BRAHMAN / 尽未来際 (Toys Factory) CD

BRAHMAN / 尽未来際 (Toys Factory)
http://brahman20th.com/

Brahman も気がつけば結成20年という事で、それを記念してのベスト・アルバム。

彼らって一時期盛り上がっていたメロコア勢とは一線を画していたというか、明らかにヘヴィだという印象があったんだけど、久しぶりに改めて聴いてみると、アレンジはメロディアスな部分も多いし、曲も思いのほかポップ。
ただそれも売れ線狙ったとかいうものでもなく、他の音楽要素と自然に融合しているし、ポップな曲でもヘヴィな曲でも熱量が変わらないのが好感持てる。

20年間第一線で活躍してきたバンドの強靭さと説得力が分かる作品。

“BRAHMAN / 尽未来際 (Toys Factory) CD” の続きを読む

BRAHMAN / ANTINOMY

ANTINOMY
http://www.tc-tc.com/

こちらも90年代後半のミクスチャーロックの盛り上がりから見事生き残った Brahman のアルバム。パンクやハードコアを基調としながらも、様々な音楽要素を盛り込んでいて、という部分では Back Drop Bomb と同じなんだけど、ものすごくすっきりしていた Back Drop Bomb に比べると、こちらのアルバムの方が様々な感情が渦巻いていて、演奏者の人間性、言い換えると熱が感じられて、はるかに好み。
以前よりはワールド・ミュージックっぽい感じは薄まったけど、それでもその音楽性は変わらず他のパンク・バンドとは一線を画したもので、演奏も激情をぶちまける感じのものながら、ポップさを置き去りにしていないので非常に聴きやすい。
バンドの堅実な進歩が感じられる良いアルバムだと思います。