BEST SINGLE of 2008

  1. Natural 9 Nation / 親不孝三十六房
  2. truth/風の向こうへ
  3. BACK TO ILL
  4. VASCO EP PART 1
  5. Risky feat. Where Do We Go / エンドレスで、かまわない。止めるまで、DANCE空間。DANCE ORIENTED SPECIAL
  6. MELCHIOR PRODUCTIONS LTD. / Who Can Find Me EP
  7. NEWS / Happy Birthday
  8. PLASTIC STAR
  9. Kontext / Falling To Weightlessness
  10. MISSED CALLS EP
  1. Natural 9 Nation / 親不孝三十六房
  2. 嵐 / truth
  3. Ill Slang Blow’ker / BACK TO ILL
  4. RICARDO VILLALOBOS / VASCO EP PART 1
  5. Risky feat. Where Do We Go / エンドレスで、かまわない。止めるまで、DANCE空間。DANCE ORIENTED SPECIAL
  6. MELCHIOR PRODUCTIONS LTD. / Who Can Find Me EP
  7. NEWS / Happy Birthday
  8. BYETONE / PLASTIC STAR
  9. Kontext / Falling To Weightlessness
  10. TRG / MISSED CALLS EP

ここ2年くらいは、 ecrn award の方に投稿していたので、このブログには年間ベストについては書いてなかったんだけど、4周年の企画の時に過去の自分のベストを見直してみて、自分でもなかなか面白かったので、今年はちゃんと書こうかと思います。

んで、まずは今年よく聴いたシングルを10枚。

例によってこのブログで紹介したのが半分しかないのがなんなんですが、とりあえず N9N の1位は文句なし。久しぶりにヒップ・ホップらしいヒップ・ホップが堪能できた至高のシングル。2、3、4の充実振りは記事に書いた通り。5はフリー・ダウンロードの音源なんだけど、こういう感覚を常に忘れないからこそ、この人のファンはやめられないなぁ、と改めて感じました。6は地味ながら、今年最も美しさを感じたミニマル/テクノ。7は文句なしで NEWS の最高傑作。8は今年の raster-noton のダンス志向を最も分かりやすく表現していたという意味でも忘れられぬ1枚。9はダブ・ステップとミニマルの融合という点で、最も面白い回答の一つでした。シングル2枚同時発売で、どっちも良かったんだけど、1枚選ぶならこっちかな。10は最近のダブ・ステップのレイヴっぽい方向性の中でも、こういうのが増えたらいいなぁと。

簡単ですがこんな感じ。
一応今年の更新はコレで最後になります。明日は年間ベスト・アルバムについて書きたいと思います。

それではみなさん良いお年を。

BYETONE / PLASTIC STAR (raster-noton)12″

PLASTIC STAR
http://www.raster-noton.net/

思えば現在ミニマルと呼ばれているサウンドが、まだミニマルと呼ばれていなかった頃、つまりは(少なくともここ日本では)クリック・ハウスという呼称が一般的だったときというのは、 Basic ChannelStudio 1 を源流としたミニマリズムという見方よりも、エレクトロニカから派生したサウンドという印象が強かったように思うんだけど、その印象を決定付けていた Mille Plateaux が倒産してしまったせいなのか、以降こういった動きに注目が集まる事は少なかったように思います。
しかしミニマルが停滞の時期を迎え、周辺ジャンルとの壁がゆっくりと溶解している現在、エレクトロニカの代表レーベルである raster-noton から発表された素晴らしいシングルが本作。
重いキックが刻む変則的な四つ打ちのリズムを軸としながら、後半にいくにしたがって、うねりながら空間を埋め尽くしていくノイズが、とんでもない高揚感を生み出している。普段ミニマルを聴いている身からすると、音数、展開共にかなり多いんだけど、結局はすべてノイズに収束していくので、それほど違和感はないし、これほど素直にノイズとダンス・グルーヴを結びつけたものもあまり聴いた事がない(普段エレクトロニカ聴いてる人はどうか分かりませんが)。
参加したリミキサーも、お得意の荒々しい四つ打ちに置き換えた sleeparchive 、ぶつ切りのエレクトリック・ファンクに仕立てた alva noto 、インダストリアルなミニマルの dr walker と、いずれも素晴らしい仕事振りで文句なし。
12インチでは久々に大きな手ごたえを感じた作品です。

試聴