COS/MES / SNAKER 001 (SNAKER) LP

COS/MES / SNAKER 001 (SNAKER)
http://snaker.elektronik.jp/

Cos/Mes の 5ive と Traks Boys の K404 が主催する不定期開催パーティの名前を冠したレーベル Snaker から2013年1月発表された、 Cos/Mes のアルバム。
この Cos/Mes というのは Flatic と 5ive による二人組みで、2010年に出したセカンド・アルバム『GOZMEZ LAND – CHAOSEXOTICA』の高評価で名前が知られるようになったユニット。ちなみに名前自体はこの頃から知ってはいたものの、作品自体を聴くのは今作が初。

今作の収録曲は11曲と通常のアルバム並みながら、1、2分台の短い曲も多く、内容的にも非常に雑多。幻惑的な上モノとゆったりとしたリズムが心地よいディスコ・ナンバーの “Red Rock” みたいな曲があったかと思うと、80年代的なドラムが印象的なエレ・ディスコ “Kannana Loop 7” やワールド・ミュージックに影響を受けたフュージョンみたいな “Mister Cosmic” 、熱くうなるギターと軽快なパーカッションが前面に出たインストのファンク “Brazilian Idol” など、一聴するとまとまりなく思えてしまうほど。ただその雑多な方向性や各曲の無国籍感、さらにサンプリングベースの音作りに80年代的なフレーズ、現代的なエディット感覚など様々な要素が合わさる事によって、地域や時間を飛び越えたような自由な空気が流れていて非常に心地よい。

今作はアナログのみの発売で、しかも限定300枚という事で現在は入手困難かと思うんだけど、そういった発売形態で聴く人を選ぶには非常にもったいない、充実した作品だ。
アナログ全部売り切ったんなら、音だけでも Bandcamp とかで売ればいいのに。