V.A. / hub solo & collabo 2006-2008 (op.disc) 2CD

V.A. / hub solo & collabo 2006-2008 (op.disc)
http://www.opdisc.com/

最近仕事の方が忙しくなってきて、全然音盤消化する時間がなくてネタが尽きてきたというか、更新するのが本気で辛くなってきたので、過去盤引っ張り出しての軽めの音盤紹介が続くと思います。

ということで東京のレーベル op.disc が2008年に発表した2枚目のコンピレーション。

2005年に発表された1枚目のコンピレーションは、それまでに発表されたシングルの曲を、単独作と共作に分ける形で収録していましたが、それは今作も同様(前作は1枚組みだったのでディスクが分かれていたけど、今作は前半後半で別れてる、っていう違いはあるけど)。ただ前作が比較的名の知れたアーティストが多かったのに対して、今作は Akiko Kiyama や ditch など若いアーティストが多く、そういった意味では現在の op.disc の方向性の原点ともいえるものになっている。

内容の方はというと、ミニマルと呼ばれる音楽の中でも、さらに素っ気ない曲が目立った前作に比べ、今作は比較的音数の多い曲が多く、多少は聴きやすくなっている。ただもちろん分かりやすい歌メロがあるだとか、派手な展開だとかはないのだけれど、様々な音をカットアップしたような Nap の “Sbx” を筆頭に、ユーモアの感覚があって面白い。

またそのコンピよりも聞き物なのが、 Den がレーベル音源のみを使用したミックスを収録した2枚目。
ミニマルというのがレーベルの主題の一つになっているので、上記したようにリリースされる曲は基本的に分かりやすさが排除された素っ気ないものが多いのだけれど、ミックスされる事によって単体では感じられなかった面が色々と聴こえてきて面白いし、同時にこのレーベルの機能性の高さも実感できて、単純にミックスとしても秀逸。
この後に出た3枚目のコンピにはミックスが付いてなかったんだけど、またこういうのが聴きたいわん。

“V.A. / hub solo & collabo 2006-2008 (op.disc) 2CD” の続きを読む