FALSE / 2007 (m_nus) CD

FALSE / 2007 (m_nus)
http://www.m-nus.com/

Matthew Dear が別名義の False で2007年に発表したアルバム。以前Plus 8 からリリースしたアルバム(過去記事)はシングルの編集盤だったので、今作がファースト・アルバムということになるかしら。

元々False という名義は、 Matthew Dear が AKUFEN などからの影響を吐き出す為のものとして始めたと、以前インタビューで言っていたけれど(それは先の編集盤を聴くとよく分かる)、今作はジャケット同様味も素っ気もないディープ・ミニマル。

多分普段この手のミニマルに接していない人からすると、まるで何か苦行の類なのかと思えるほど、これといった展開もなく、何も起こらないまま淡々と進んでいく。しかしその最初から中盤辺りまでのゆったりとした流れを経て、それが後半大きなうねりへと変化するさまは、これぞテクノの真骨頂とでもいいたくなるほど素晴らしいもので、またその熱をゆっくり冷ますかのようにゆったりとした流れに引き戻す最終曲 “FORGETTING” も実に秀逸。

また何回も聴いてみれば、後半のグルーヴも、それまでのトラックも非常に丹念に作られていて、ただ機能的なだけではない、作品性の高いアルバムだというのがよく分かる。
流行り物のミニマルとは一線を画す、時代を問わず聴ける傑作です。

試聴

[続きを読む]

Wighnomy Brothers / Metawuffmischfelge (Freude-Am-Tanzen) CD

Metawuffmischfelge
http://www.freude-am-tanzen.com/

Robag Wruhme という人は、デビュー以来様々なタイプの曲をリリースしてきているわけですが、その中でも一貫しているのは、常にポップさを置き去りにしないということで、それはこの、 Monkey Mafia とのユニットである Wighnomy Brothers での、初のミックスCDでも変わらない。

1曲目からいきなり、 Matthew Dear が False 名義で出した “Fed On Youth” という、かなりディープなミニマル・トラックなんだけど、そこに元 Dead Can Dance の Lisa Gerrard が幽玄な歌声を聴かせる “Come Tenderness” という曲を乗せることで、あれだけ無機質に思えたトラックから、悲しみにも近い情感を引き出していて、まず驚く。

そしてその美しい余韻を残したまま、いくつかのトラックを経た後の、 Agoria による “Les Violons Ivres” の、あまりにも優美なストリングスが鳴り響いて以降、ほとんどの曲に明確なメロディが存在していて、それらがたゆたうようにゆるやかに、しかし確実に紡がれていく美しさを追いかけているだけで、気がつけば1時間強が終わっている。

中でも、個人的には昨年のベスト・リミックスだった、 Stewart Walker の “Fernbank 91” (過去記事)の Robag Wruhme によるリミックスをクライマックスとした、後半の美しさは筆舌に尽くしがたい。

はっきりいってノリのいい物を求めている人には不向きだと思うし、何か画期的な手法がとられているわけでもない。でもそんな不満などものともしないような美しさがあるのも間違いない。久々に Robag Wruhme の作家性に感服した大傑作。

視聴
amazon.co.jp

V.A. / Ghostly Swim (Ghostly International)mp3

http://ghostly.com/
http://ghostly.com/

このブログでは何度も紹介している Spectral の、親レーベルである Ghostly International と、アニメチャンネルである Adult Swim との共作によるフリーダウンロードのコンピレーション。
どうやら全部が全部 Ghostly 所属のアーティストじゃないみたいなんだけど、基本はやっぱり IDM/エレクトロニカ。総じてクオリティは高いんだけど、2,3分台の小作品がほとんどなせいか、印象に残るのが少ないというのが正直なところ。
しかしそんな中で抜群の冴えをみせるのが Osborne で、ねっとりとした四つ打ちのリズムにヴォコーダー・ヴォイス、そしてハンド・クラップに上モノの哀愁のメロディと、全てが定石通りにも思えるスロー・ファンクながら、絶妙な落とし所によって見事に古臭さを回避している。こんなもの聴かされたら、間もなく出るアルバムへの期待が弥が上にも膨らみますわ。

ダウンロード
“V.A. / Ghostly Swim (Ghostly International)mp3” の続きを読む

MATTHEW DEAR / ASA BREED (Ghostly International)2LP

ASA BREED
http://www.ghostly.com/

最近レコ屋に行くと、ジャケットの水着のおねえさんにつられて、 HOUSE NATION のアナログを買いそうになってしまうのは私だけでしょうか。
すいません、私だけですね。

すっかり別名義の Audion での活動がメインになるものだと思っていたところに、けっこう唐突に届けられた Matthew Dear の、この名義では前作『BACKSTROKE』から3年ぶりとなる新作。
とはいっても、その間に Audion 名義でアルバムやミックスCD、それに多数のシングルを出していたから、待たされた感じは全然ないんだけど、ダンス・トラックばかり量産していた反動なのか、テクノというよりは、どちらかというとエレクトロ・ポップと呼びたいような曲ばかりになっています。
でもこの人に関しては本名名義のときは、ヴォーカルを含めポップな要素を積極的に取り入れていたので、それほど以外ではないんだけど、さすがに全曲ヴォーカル曲になるとは思いませんでした。
そして当然のように内容も幅の広いものになっていて、ビートの多様性は(四つ打ちの曲だとしても)過去の比じゃない。今までになくベースが重い “FLEECE ON BRAIN” に、よく聴くと軽めのベースがおかしな事になってる “ELEMENTARY LOVER” 、短いながらもヴォーカル含め相当病的な “WILL GRAVITY WIN TONIGHT?” など、トラックだけ聴いてもかなり楽しめる。
さらに沈み込むようなギターのストロークから、キャッチーな歌メロで曲の表情を変えていく “GOOD TO BE ALIVE” や、中盤の軽やかなエレポップなど、以外にイイ曲も多い。それにアコギの弾き語りみたいのまで飛び出すとは思わなかったし。
まぁそうなってくると、御本人のヘタウマなヴォーカルはちょっとどうなのかなと思わなくもないんだけど、この素っ頓狂なヴォーカルのおかげで実験性と大衆性の両立が取れてる感じもするので、まぁいわないことにしておこう。

Matthew Dear - Asa Breed
amazon.co.jp

Audion / Noiser/Fred’s Bells (Spectral) MP3

Audion / Noiser/Fred's Bells
http://www.spectralsound.com/

なんでか知らないけど来月発売の Matthew Dear の新作『Asa Breed』が iTunes Store で買えるようになってますねicon(クリックすると iTunes 立ち上がります)。ということで視聴してみたんだけど、以前に比べずいぶんとポップになっていて、いやぁ、これはちょっと問題作かも。
しかし Audion 名義での作品は変わらずフロア仕様なので、これは本人名義との差を明確にしたかったということなのでしょうか。

これはその Audion 名義では現時点での最新作となるシングル。私は節約のために iTunes で買いました(話は逸れるんだけど、iTunes で10分以上の曲になると妙に値段設定が高いのはどうにかならんのかね。短い曲は安くしないくせして!)。 Audion 名義のときの特徴といえば、なんといってもビキバキブリブリ、かつサイケデリックな上ものだと思うんだけど、それは今作でも同じ。でも以前に比べるとここ何作かのシングルってどうもリズムが淡白に感じられて面白くないんですよね。個人的に『EP 1』(過去記事)の頃からリズムの作りを評価してただけに少し残念。まぁ次作に期待しときます。

Audion - Noiser / Fred's Bells - Single
[Tracklist]