Badawi / The Axiom EP (the Agriculture) mp3

Badawi / The Axiom EP (the Agriculture)
http://theagriculture.com/

今年頭の来日ライブが素晴らしかった Badawi こと Raz Mesinai さんが2011年に出した EP 。12インチだと2曲しか入ってないんだけど、ファイルだと7曲なのでファイルで購入。

この人は元々現代音楽方面の人だからなのか、ダブ系をやるときの名義である Badawi でも実験的なものが多いのですが、今作は比較的ダブステップの定型に則ったような曲が多く、そういった意味では非常に聴きやすい。

ただその分無個性な退屈さがあるのかというとそんな事はなく、ノイズとベースが徐々に溶け合いドローンのような質感を生み出す “Destroy All Prophets” 、左右に振れながらも徐々に沈みこんでいくビートが印象的な “The Axiom” 、次々と変容する神経症的なノイズが緊張感を高める “Anlan 7” など聴き所も多い。

また最近のこの人にしては珍しい直球なミニマル・ダブにした Andy Stott と、前のめりなドラムとタメの効いたベースが歪んだグルーヴを作り出す Vaccine のリミックスも素晴らしく、非常に充実した作品集だ。

The Axiom - Badawi

“Badawi / The Axiom EP (the Agriculture) mp3” の続きを読む

Badawi / El Topo (index) 12″

CLOAKS / VERSUS GRAIN (3by3)

こちらは Raz Mesinai と Dave Q が立ち上げたレーベルからの最初のシングル(2010年作)。

この Badawi というのは現代音楽の方面で活動している Raz Mesinai がダブをやるときの名義だそうなんだけど、以前聴いた shackleton をリミックスしたものは(過去記事)、ドロドロに溶かしすぎたせいでほとんどアンビエントやドローンに近くなったようなミニマル・ダブで非常に独特だったんだけど、それに比べると今作はわりと普通にダブステップ。

しかしベースの音はほどほどに、迫力のあるストリングスを中心に疾走感のあるドラムを絡ませることによってグルーブを作っていて、地味ながらもその音作りは面白いし、音の出し引きという点からするとこれもダブの形なのかなと思わされる。

もう1曲の shackleton のリミックスは、可もなく不可もなくといった感じのいつもの shackleton 。

El Topo - Badawi

“Badawi / El Topo (index) 12″” の続きを読む

V.A. / SOUNDBOYS GRAVESTONE GETS DESECRATED (Skull Disco) 2LP

V.A. / SOUNDBOYS GRAVESTONE GETS DESECRATED (Skull Disco)
http://www.skulldisco.com/

昨年出たダブ・ステップ・レーベル、 Skull Disco の第2弾コンピから、アナログで出ていなかったリミックスをカットした2枚組み。
一応 Skull Disco って昨年で閉鎖になったって方々で書いてありますが、これって本当なんですかね。レーベルのサイトを見ると「1~2週間店をお休みします」しか書いていないんだけど、どうなんでがしょ。案外忘れた頃にひょっこりリリースしてくれると嬉しいんだけど。

まぁそんなことは置いといて。

Skull Disco といえば、数あるダブ・ステップのレーベルの中でもその独特なアート・フォームで注目を集めたわけですが、その独自性はこのリミックス盤でも全く変わってあらず、ビートが徐々に沈殿していくような感覚が貫かれている。
重苦しいブレイクビーツとそれを切り裂くようなひんやりとしたシンセが印象的な T++ (Monolake)、非常にシンプルなドラムン・ベースながら見事にグルーヴのある Bass Clef 、 Skull Disco らしくパーカッションとベース音で怪しい世界を現出させている Geiom 、神経症的に鳴るノイジーなギターが素晴らしい DJ Rupture と、どのリミックスも聴き応えのあるものなんだけど、個人的に圧巻だったのは Badawi のリミックス。ニューヨークのアンダーグラウンドで活動している Raz Mesinai が独自のダブ・サウンドを追求するときの名義らしいんだけど、ここでは低音蠢く暗黒ダブ・ミニマルにリミックスしていて、生暖かい底なし沼に沈み込んでいくような感覚が素晴らしく、またミニマル一辺倒の人ではあまり聴かれない、極端に低音に集中した音作りもとても良い。

正にレーベル最後を飾るに相応しい傑作ではないかと。

試聴