Loco Dice / 7 Dunham Place Remixed Part 2 (Desolat) mp3

Loco Dice / 7 Dunham Place Remixed  Part 2 (Desolat)
http://www.desolat.com/

Loco Dice のアルバム『7 DUNHAM PLACE』(過去記事)のリミックス集第2弾。

前回同様今回も非常に豪華なリミキサーが揃えられていて、なおかつ普段ハードな音を作る人が多いのですが、今作はみなさんわりとやわらかめ。

現在のミニマルの中でもかなり注目度の高い Marcel Dettmann は、「Response 1 And Response 2」という副題の通り2部構成。薄いリズムと浮遊感のある上モノで引っ張る前半から、荒い音像のキックがビートを刻む後半と、流れ自体は良いんだけど、共通の音のモチーフが使われているわけでもなく、なぜにこれを一つにまとめたのかよく分かりません。
続く Onur Ozer のは色々やろうと思ったらよく分からなくなっちゃったようなりミックスでイマイチ。しかし次の Marco Carola のリミックスは、コロコロと鳴るパーカッションとさわやかなシンセの絡みが非常に気持ちよいテック・ハウスで、この人らしいかといえば大いに疑問ながら、トラック自体は今作の中では一番好き。時折入る電車の音もよくあってる。
最後は前回のに引き続き Mike Huckaby で、怪しい雰囲気だった前回から一転、低音薄めのキックと扇情的なシンセで盛り上げる、レイヴ時代を少し彷彿とさせるテクノ・トラックで、温故知新な感じで今回も良い。
このリミックス・シリーズの第3弾があるのか分からないけれど、あるなら Mike Huckaby はまた参加させて欲しいですね。

試聴

Loco Dice / 7 Dunham Place Remixed (DESOLAT) mp3

Loco Dice / 7 Dunham Place Remixed (DESOLAT)
http://www.desolat.com/

一体どういった人脈で連れてくるのかは分からないが、とにかく毎回豪華な Loco Dice 主催のレーベル Desolat なわけですが、昨年のアルバム『7 DUNHAM PLACE』(過去記事)からのリミックス・カットとなる本作も、非常に豪華なリミキサー陣となっています。

まずはチリ出身、現在は Hardwax で働いている(働いてただっけ?) Cassy のリミックス。彼女は非常に湿り気のある、割とぼやかしたような音像のトラックを作ることが多い人なんですが、今作では丸みを帯びながらもくっきりとした音像に仕上げていて、全然悪くはないものの、彼女特有のぬめり気がない分物足りないかしら。
そして同じくチリ出身の Luciano によるリミックスは、若干サイケデリックな色合い漂う、彼にしては珍しい感じのリミックスなんだけど、これも Cassy 同様、悪くないんだけど、いつもの Luciano の水準からするとちょっと下がるかな。

一方今作で奮闘してるのがベテラン勢で、 DJ Sneak による “Pimp Jackson Is Talkin’ Now” のリミックスは、原曲がシカゴっぽいせいもあってか、跳ねるリズムを軸にした、かなりファンキーな仕上がりで、かなり盛り上がる。また Mike Huckaby によるリミックスも、単体で聴いてあまり踊る感じになる曲ではないものの、ループするピアノが独特な雰囲気を醸し出していて、呪術的な魅力を放つミニマル・トラックになっていて面白い。

試聴

POLE / steingarten remixes (~scape)CD

steingarten remixes
http://www.scape-music.de/

~scape の首領である Pole の、昨年出たアルバムのリミックス盤。私は元々の『Steingarten』の方は聴いてないんだけど、こちらは面子があまりにも素晴らしいので買ってしまった。今までリミックス盤って色々聴いてきたけど、ここまで時代の突端にいる人たちをすくい上げたものって稀なんじゃないでしょうか。

とはいっても全部が全部知ってるアーティストなわけでもないんだけど、先日紹介した Skull Disco の Shackleton 、その Skull Disco と共にミニマルとの境界線上のレーベルとして評価が高い Punch Drunk を主宰する Peverelist 、数々のカナダのレーベルから秀逸なダウン・ビート・ミニマルを発表している The Mole 、最近デジタル・ダンスホールで注目されている Ghislain Poirier 、同じくデジタル・ダンスホールな新作を昨年出した deadbeat 、 herbert のような生活音を取り入れたミニマルがユニークな frivolous 、そしてご存知 perlon から dimbiman と melchior productions と、もうあまりにも凄すぎる。残りの二人は今回はじめて知ったんだけど、 gudrun gut って人は現在 Monika というレーベルを運営していて、なんと元 Einsturzende Neubauten だという方、 mike huckaby は詳しく分からないんだけど、デトロイトのベテランさんみたい。

これだけの面子を集めれば当然内容も面白いんだけど、変則的なキックで四つ打ち感をうっすらと演出しながらも、丸みを帯びたベース音が印象的なダブ・ステップに仕立てた Peverelist 、燃え滾るようなダンスホールの Ghislain Poirier と deadbeat 、特に目新しさはないものの、抜群に気持ちいいミニマル・ダブの mike huckaby が特に良かったかしら。
まぁ正直この面子の並び以上に面白さがあるかというと微妙ではあるんだけど、現在の(ベルリンの)エレクトリック・ミュージックの大まかな動きはつかめる盤だと思うので、ここから色々掘り下げていくのも楽しいのではないかと。

試聴