V.A. / 5 YEARS COMPILATION (PART FIVE) (Semantica) 12″

V.A. / 5 YEARS COMPILATION (PART FIVE) (Semantica)
http://www.semanticarecords.com/

もう一つ Steven Porter 。
ということで、 Svreca が運営するレーベル Semantica Records から2011年末に出た、レーベル5周年記念の連作コンピレーション・シングルのうちの1枚。

5周年という事だからなのか、参加メンバーもなかなか豪華なんですが、今作でまず驚くのは1曲目。おなじみ Regis こと Karl O’connor に、Tresor からもリリースしている Peter Sutton 、さらには User として活動していた Richard Harvey という3人による共作なのですよ。曲自体はノンビートの前半から、アシッドっぽいビヨンビヨンしたシンセがリズムを刻むという、なんとも珍妙な曲なんだけど、この3人の並びには、ハード・ミニマルを通過した人間としては、なかなか熱いものを感じてしまいます。まぁ Karl O’connor 以外の2人に関してはもう何年もリリースがないので、昔の曲引っ張り出してきただけなのかもしれないけど。

次の AW / SS という二人による共作(?)”Nonnative” は金属的なノイズが鳴るインダストリアルなハードテクノ、3曲目の Svreca “Obscur (Marcel Dettmann Remix)” は、Marcel Dettmann にしては珍しくダブ的な音響ながらもすっきりとした音作りのディープ・ミニマルで、両曲とも地味ながら良い。

そして最後の Steven Porter による “Moonlight Graham” は、いつもよりベース控えめの、重量感のあるキックで全てを薙ぎ倒すかのようなハード・ミニマルで、ある意味テクノ的な定型にのっとった曲ではあるんだけど、同時に途中の展開含め、ノイズ的なエフェクトが飛び交う非常に「うるさい」曲でもあり、その辺りのバランス感覚が面白い。

Steven Porter って今作以降作品は発表してないみたいなんだけど、もうリリースはないんですかねぇ。2012年も何回かライブはやっているみたいなので、本格的に活動してほしいのだが・・・。

試聴

“V.A. / 5 YEARS COMPILATION (PART FIVE) (Semantica) 12″” の続きを読む

Steven Porter / LR EP (Weevil Neighbourhood) 12″

Steven Porter / LR EP (Weevil Neighbourhood)
http://www.weevilneighbourhood.com/

せっかくなんで Steven Porter が2011年に出した、今のところ唯一の単独名義のシングルを。

今作をリリースしている Weevil Neighbourhood って、 SoundCloud を聴いてみた感じ、実験的なエレクトリック・ミュージックのレーベル、という印象なんだけど、今作も1曲目は電子ノイズによるノンビートの曲。ただその凍てついた空気感そのままに、ミニマル・ダブの2曲目に流れていくのが非常にかっこいい。またその2曲目も、ミニマル・ダブ的な音響の中で、ダブステップのようなリズムがかすかに蠢く独特な曲で、そのリズムとノイズが生み出す緊張感がまた面白い。
3曲目は以前紹介したコンピに入っていた “DEED” に近い、ものすごい低音の変則リズムによるハード・ミニマル。昔の Surgeon を思わせるやり過ぎ感も堪らないんですが、縦にも横にものれる複合的なリズムがやはり素晴らしい。

今作を聴く限り、けっこう色んなタイプの曲を作れる人たちみたいなので、早くアルバム・サイズで聴いてみたいです。

“Steven Porter / LR EP (Weevil Neighbourhood) 12″” の続きを読む

V.A. / MU EP (10 Label) 12″

V.A. / MU EP (10 Label)
http://www.10-label.com/

もう一つ Sawlin つながりで、彼が参加している 10 Label のコンピレーション・シングル(2011年作)。
今作をリリースしている 10 Label は参加しているのが海外のアーティストばかりなので分かりづらいが、京都を基点に活動してるレーベルで、現在のところ今作1枚しかリリースがない。
しかし今作は2011年聴いた中でも非常に印象深い作品であり、久しぶりに聴いた今でもそれは変わらない。

どっしりとしたリズムの上で、神経症的に鳴るノイズと金属音が印象的な1曲目 ANCIENT METHODS の “ANCIENT METHODS” がまず良いのだが、今作で最も素晴らしいのはやはり次の STEVEN PORTER による “DEED” だろう。 STEVEN PORTER は個人名なのかと思いきや Katsunori SawaYuji Kondo による二人組み。
90年代と違い、今では日本人だからといって音の線の細さが気になることはほとんどなくなったが、それにしても、と思えるほど、太い地鳴りのようなベースラインがまず強烈なのだが、そこに絡む変則的なキックと荘厳にも思えるシンセが織り成すグルーヴは、テクノやヒップホップ、ダブステップなどを飲み込みながらも、しっかりとダンス・ミュージックとしても機能していて本当にかっこいい。個人的に二人とも名前を知らなかった事もあり、90年代に Takaaki Itoh が突然海外のレーベルから表れたのと同じような衝撃があった。

また次の ANNE-JAMES CHATON による、性急なキックの上にフランス語と思われるスポークンワードをループさせた “EVENEMENT27” も非常に個性的で(Raster-Notion から出したアルバムのライセンスみたいだけど)、金属音が軋みを上げるハードな SAWLIN の “PAINFULL” も地味ながら良作。

あまり数刷ってないみたいで今では入手困難なシングルですが、中古でこの鳩見かけたら是非手にとってほしい1枚です。

“V.A. / MU EP (10 Label) 12″” の続きを読む