BRAHMAN / 尽未来際 (Toys Factory) CD

BRAHMAN / 尽未来際 (Toys Factory)
http://brahman20th.com/

Brahman も気がつけば結成20年という事で、それを記念してのベスト・アルバム。

彼らって一時期盛り上がっていたメロコア勢とは一線を画していたというか、明らかにヘヴィだという印象があったんだけど、久しぶりに改めて聴いてみると、アレンジはメロディアスな部分も多いし、曲も思いのほかポップ。
ただそれも売れ線狙ったとかいうものでもなく、他の音楽要素と自然に融合しているし、ポップな曲でもヘヴィな曲でも熱量が変わらないのが好感持てる。

20年間第一線で活躍してきたバンドの強靭さと説得力が分かる作品。

“BRAHMAN / 尽未来際 (Toys Factory) CD” の続きを読む

Bon Jovi / Burning Bridges (Island) CD

Bon Jovi / Burning Bridges (Island)
http://www.bonjovi.com/

2015年を振り返りがてら、たまには更新を。

ということで、いつの間にやら Richie Sambora が抜けていた Bon Jovi が2015年に発表した13枚目のアルバム。

Richie Sambora といえばリーダーである Jon Bon Jovi と共作する事も多く、またギターのみならずコーラスワークでも存在感を発していた人なわけで、さらに私が Bon Jovi を聴くのが2005年の『Have a Nice Day』以来だったりするもんですから、どれだけ変わっているのかなぁ、と思っていたんですが、聴いてみれば良くも悪くもいつもの Bon Jovi 。

冒頭 “A Teardrop To The Sea” の重苦しさなどには色々と勘繰りたくなるけど、力強い “We Don’t Run” は正に Bon Jovi という感じのロックだし、リード・トラックの “Saturday Night Gave Me Sunday Morning” なんて、曲名が似ているせいもあって、”Someday I’ll Be Saturday Night” と区別つかないし。

ただ以降の曲に関しては、イマイチ派手さに欠けるアコースティックの曲が並ぶので、内容的にはかなり地味。さらに Richie Sambora のコーラスがないので、 Jon Bon Jovi のソロ・アルバムとの区別がつかないので、バンドの今後のことを考えると、ちょっと心配になる作品でしょうか。

まぁ曲の質自体は Richie Sambora の不在を感じさせない高いものだし、私も年齢的にこのくらい枯れている方が聴きやすいので、思いのほか楽しめました。

“Bon Jovi / Burning Bridges (Island) CD” の続きを読む

B.D. / Balance (UNIVERSAL) CD

B.D. / Balance (UNIVERSAL)
http://www.grbk-killaturner.com/

2014年に聴いた盤を雑に紹介していく2。

TETRAD THE GANG OF FOUR のメンバーでもある B.D. が2013年12月に発表した、通算3枚目、メジャーからは初となるアルバム。

B.D. ってこのアルバム聴くまで自分にはあまり馴染みがないラッパーだったんだけど、一度だけ見た事のある TETRAD THE GANG OF FOUR のライブでは、奔放すぎる変態おじさん(NIPPS)を縁の下で支える堅実派、という印象だったんだけど、今作も古き良き日本のヒップホップを継承しながらも、非常にバランスのとれたアルバムになっている。

ゆったりとした “Hajimari” から始まり、煙たいトラックの上で Nipps を招いた “Launch Sequence” や、トラックで使われているギターと相まって力強いラップを聴かせる “Kanzentyouaku” 、タイトルに対して直接的な言葉が並ぶ “Sensou” など、様々なタイプの曲が並ぶものの、そのどれもがレベルが高い。

ただその分音楽的な個性というのが分かりにくくはなっているんだけど、どの曲もきちんと B.D. のラップが軸になっているので、散漫な印象はない。

地味ながら良作。

“B.D. / Balance (UNIVERSAL) CD” の続きを読む

SELA., Butane + Someone Else, Kings, Keith Ape, ichiro_

CRACK III 1V.A. / CRACK III
カリフォルニア在住のプロデューサー SELA. が編纂した初期ジュークのコンピレーション(オフィシャルなものかは不明)。
ここの収録された曲の歴史的価値というのはよく分からないんだけど、どの曲も熱量高くてカッコいい。
Santa's Little Helpers 2014Butane + Someone Else / Santa’s Little Helpers 2014
Butane と Someone Else が運営するアメリカのレーベルから、その二人がクリスマスに発表したスプリット。
古きよきミニマルという風情。
First YearKings / First Year
ロンドンのプロデューサー Kings のフリーのアルバム。
この手の甘い上モノと重いビートの組み合わせはやはり好き。
DownloadKeith Ape (feat. JayAllDay, Loota, Okasian & Kohh) / 잊지마 (It G Ma)
韓国のラッパー Keith Ape がフリーで発表した曲。韓国と日本のラッパーがそれぞれ母国語で、しかもかなりテンションに落差があって面白いんだけど、やっぱり最後の Kohh がカッコいい。ビデオも強烈
610452,OK_____ichiro_ / 610452,OK?????
練馬区在住のプロデューサー、ichiro_ のビートテープ。
エレクトリックな音色のジャジー・ヒップホップで安定のクオリティなんですが、4曲で10分にも満たないので、ちょっと物足りないかしら。

“SELA., Butane + Someone Else, Kings, Keith Ape, ichiro_” の続きを読む

Black Atlass / Paris ( Fool’s Gold) mp3

Black Atlass / Paris ( Fool's Gold)
http://www.foolsgoldrecs.com/

もう一人、こちらも James Blake からの影響を指摘される事の多い、カナダ出身の Black Atlass が6月に発表した、商業作品としてはおそらく初となるシングル。

とはいっても2012年に発表したミックステープ『The Black Atlass EP』(関連記事)に収録されていた曲の再録。
マスタリングがしっかりしたせいか、音はずっとクリアになっているんだけど、曲のアレンジ自体はそのままなので、別段印象が変わるということもなく、早くアルバム出してよ、という感じでしょうか。

それよりも聞き物なのは、2曲目のピアノの弾き語りバージョン。原曲もピアノが印象であるだけに、こちらも曲の印象自体はそれほど変わりはしないものの、あえてヴォーカルに輪郭をぼやけさせるような処理がほどこされた原曲を聴く限り、単純に歌い手としての彼の魅力はよく分からなかったのに比べ、エフェクトもダビングもしていないこのバージョンでのヴォーカルは、声量こそ物足りないものの、独特の哀愁が感じられて思いのほか良い。

あとは上でも書いたとおり、早くアルバム出してほしいんだけれども・・・。

“Black Atlass / Paris ( Fool’s Gold) mp3” の続きを読む