Detroit Swindle / Boxed Out (Dirt Crew) File

Detroit Swindle / Boxed Out (Dirt Crew)
https://www.facebook.com/dirtcrew

テストも兼ねて、下書きだけで放置してたの。

Lars Dales と Maarten Smeets によるオランダのユニット、 Detroit Swindle が3月に発表したファースト・アルバム。

揺らめくように音が入ってくる1曲目、 “B.Y.O.” なんかは如何にもなデトロイト・ハウスなんだけど、作品全体としては、殊更デトロイト色は前面に出しておらず、スッキリとしたディープハウス。
Mayer Hawthorne が滑らかな歌声を聴かせる “64 Ways” 、透明感のある上モノと鍵盤の絡みが美しい “Monkey Wrench” など、どの曲もよく出来てはいるんだけど、どうもこの人は曲のパターンに乏しくて、どれも横揺れのリズムにきれい系の上モノが入ってきて、さらに声ネタや鍵盤が乗っかる、みたいな曲ばかりなので、13曲聴いてるとさすがに飽きる。

まぁ上記したような要素って、大抵のハウスは含んでいるものとも云えるので、基本に忠実って事なのかもしれないけど、ファースト・アルバムなんだし、彼らなりの個性や冒険を聴きたかった。

“Detroit Swindle / Boxed Out (Dirt Crew) File” の続きを読む