Daniel Meteo / Working Class (SHITKATAPULT) mp3

Daniel Meteo / Working Class (SHITKATAPULT)
http://www.shitkatapult.com/

METEOSOUND を主催する Daniel Meteo が Shitkatapult から2009年にリリースしたセカンド・アルバム。

Daniel Meteo は Scape から Bus というダブ・ユニットでアルバム出したり Thomas Fehlmann と交流があったりと、所謂ベルリン・ミニマルダブの系譜に連なる人なのだけれど、今作はそういった情報から想像されるようなディレイの効いたミニマルダブではなく、ダブやエレクトロニカがゆったりと溶け合ったような、広義の意味でのテクノになっている。

そういった意味では自身のレーベルからではなく、比較的守備範囲の広い Shitkatapult からリリースされたのも納得といった感じで、またフロアミュージックにはない取っ付きやすさも持ち合わせている。

まぁ自分の趣味からするとちょっと外れるタイプの作品なのは間違いないのだけれど、これはこれで魅力的な佳作かと。

Working Class - Daniel Meteo

“Daniel Meteo / Working Class (SHITKATAPULT) mp3” の続きを読む

Thomas Fehlmann / Honigpumpe (KOMPAKT) 2LP

Thomas Fehlmann / Honigpumpe (KOMPAKT)
http://www.kompakt.fm/

活動歴20年を超えるベテラン、Thomas Fehlmann の KOMPAKT からは2枚目となるアルバム。

この人が KOMPAKT から出すようになってからの作風は基本ミニマル・ダブなんだけど(それ以前は知りません)、ミニマル・ダブのアーティストのほとんどが冷たい印象の音を作るのに対して、 Thomas Fehlmann の音は非常に柔らかく、温かみのあるものが多い。

そしてその音は今作でいっそうの冴えをみせていて、冒頭で雄大で広がりのある音空間を聴かせる”Strahlensatz” で、その世界にいきなり引き込まれる。それ以降も浮遊感のある音響空間で漂っているような気分にさせてくれるものばかりで、こう書くとあまり良く思われないかもしれないけど、ひたすらぬるま湯につかっているような心地よさがある。

ミニマル・ダブにしては珍しく、春とかに野外で聴いてみたい音なんじゃないでしょうか。

試聴

[more]

SUN ELECTRIC / TONNAS REMIXES (shitkatapult)12″

TONNAS REMIXES
http://www.shitkatapult.com/

SUN ELECTRIC っていうと、個人的には nsi. の人がいたユニット、というくらいの知識しかないんだけど、未だに評価の高い方たちのようで、少し前に未発表曲集が出てたりなんかするんですが、これはそこからのリミックス・カット。

まずは相変わらず働き者の Villalobos 。昔に比べると、最近のこの人の仕事はイマイチなものが少なくないように思えるんだけど、今作のリミックスは最近の中でもベストじゃないかしら。 Villalobos らしいパーカッシブなビートを軸としながらも、『fabric』のときのような直線的なものではなく、たゆたうようなリズムで、そこに次第に様々な音が加わっていく事によって、気が付けば景色がまるで変わっている。こういう世界が徐々に変容していくような感覚って久しぶりじゃないですかね。非常にイマジネイティブで素敵過ぎます。

そしてもう一組はベテラン Thomas Fehlmann と、 meteosound を主宰する Daniel Meteo によるもの。んで、もうこの二人が組んだからには、いうまでもなくダブダブな音なんですけれども、おそらくオリジナルのものと思われるメロディと、それを包み込むように鳴らされる音響空間は、もうあまりにも美し過ぎて、そしてあまりにも気持ちよすぎる。そしてこちらも Villalobos とはまた違った形で想像力を刺激する音に仕上がっていて、負けず劣らず素晴らしい。
久しぶりに曲単位でじっくり聴きたくなるような、良いシングルではないかと。

Sun Electric - Toninas Remixes - EP