MICROPHONE PAGER / 王道楽土 (NIPPON CROWN) CD

MICROPHONE PAGER / 王道楽土 (NIPPON CROWN)
http://www.myspace.com/microphonepager2009

更新が滞っていたので発表から時間がたってしまったのですが、 COMPASS が閉鎖ですってね。
まぁこの発表の前からなんとなく流れは出来ている感じだったので、それほど驚きはしませんでした。
しかしこの閉鎖という事実以上に残念だなと思うのは、掲示板を中心にあれだけ COMPASS に対して文句いっている輩が大勢いたのに、「じゃあ COMPASS 終わるんなら、オレがもっと凄いサイト作ってやるよ」みたいな声が、全くといっていいほど無い事なんですよね。
そもそも COMPASS って掲示板に集まっていた人たちが、 blast 終了に伴い、自分たちのメディアがなくなることへの危機感から立ち上げたサイトだと思っているんだけど、そんなサイトに対して一家言あるというのならば、掲示板なんかに罵詈雑言並べ立てるだけではなく、もっと建設的なカウンターとしての動きがあっても良かったとおもうし、またそれと同様に、 COMPASS に同調する動きがあっても良かったとおもうんだけどね。
まぁ COMPASS がそれだけの影響を持ったメディア足り得なかった、といわれればその通りなんだろうし、そういった周りを巻き込んでいくような空気を作れなかったのが COMPASS の閉鎖の一因かなと思わなくはないんだけど、それはそれとして、やっぱり自分の巣穴で餌待ちながら口開けてピーチクパーチク鳴いてるだけの奴等が多すぎるんだよ。だってヒップ・ホップって元々 DIY な音楽なんじゃないの? もうちょっと自分のリスナーとしてのあり方を考えるべきだと思うんだけどね。

これ以上書くと話がそれすぎて、音盤紹介書く気が無くなりそうなので、このくらいにしときます。

ということで、今年の頭に出た Twigy と Muro による MICROPHONE PAGER の再結成盤。

このアルバムについては識者の方々が非常に面白い指摘をしていますが、あまり知識のない私からすると、ハーコーな方々の同窓会と、それを囲む若い衆、くらいの意味しか感じられない盤ですかね。

トラックリストを見てもらえば分かるように、せっかくの再結成盤であるにもかかわらず、 Twigy と Muro の二人の存在感を掻き消すほどの人数のラッパーが参加していて、これは要は、二人からハーコーなラッパーとしてのお墨付きを貰ったということなんでしょう。
しかし今作に参加したベテランの、安定感はあるものの面白みにかけるラップに比べると、非常に個性豊かな若手(と書くと語弊があるかな)のラップを聴くにつけ、ベテランが若手にお墨付きを与えたのではなく、若手がベテランを見捨てられないように足掻いているだけなんじゃないか、という考えが頭をよぎるし、今作でも抜群の存在感を発揮している SEEDA と ANARCHY 参加曲(”MP5000FT”)がなかったら、今作の印象は随分と違うものになっていたのではなかろうか。

とはいってもベテランの中でも気を吐いている人は何人かいて、中でも D.L は、鬼気迫る、と表現したくなるほどの凄みを発していて、とても昔「さすれまんこ」とか言っていた人と同一人物とは思えません。

“MICROPHONE PAGER / 王道楽土 (NIPPON CROWN) CD” の続きを読む

安室奈美恵 / 60s 70s 80s

60s 70s 80s
http://www.avexnet.or.jp/amuro/index.html

昨年のアルバム『PLAY』の高評価によって、新たな黄金期に入った感のあるアムロちゃんのシングル。テレビ見てるとアホみたいに CM 流れてるんで、ご存知の方も多いと思いますが、ヴィダルサスーンとのコラボで、タイトルの各年代の曲をリメイクしたもの。
最近の安室奈美恵の好調ぶりを考えれば、こちらの期待も当然高くなるんですが、ん~、まぁこんなもんかという感じですね。
60s と 70s の2曲に関しては、元ネタちゃんと聴いたことないんだけど、やっぱりあの年代特有のはずむ感じとか、とろけるような甘さとかが絶対的に欠けてるんだよね。2曲ともやたらと硬い音作りなのがよくないんじゃないのかなぁ。
それに比べると、一番期待してなかった 80s 、つまり大沢伸一プロデュースの “WHAT A FEELING” が一番好きですね。時代錯誤というべきなのか、それとも今むしろジャストというべきなのか、やたらと水っぽい音作りが楽しいエレクトロ・ハウス/ダンス・ポップ。こういうの聴くと、昔のようなダンス・ナンバーも聴いてみたくなります。

DJ MURO/20 Street Years Instrumentals(cutting edge)CD

B0007QPRDM 20 Street Years instrumental non stop mix by DJ MURO
MURO


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

http://www.avexnet.or.jp/muro/

去年までは割と積極的に日本のヒップ・ホップって買ってたんだけど、なんか気が付けば今年は全然買っておりません。単純にリリース量も少ない気がするし、買っても当たりがどうも少ないように思えます。
MURO のアルバムもMicrophone Pagerが復活していたわりにはあまり話題になりませんでしたね。まぁだからというわけではないんですが、このアルバムはインスト盤にしました。どうも近年のダミ声でフロウする MURO のラップって好きじゃないんですよね。その代わり彼のプロデュース・ワークで耳に出来るファンク・サウンドは大好きなので、このインスト盤にも概ね満足。でも、例えば madlib みたいなスリルに欠けるんで「心地良い」の一言で終わっちゃうのよね。