Luciano & Mirko Loco / Family EP (DESOLAT) mp3

Luciano & Mirko Loco / Family EP (DESOLAT)
http://www.desolat.com/

5番の Jay Haze (過去記事)から間髪いれずリリースされた6番は、 Luciano と元 LAZY FAT PEOPLE の Mirko Loco による共作。Luciano って CADENZA 立ち上げたばかりの頃は、出す曲ほとんどが誰かとの共作だったけど、何気に久しぶりですね。

Lucianot というと、何度も書くが transmat のコンピ『TIME:SPACE_02』に Lucien Nicolet 名義で参加していたような人で、方や LAZY FAT PEOPLE は Plane E からシングルを出している人達なので、この二組の相性が悪いはずもなく、当然のようにこのシングルも素晴らしい。

1曲目の “Serena” は、初期の Luciano に近いトラックで、繊細な上モノが幾重にも重なって美しさを奏でるディープ・ミニマル。しかし変則的なリズムの多く、ややリスニング向けだった初期 Luciano に比べ、しっかりとしたダンス・グルーヴを持っているのは流石。
続く “Liah” も、大枠では “Serena” と同系統の曲ながら、リズムの強度を増すことにより、また違った表情を見せいている。
3曲目のトライバルな “Mousa Big Band” はややありきたりかなという気もするんだけど、他の2曲が素晴らしいので全く問題ない。やっぱり現在のミニマルにおいて、 Luciano の才能が頭一つ抜きん出ている事を実感するシングルです。

試聴

LAZY FAT PEOPLE / SHINJUKU (wagon repair)12″

SHINJUKU
http://www.wagonrepair.ca/

border community から鮮烈に登場したものの、どうやら現在は解散してしまったらしい Lazy Fat People が wagon repair の17番に登場。この辺りから、人気が出てきたせいなのか、日本に入ってきた時にはすでに簡易ジャケットになっているものがあるので注意が必要なのですが、これも多分ジャケット付きのって日本にはあまり入ってこなかったっぽい。因みに私はテクニークにギリギリ1枚残っているのを買えました。

border community からのシングルは線の細いテック・ミニマルといった印象だった Lazy Fat People なんですが、今作では border community 以降の扇情的な感じと、 wagon repair のサイケデリック感を、アシッドなミニマルに絶妙に落とし込んだ曲で、なかなかに見事な作品。
とはいいつつも、個人的な好みからすると、漆黒のアシッド・ミニマルを聴かせる裏の “T.V.20” の方が好き。 wagon repair の中でも異色な曲ながら、こういうはめてく感じの曲には逆らえません。

Lazy Fat People - Shinuku / T.V. 20 - EP