2562 / AIR JORDAN (When In Doubt) 12″

2562 / AIR JORDAN (When In Doubt)

2562 こと Dave Huismans さんが今年の3月に出したシングルで、この名義では今のところ最新作。

ジャケットの感じからして今までの 2562 とは違う雰囲気の本作ですが、なんでもフィールドレコーディングした素材を使っているんだそうで、音の方もかなりの変化したものになっている。

2曲目の “DESERT LAMENT” こそ彼らしいタメの効いたダブステップながら、動物の鳴き声などが使われ、いつもの洗練とは逆の野性味のある音になっているし、1曲目の
“SOLITARY SHEEPBELL” はノンビートの音響作品。また3曲目の “JERASH HEKWERKEN” は、パーカッションというよりは太鼓と呼びたくなるようなドラムが前面に出された変則的なハウスだし、 “NOCTURNAL DRUMMERS” は呪術的な怪しい雰囲気を醸し出すパーカッションと徐々に増すベース、そして上モノのエフェクトでどんどんはめていくサイケデリックな曲だったりと、今までの 2562 にはなかったような曲ばかりが並んでいる。

なので今作には今までの 2562 の曲にあったような流麗なフォルムというものはないのだが、代わりに今までなかったような力強さに満ちていて、これはこれで非常に魅力的だし、今後の作品にどういった影響を及ぼすのかも興味深い。

Air Jordan - EP - 2562

“2562 / AIR JORDAN (When In Doubt) 12″” の続きを読む

2562 / Fever addendum (When In Doubt) 12″

2562 / Fever addendum

まだ 2562 で、今回のは『Fever』(過去記事)からのシングル・カット。

表の “Aquatic Family Affair (extended re-cut)” は、文字通り “Aquatic Family Affair” (過去記事)の曲が長くなったバージョン。とはいっても最初のドラムのところが少し伸びただけ、時間的にも30秒弱長くなっただけなので、別段曲の印象が変わるわけでもなく、なんでわざわざこんなバージョンを作ったのかよく分からない曲。まぁ DJ の方々からすると、多少使い勝手がよくなった、のかな?・・・。

裏は shed の Head High 名義によるリミックス。ずしりと重いながらもファンキーなリズムと、疾走感のある上モノのバランスがいつもながらに絶妙な塩梅で、さすがとしかいいようがないのだが、若干手癖で作った感もあり、これだけのためにシングル買った方がいいかと問われれば、ちょっと微妙かも。

まぁ一般的な基準で考えれば十分すぎる完成度なんだけど・・・。

Aquatic Family Affair (Extended Re-Cut) / Wasteland (Head High Aka Shed Remix) - Single - 2562

2562 / Fever (When In Doubt) 2LP

2562 / Fever (When In Doubt)

昨日に続いて 2562 が2011年に発表した通産3枚目のアルバム。

2562 こと Dave Huismans さんは一貫してテクノ的なダブステップを作り続けていたわけですが、今作もそれは同様。
しかしトラックの作りとしては、先行シングル(過去記事)で聴かせた抜けのいいドラムを中心としたもので、そのドラムが作り出すリズムの複雑さや重量感、そして一方ではテクノ的な質感や疾走感もあり、その双方が合わさる事で、単純なテクノとダブステップの足し算とは違う、独自のブレイクビーツになっていて非常に面白い。

Fever - 2562

“2562 / Fever (When In Doubt) 2LP” の続きを読む

2562 / AQUATIC FAMILY AFFAIR (When In Doubt) 10″

2562 / AQUATIC FAMILY AFFAIR (When In Doubt)

今更もいいとこなんですが、 2562 が2011年に発表したシングル(本当は A Made Up Sound の後に書こうと思ってたんだけど間が空いちゃった)。

この人って前作『Unbalance』(過去記事)ではドラムンベースみたい、っていいうのは大げさにしても、ダブステップ勢の中ではかなり軽めのドラムの音を使っていたんですが、今作は生っぽい質感ながらも、抜けのよさと重量感が絶妙なバランスを保った音に変化していて、それがまず非常に気持ちが良い。

そしてそのドラムから生み出されるリズムも、若干タメの効いたどっしりとしたグルーヴを生み出しているのだけれど、そこに疾走感のある上モノを加えることによって、印象をほぼ真逆のものに変えているもの面白い。

また裏面の、より複雑なリズムを聴かせる “This Is Hardcore” も素晴らしく、今作は 2562 屈指の傑作ではないかと。

ちなみに今作は 2562 が新たに立ち上げたレーベルからの最初のリリースという事で注目度が高かったのか、あっという間に売り切れちゃった盤なんですが、音源自体は『Fever』に普通に入ってます。

“2562 / AQUATIC FAMILY AFFAIR (When In Doubt) 10″” の続きを読む