TADEO / The Close Encounter (Micropunto Schallplatten) mp3

TADEO / The Close Encounter (Micropunto Schalplatten)
http://www.micropunto.net/

なんかあまり書く事がなくなってきましたが、ダメ押しで NX1 (がリミックスで参加した Tadeo のシングル)。

元々 Tadeo って Alex Under なんかと一緒に出てきたスペインの人なんですが、どうもその当時から私にはピンとこない人で、それは今作でも一緒。
Jeff Mills に近いスペイシーなテクノは悪くはないんだけど、特に印象に残る事もなく、なんともかんともという感じ。

んで、肝心の NX1 のリミックスなんですが、彼の作品の中でもハードな部類に入るであろう、重量級のキックとハットでひたすら押し切る直球のハード・ミニマル。原曲にある空間的なシンセも時折飛び出すものの、基本的にはリズム中心のものになっていて、そのハード・ミニマルぶりに、今はいったい何年だ、と思わなくもないんですが、かっこいいのだから関係ない。

NX1 はこれ以降、自身のレーベルから『NX1 03』を出していて、まもなく『4』も出るみたいなんだけど、私はまだ両方とも聴けてないです。

The Close Encounter - EP - Tadeo

NX1 / SR (SEMANTICA) mp3

NX1 / SR (SEMANTICA)
http://www.semanticarecords.com/

NX1 の3枚目は自身のレーベルからではなく、スペインのレーベル Semantica から。

この Semantica というレーベルもハードなものが多いレーベルみたいなんだけど、だからなのか今作は Surgeon なんかを思わせる変則的なリズムのハード・ミニマル。
ただベースのないキック中心のリズムながら、そのキックが縦ノリだけではなく横ノリのグルーヴも同時に作り出していて、そこら辺はちゃんとミニマル以降な感じ。

あと重たいリズムのみで押し切る前半から、物憂げな上モノが入ってくる後半の展開とかけっこうベタなんだけど(あとハイハットの連打とか)、なんだかんだで盛り上がるし、こういうの聴くとテクノっていいなぁと改めて思います。

“NX1 / SR (SEMANTICA) mp3” の続きを読む

NX1 / NX1 02 (NX1) mp3

NX1 / NX1 02 (NX1)
http://nexerecords.es/

第1弾(過去記事)に続いて、今年の頭に出た自身のレーベルからの2枚目。

今作も無駄を排したミニマル・テクノ、という点では同じなんだけど、疾走感の目立った前作に比べると、より重量感のあるトラックが揃っていて、これまたかっこいい。

ミニマル・ダブ的な意匠ながらもベースの軽やかさが面白い1曲目、ハードなキックで押し切る3曲目もいいのですが、重量感のあるリズムの上にどんどん音が重なって混沌が増していく2曲目が特にいい。
これまた傑作です。

Nx1_02 - Single - NX1

“NX1 / NX1 02 (NX1) mp3” の続きを読む

NX1 / NX1 01 (NX1) mp3

NX1 / NX1 01 (NX1)
http://nexerecords.es/

相変わらずテクノ系の記事はアクセスが集まらないんですが、気にせずいきましょう。

ということで、スペインのアーティストらしい NX1 が2011年に発表したデビュー・シングル。

この人は素っ気のないジャケットを見れば分かるとおり、曲の方も派手な装飾や展開もない硬派な、いいかえれば地味な事が多い人で、正直これといった特徴を挙げにくい人なんだけど、逆に基本的な部分での完成度が毎度高い。
エフェクトを効かせた上モノはほんのりとミニマル・ダブの香りを漂わせながらも、それでいて非常にすっきりとした音作りは正にテクノという感じで、疾走感とグルーヴを併せもったリズムも素晴らしく、とにかくダンス・トラックとしてよく出来ている。
またこのシングルに収録された3曲ともエフェクトのパターンがほとんど一緒ながら、リズムの差異で曲の印象を変えているのも憎い。

デビュー作ながら文句なしの傑作です。

Nx1_02 - Single - NX1

“NX1 / NX1 01 (NX1) mp3” の続きを読む