Skream, Benga, Rusko, Funkystepz

ベースものでフリーの作品をいくつか。

Skream & Benga / Scion A/V Presents - Skream & Benga
『Skream & Benga / Scion A/V Presents – Skream & Benga』
アメリカの音楽サイト「Scion Audio Visual」で12月初旬に発表された、タイトルどおり Skream と Skream のスプリット盤(共作はなし)。
Skream って何だかんだでフリーの曲をしょっちゅうネットで見かける気がするんですが、 Benga に関してはリリース自体少なくなっているのでありがたい。
んでその Benga さん、ギターリフっぽいサブベースと、ギターソロのようにうなる “Any Steppers ” の方はロックっぽい珍妙な曲、 “Electro West ” は跳ねまくるドラムと扇情的なシンセが印象的な曲で、両方とも個性的。
一方 Skream の3曲はベースがうなるフロアトラックで、どれもかっこいいんだけど、彼のレベルからするとまぁ普通という感じかしら。
ダウンロード

『Skream / FREEIZM HISTORY』
んでこちらは Skream が昨年のクリスマスに発表した音源(ジャケットなし)。
タイトルから察するに昔の音源を含めた網羅的なものではないかと思うんだけど、実際以前を髣髴とさせるどっしりとしたベースラインの曲が多く、最近のベースがやたらとブリブリいうものより私はこういうものの方がやはり好き。時折入ってくるドラムンベースもいいアクセントになっている。
ダウンロード

Rusko / 2006 - 2010 remix collection
『Rusko / 2006 – 2010 remix collection』
Rusko が今まで手がけたリミックスをまとめた作品(発売したものとはミックスが違うみたい)。
Rusko ってダブステップ黎明期から活動しているプロデューサーの中でも露骨にポップに振れた人、ということであまり良い印象がなかったんだけど、今作は原曲のポップな要素を上手くダブステップに取り込んでいて、思ったよりもずっと楽しめた。思ったほどブロステップっぽくもなかったし。今年アルバム出るみたいなんで、今度はちゃんと聴いてみようかしら。
ダウンロード

Funkystepz / The ReFix EP
『Funkystepz / The ReFix EP』
ロンドンの3人組 Funkystepz が昨年末に出した EP 。
彼らについては赤西くんの盤(過去記事)にリミキサーとして参加していた以外は、 Hyperdub からリリースしていることくらいしか知らないので、てっきりダブステップなのかと思ったら、 UK Funky とか BassLine と呼ばれるタイプの曲がほとんど。なので軽快なダンスミュージックとして全然悪くないんだけど、私はこの手の曲ならもうちょっと BPM 早めの方がいいかしら。1曲だけやたらとベースがでかい “Bounce ReFix” とか好きだけど。
ダウンロード

JIN AKANISHI / TEST DRIVE (WARNER) CD

JIN AKANISHI / TEST DRIVE (WARNER)JIN AKANISHI / TEST DRIVE (WARNER)
http://jinakanishiusa.com/

2011年の KAT-TUN 脱退以降、やれ全米デビューだハリウッド・デビューだと、出てくる話がいちいち大きくて、その広げた風呂敷に果たして中身が入っているのか心配でならなかった赤西くんなのですが、予定よりは遅れたものの、とりあえず無事全米デビューシングルが発売されたということでまず目出度い。

しかし肝心の中身の方は、ラジオとかで聴いてるときには良いと思えたものの、ちゃんと聴いてみるとけっこう微妙・・・。

まず発売前から話題になった Jason Derulo 参加の表題曲だけど、ブラスっぽい音を使った勇壮なイントロが印象的な疾走感のあるダンス・ナンバーで、最近四つ打ちづいているアメリカのことを考えたならば、方向性としては妥当なところなのだろう。
しかしこうやってアメリカ基準のトラックに赤西くんの声が乗っているのを聴くと、正直迫力の面でも伸びの面でもヴォーカルが弱く、曲の勢いをそいでしまっている感が否めない。

以前 KAT-TUN にいるときは彼のヴォーカルを力強いものだと思っていたし、実際このブログでもそう書いてたと思うんだけど、例えはアレなのだが恋は盲目に近いものだったのが、いきなり現実を突きつけられたようで、これはなかなかに衝撃だった。

まぁ上の印象は、変にコーラス重ねたヴォーカル処理に起因する部分も大きいのだけれど、この曲が赤西くんの歌手としての魅力を伝えているとはいえず、これなら、こんな素人臭いヴォーカルの奴がよく全米一位とか取れたな、って感じの Jason Derulo の方が曲に合っているだけいくらかマシに思える。

一方カップリングには先のツアーで披露された曲から3曲収録されていて、変にアメリカの影響を受けすぎた地味な曲ではなく、ある程度聴きやすいキャッチーさを持った曲を選んだのは良かったと思うんだけど、こちらは逆にバックのトラックが変に引っ込んだ、やたらとヴォーカルが前に出たミックスになっていて、これはこれでバランス悪く不完全燃焼。

結局ヴォーカルが前面に出過ぎていても不自然じゃないミドル・バラードの “TIPSY LOVE” が、ほんわかした雰囲気が今の季節に合っているのもあり一番いいですかね。

まぁ彼の全米デビューに関しては期待していた部分も大きかったので、ハードルが自然と上がっていたのはあるんだけど、それでも啖呵きって KAT-TUN を飛び出したからにはきちんと結果を出してほしいので、もっと頑張ってほしいところなのですが、どうなんでしょう。ちょっと心配になってきた・・・。

“JIN AKANISHI / TEST DRIVE (WARNER) CD” の続きを読む