background

bg000
V.A.
futuristic experiments chapter one
bg001
TERRENCE DIXON
BIONIC MAN EP
bg003
STEWART WALKER
NORTH EP
bg004
SUBMANIA EKMOAH
ZYLACANTH EP
bg005
SUBMANIA EKMOAH
LOW VOLTAGE
bg007
SUBMANIA
Proceed EP
bg008
V.A.
futuristic experiments chapter Ⅱ
bg011
TERRENCE DIXON
MINIMALISM Ⅱ
bg012
SUBMANIA
CUT EP
bg013
V.A.
futuristic experiments chapter Ⅲ
bg014
RHYTHM MAKER
METAL PATIENCE EP
bg016
DEADBEAT
TINKERTRONIX EP
bg017
AKUFEN
DADA
bg018
SUBMANIA EKMOAH
TENDRA EP
bg019
SMYGLYSSNA
SIGHT IS SOMETHING MORE THAN ALL THINGS SEEN EP
bg020
RHYTHM_MAKER
ALLES MAINSTREAM EP
bg021
rhythm_maker
landing
bg023
SUBMANIA / EKMOAH
WERKBUND EP
bg024
V.A.
FUTURISTIC EXPERIMENTS #004
bg025
OLIVER HACKE
LICHTUNG EP
bg026
PORTABLE
FUTURISTIC EXPERIMENTS #005
bg027
DAVE MILLER
GREY SUMMER EP
bg028
FRIVOLOUS
CRANKKONGESTION EP
bg029
DAVE MILLER
JIGSAW MUSIC EP
bg31
FRIVOLOUS
40 INCH EP
bg032
PORTABLE
ONE SECOND AGO OR LESS EP
bg034
microbox
playback EP
bg035
V.A.
FUTURISTIC EXPERIMENTS #006
bg036
jeff milligan
bg037
PORTABLE
CYCLING
bg038
OLIVER HACKE
COUNTRY GRAMMAR
bg039
dB
ASPERN
bg040
dB
PERON
bg041
PORTABLE
FLICKER EP
bg042
JAMES DIN A4
KOMMUNE 1
bg043
ANTIGUO AUTOMATA MEXICANO
MICROHATE
bg044
dB
TROON EP
bg045
Dave Miller
Mitchells Raccolta
bg046
rhythm_maker
every new and then, anger ep
bg047
FRIVOLOUS
KEVORK MOTION EP
bg048
TERRENCE DIXON
MINIMALISM Ⅲ
bg049
GEOFF WHITE
NEVERTHLESS
bg050
V.A.
BACKGROUND RECORDS 50

TERRENCE DIXON / DIRECTIONS EP (UNDERL_NE)12″

DIRECTIONS EP
http://www.underlinelabel.com/

最近 dubfire が m_nus から出したのも驚いたんですが、もっと驚いたのが、この Terrence Dixon の UNDERL_NE からのリリース。デトロイトでミニマリズムというと、たいてい名前が挙がるのは DBX か Robert Hood だけど、何気に Terrence Dixon の影響も大きいという事なのかしら。

でも音の方はことさら UNDERL_NE を意識したとも思えないような、マシーナリーなエレクトロやミニマル。どの曲も悪くはないんだけど、イマイチシングル向きじゃないというか、どうも打ち出しが弱いものが多いのが難でしょうか。でも最後の “REMEMBER RESCUE” だけは別で、くぐもった低音と、カンカンとなるハイハットの対比が印象的なディープ・ハウスで、どうせなら全曲この路線のも聴いてみたい。

Terrence Dixon - Directions EP

Terrence Dixon / Train of thought (yore)2LP

Train of thought
http://www.yore-records.com/

昨年カタ番50を記念したコンピをリリースして以降、ほとんど動きのない background なんですが、なんかもうこれで打ち止めっぽいですね。というのも、そもそも background というのは Terrence Dixon の作品をリリースするために立ち上げられたレーベルなんですが、その Terrence Dixon が、 Andy Vaz の立ち上げた新レーベルである yore からこのアルバムを出したから。まぁまだ何ともいえないんですけどね。

というわけで、 tresor から出てた前作『from the far future』からなんと7年振りとなるアルバム。その『from the far future』は個人的に線が細すぎてあまり好きにはなれなかったんだけど、今作はなかなかの良作。
世間一般での Terrence Dixon のイメージがどういったものなのか分からないんだけど(そもそも名前が知られてないからイメージないか)、私としては彼こそが現在最も正統派のデトロイト・テクノを鳴らしているという思いがあって、今作などは正にそう。重さはないながらもやたらと性急な感じのリズムとハイハットに、叙情的なメロディをもった上モノ。そしてそこから立ち上るのはベタベタとした感情ではなく、むしろ緊張感で、そこがたまらなくカッコいい。
まぁこの作品に新しさがあるかというと、そんなものは全くといっていいほど無いんだけど、様式的なデトロイトの手法を用いつつも、ミニマリズムも強く感じさせる今作は、ミニマル以降の伝統的なデトロイトテクノの鳴らし方としては、ほぼ完璧に近いものではないかしら。温故知新な傑作。

Terrence Dixon - Train of Thought