V.A. / hub solo & collabo 2006-2008 (op.disc) 2CD

V.A. / hub solo & collabo 2006-2008 (op.disc)
http://www.opdisc.com/

最近仕事の方が忙しくなってきて、全然音盤消化する時間がなくてネタが尽きてきたというか、更新するのが本気で辛くなってきたので、過去盤引っ張り出しての軽めの音盤紹介が続くと思います。

ということで東京のレーベル op.disc が2008年に発表した2枚目のコンピレーション。

2005年に発表された1枚目のコンピレーションは、それまでに発表されたシングルの曲を、単独作と共作に分ける形で収録していましたが、それは今作も同様(前作は1枚組みだったのでディスクが分かれていたけど、今作は前半後半で別れてる、っていう違いはあるけど)。ただ前作が比較的名の知れたアーティストが多かったのに対して、今作は Akiko Kiyama や ditch など若いアーティストが多く、そういった意味では現在の op.disc の方向性の原点ともいえるものになっている。

内容の方はというと、ミニマルと呼ばれる音楽の中でも、さらに素っ気ない曲が目立った前作に比べ、今作は比較的音数の多い曲が多く、多少は聴きやすくなっている。ただもちろん分かりやすい歌メロがあるだとか、派手な展開だとかはないのだけれど、様々な音をカットアップしたような Nap の “Sbx” を筆頭に、ユーモアの感覚があって面白い。

またそのコンピよりも聞き物なのが、 Den がレーベル音源のみを使用したミックスを収録した2枚目。
ミニマルというのがレーベルの主題の一つになっているので、上記したようにリリースされる曲は基本的に分かりやすさが排除された素っ気ないものが多いのだけれど、ミックスされる事によって単体では感じられなかった面が色々と聴こえてきて面白いし、同時にこのレーベルの機能性の高さも実感できて、単純にミックスとしても秀逸。
この後に出た3枚目のコンピにはミックスが付いてなかったんだけど、またこういうのが聴きたいわん。

“V.A. / hub solo & collabo 2006-2008 (op.disc) 2CD” の続きを読む

DARTRIIX / DARTRIIX (op.disc) CD

DARTRIIX / DARTRIIX (op.disc)
http://www.opdisc.com/

田中フミヤと半野喜弘によるユニット、 DARTRIIX の2007年発表の1枚目のアルバム。

このアルバムに関しては、以前書いたように、自分の中での評価はそれほど高くなくて、田中フミヤのミニマルな部分や硬質さと、半野喜弘の有機的な部分が融合している、というのは分かるんだけど、かといってそれが化学反応を起こしてより面白味が増しているか、というと、それはあまり感じないかな、というのが正直なところで、それは久し振りに聴いてみても変わらなかったかなと。

まぁそれだけにこれ一回こっきりでユニットが継続していないのは残念。っていうかそもそもこの二人の絡みが最近少ない気がするんだけど、どうなんだろう。ケンカとかしてなきゃいいけど。

DARTRIIX - DARTRIIX

“DARTRIIX / DARTRIIX (op.disc) CD” の続きを読む

AOKI takamasa / PARABOLICA (op.disc) CD

AOKI takamasa / PARABOLICA (op.disc)
http://www.opdisc.com/

もう一つ op.disc 。2006年に出た、AOKI takamasa にとって多分4枚目のアルバム。

四つ打ちという容器の中に、限界ギリギリまでブレイクビーツという液体を注いだようなアルバム。そのふちから液体がこぼれるかこぼれないか、そのスリルを追いかけているだけで、全10曲があっという間に終わる。
発売から2年経った今でも、このアルバムを越えるどころか、フォロワーさえも現れないという意味では、田中フミヤの『UNKNOWN POSSIBILITY Vol.2』にも匹敵する、真にオリジナルな傑作。今聴いてもその輝きはいささかも鈍っていない。

Aoki Takamasa - PARABOLICA
amazon

Ditch / ditch weed (op.disc) CD

Ditch / ditch weed (op.disc)
http://www.opdisc.com/

ついでなんで、2007年に出た ditch のアルバム。

とはいっても、以前書いたシングル(過去記事)とそれほど印象が異なる盤でもないので、特別書くこともないんだけど、彼の作り出す音のふくらみと、音使いの多彩さは、このアルバムの方が分かりやすいかなと。
あとこの人は「溜め」と「ズレ」の使い方が非常に上手いですね。その辺りがとても効果的な “Rap” はかなり好きな曲です。

