twin cobras” は、タイトルからも分かるとおり、お得意のオリエンタルなメロディのサイケデリック・ミニマルなんだけど、今までの彼の作品はリズムが淡白な事が多かったのに対して、この曲はかなり重く荒々しいもので、また違った表情をみせているし、リズムと上モノの相乗効果で、非常に大きなうねりを生み出していて、これまた傑作。

なのでいい加減、ソロでアルバム出してくれないかしら。

Mathew Jonson - Symphony for the Apocalypse: New Age Revolution - EP

Mathew Jonson / Stop (wagon repair)12″

Stop
http://www.wagonrepair.ca/

自分でもちょっと忘れかけてた wagon repair 特集なんですが、26番は久しぶりの Mathew Jonson のソロ・シングル。
この人は wagon repair からのソロの場合、比較的実験的なトラックをリリースする事が多いけど、今作はここまで来たかという感じの、本人ヴォーカルによるエレクトロ・ファンク・チューン。粘り気のあるベースとスカスカなドラム、少しデトロイトっぽい上モノは悪くはないんだけど、ヴォコーダーかけてムニャムニャ言ってるだけみたいな本人のヴォーカルは、お世辞にも褒められたものではなくて、正直結構きつい。裏のダウンテンポもよく分からないし、自分の中ではこのレーベルの中でも、最も聴かない部類に入るシングルです。

Mathew Jonson - Stop - EP

COBBLESTONE JAZZ / INDIA IN ME (wagon repair)12″

INDIA IN ME
http://www.wagonrepair.ca/

このシングルって確か一回紹介した記憶があるんだけど、データベース飛んだときに消えちゃったので、再度ご紹介。 wagon repair の18番は、このレーベルからは2枚目となる Cobblestone Jazz 。私の記憶によると、このシングルの発売前レーベルのサイトの方には、「今度の Cobblestone Jazz はすげぇテクノ・アンセムだ」みたいな事が書いてあったと思うんだけど、その言葉どおり前作に引き続きヒットした、文句なしに彼らの代表作の1枚。
Itiswhatitis からのデトロイト・テクノからの影響色濃いスタイルから一転、このレーベルらしいサイケデリックな感じを前面に出したのが前作の『Dump Truck』(過去記事)だったわけですが、今作はちょうどその中間とも思える、覚醒感の強いテック・ミニマル。一聴した感じ派手さはないものの、長尺の曲らしくじっくりと絡め取るようなグルーヴが気持ちいい。一応裏表合わせて25分くらいになるんだけど、どうせなら繋げてその尺で聴きたいと思わせるような逸品です。

Cobblestone Jazz - India In Me - EP
amazon.co.jp

Mathew Jonson / AUTOMATIC (wagon repair)12″

AUTOMATIC
http://www.wagonrepair.ca/

Methew Jonson ってこのレーベルだとわりとざらついた感じの音色を使うことが多いけど、この曲なんかはその際たるもので、『Return Of The Zombie Bikers』や The Modern Deep Left Quartet で聴かれたアラビックな旋律を、もっと歪ませて派手なエレクトロに仕立てたのが本作。最初は Audion にでも影響されたのかかと思って、それほど良いとは思わなかったんだけど、そのあと見たライヴで聴いたらえらい盛り上がれたので、それ以降は好きな曲です。
裏の “BEACH PARTY” はそのディストーションがかった感じと、以前のデトロイトっぽい感じを掛け合わせたような曲。ベースが地味にエレクトロっぽくて、これまた良い曲です。
あとコレは今記事書いてる途中で気が付いたんだけど、この盤のカッティングって TIM XAVIER がやってるんですね。知らんかったよ。