Via App / RA Breaking Through: Via App

Via App / RA Breaking Through: Via App
https://soundcloud.com/dylanscheer

1080p 関連でもう1枚。

今年に入ってから RAWeTransfer と組んで、記事の配信と共に音源もフリーで公開しているんですが、今作もその一つ。

この Via App という人はボストン出身の Dylan Scheer さんのプロジェクトで、1080p からも何作か発表しており、今作に収録されている “7 Headed” も、1080p からのシングルの抜粋。

音の方はというと、エレクトロニカ経由の四つ打ちというか、もうちょっと洗練されたグルーヴが欲しい感じ。
まぁ今後に期待でしょうか。

ダウンロード

Love At First Sound, LUUUL, dj_amps, Liquorish Records, Marvel Alexander, Vermin Womb, White Ward

A U D R ALove At First Sound / Nothings Changed
bandcamp、soundcloud、twitter それぞれで出身地が異なっているので、何処の人だかよく分からないシンガー/ラッパーさん。前半は沈み込むような重いビートに囁くようなヴォーカルが乗り、女性のナレーションを挟んでの後半は情緒的な R&B と2部構成になっている不思議な曲。他に上がっている曲と纏めて『A U D R A 』というアルバムになるもよう。
Listen To The SeaLUUUL / Listen To The Sea
いつも参考にさせてもらっているブログ「Nobody Loves Me」で紹介されていたんで聴いてみた、ベルギーのプロデューサー Romain Bauthier さんのプロジェクト LUUUL の3曲入り EP。ゆったりとした4つ打ちのビートに柔らかなギターが乗る、という構成は3曲とも同じなんだけど、ギターの音色の心地よさと、メロディの素晴らしさだけで全然 OK な感じ。
DownloadCiara / Body Party (Amps Footwork Re-mix)
群馬在住のトラックメイカーが Ciara の曲をリミックスしたもの。奇抜さはないが、原曲の雰囲気を損なわずにジュークにした好リミックス。
XMAS LP - Vol.3V.A. / XMAS LP – Vol.3
オランダのレーベル Liquorish Records が2014年末に出したクリスマス・コンピ(今更紹介かよって感じですが)。
基本的にジュークがほとんどなんだけど、中にはムード歌謡みたいな曲があったりと、ごった煮感覚が楽しい。日本人アーティストも多数。
Dont Die YetMarvel Alexander / Dont Die Yet
L.A. のラッパーさんがアルバム『Don’t Die Yet』からフリーで配信した曲。Sango のプロデュースの割には地味な曲で、抑揚が大きいラップは可もなく不可もなく。
PermanenceVermin Womb / Permanence
アメリカのデスメタル・バンドが2014年9月に発表した、多分初のアルバム。最近ブラック・メタルばかりでデス・メタルはほとんど聴かないんだけど、これは超突猛進という感じがひたすらカッコいい。
RiptideWhite Ward / Riptide
ウクライナのブラックメタル・バンドが昨年出した EP 。激しさよりも情緒性が前面に出ているので、この手のものとしては比較的聴きやすい(ヴォーカルはもちろんアレですが)。

“Love At First Sound, LUUUL, dj_amps, Liquorish Records, Marvel Alexander, Vermin Womb, White Ward”の続きを読む

F L A C O, Chester Watson, ichiro_, Villain Park, PONY×KURABEATS, SUB SELECTOR

IKWYDLS _)F L A C O / IKWYDLS 🙂
インディアナのラッパーさんのミックステープ。最初インドの人かと思って落としたら違ったっていう。
鼻歌っぽい感じのラップが多くて、まぁ今どきな感じ。素っ頓狂な感じとかかなり好きなんだけど、もうちょい個性が欲しいか。
DownloadChester Watson / Nü
フロリダの17歳のラッパーの曲(写真見ると10代に見えないけど・・・)。どっしりとしたトラックと、テンション低めのラップがあっていてカッコいい。
NERITAKA epichiro_ / NERITAKA ep
練馬出身のトラックメイカーが今年1月に出したビートテープ。いつもよりエレクトリック成分高め。
SAME OL SHIT - COMING SOONVillain Park / We Out To Get The Money
L.A のラッパー4人組の曲。写真見る限りまだ10代っぽいんだけど、曲はオールドスクールノリ。でも微妙にテンション低目な感じが面白い。「SAME OL SHIT」っていうアルバムかミックステープがもうすぐ出るみたい。
ポニーピー'TURBOPONY×KURABEATS / ポニーピー’TURBO
山梨のラッパー PONY の作品を、東京のラックメイカー KURABEATS がリミックスした作品。湿り気のあるラップといい、ドラムが前に出たトラックといい、古き良き日本語ラップという感じ。
DownloadSUB SELECTOR / TIME TRAVELLER
そもそもどっちがアーティスト名でどっちが曲名かもよく分からないんですが、疾走感のあるエレクトロでえらいカッコいい。

“F L A C O, Chester Watson, ichiro_, Villain Park, PONY×KURABEATS, SUB SELECTOR”の続きを読む

variant / oceans end (echospace ) File

variant / oceans end (echospace )
http://www.echospacedetroit.com/

Rod Modell との Echospace でも活動している Stephen Hitchell のユニット、Variant が2015年1月に発表した作品。

echospace って bandcamp やっているレーベルの中でも、比較的値段設定には厳しい(要は高い)印象があるんですが、これは財布に優しい name your price 。

まぁその分レーベルのカタログの中でも番外編的というか、30分強の1曲のみという構成からして実験的ではあるんだけど、たゆたうような上モノと、ゆったりしたビートの組み合わせは非常に心地よく、完成度も高い。またあまりミニマル・ダブ的な要素が前面に出ておらず、シンセの柔らかさが強いのも良い。

“variant / oceans end (echospace ) File”の続きを読む

VUYVR / EISKALT (Self Released) mp3

VUYVR / EISKALT
http://www.facebook.com/vuyvr

スイスのブラック・メタル・バンドのデビュー・アルバム。フィジカルは有料だけど、デジタルはフリーで落とせる。

1曲目の “HOCH” が出だしからブラストビートの上でヴォーカルが絶叫するファスト・ナンバーで、たいそう燃えるものがあるのだけれど、それ以降も突っ走る曲がほとんどで、作品全体のテンションはかなり高い。しかし各楽器はしっかりと太い音で鳴っており、また全体の雰囲気からしてもブラック・メタル的な禍々しさは薄め。さらにメロディアスな展開もちらほらと出てくるので、普通にメタルが好きなら楽しめる作品に思える。
まぁ逆にいえば新味は薄い、という事にもなるのだけれど、ラストの長尺曲 “THE WYVERN” での展開力が伸びる事を今後は期待したい。

ダウンロード

“VUYVR / EISKALT (Self Released) mp3″の続きを読む