Ditch - ditch weed
amazon

DARTRIIX / DARTRIIX EP.2 (op.disc) 12″

DARTRIIX / DARTRIIX EP.2 (op.disc)
http://www.opdisc.com/

田中フミヤと半野喜弘によるユニット、 DARTRIIX の2枚目のシングル。これも本当なら昨年のアルバムの発売前に出るはずが、リリースが今年にずれ込んだヤツですね。

その昨年のアルバム『DARTRIIX』は、まぁ回数それ程聴いてないのもあるんだけど、自分的にはイマイチピンとこない作品だったんですが、このシングルは3曲ともひたすらカッコいい。
中でも一番いいのがアルバムからのカットとなる “Superposition” 。アルバムのバージョンでは比較的トライバルな色が前面に出されていたけど、このシングルではアルバムよりも4分以上も長い11分の長尺曲になっており、シンプルなビートから始まり、徐々に様々な音が足されていくので、その音世界が変容する様をじっくりと味わうことが出来る。ではその分地味なのかというとそんなこともなく、軸となるリズムが非常に屈強なので即効性も強い。後半に出てくる、ちょっと mathew jonson を思わせるオリエンタルなメロディもナイスです。
残りの2曲も漆黒のミニマル・トラックといった感じで、派手さはないものの、 DARTRIIX の硬派な面を味わう曲としては申し分なし。

確か彼らはもう1枚シングルのリリースがあるはずなので、そちらの方も楽しみに待ちたいところです。

DARTRIIX (RADIQ & Fumiya Tanaka) - DARTRIIX EP.2 - EP

ditch / precede me ep (op.disc) 12″

ditch / precede me ep (op.disc)
http://www.opdisc.com/

今でこそ日本もミニマル/クリックがテクノの主流といった感じですが、2000年代前半の、それこそ『clicks & cuts』の頃とかって、日本での反応って結構冷ややかなものだった印象があります。しかしそんな中でも作品を発表している人というのは少ないながらもいて、 vauxhall 44 なんかは日本人としてはかなり早い段階でアルバムを出していた人だと思うし、 MONTAGE も別名義の BERGBAHN でミニ・アルバムを出したのも、比較的早い時期だったのではないかと記憶しています。そしてその少しあとに Nao Tokui の『MIND THE GAP』があったりするわけなんですが、そのどれもが日本のトラック・メイカーにありがちな音の細さを感じさせるもので、正直クラブ・トラックとしては非常に物足りないものでした。

まぁ日本人の作るトラックは線が細い、というのは、それこそテクノとかヒップ・ホップ聴き始めた時からずっと思ってたことではあって、だからこそ、 ditch の初のアナログ・リリースだった『Kimidori EP』の、海外のものと比べても全く遜色のない、見事な音作りを初めて聴いた時は結構衝撃的でした(まだ海外からリリースするミニマル系の日本人って少なかったしね)。

そんなことがあったんで、自分の中では ditch というのはなかなか印象深い人なんだけど、『Kimidori EP』でのミニマルさとはまた別の魅力を、彼は op.disc ではみせてくれているように思います。

ということで前置きが長くなりましたけれども、昨年のアルバム『ditch weed』からのアナログ・カット。当初の予定だとアルバム発売前に出るはずだったんだけど、なぜか1年遅れてのリリースになります。

デビュー時から一貫している、柔らかいキックの質感はそのままに、非常に多くの音を用いながらも、それをすっきりと、しかしふくらみのある音に仕上げているのはアルバムと一緒。しかし、細かく刻むベースと不穏な上モノでもって、高い緊張感を持続させる “oaob4” 、しなるようなリズムが非常にダンサブルな “jap” 、微妙な音のずれによってファンキーなグルーヴを作り上げている “found” と、どの曲も素晴らしかったアルバムに負けず劣らずの質の高さ。
そしてもう1曲、アルバムの冒頭を飾っていた “mysterious hoze” が収録されていて、まぁアルバムのヴァージョンを全く同じではあるのだけれど、この曲は何度聴いても名曲。彼の作品の中でもかなり音数の多いリズムの上で、深く響き渡るピアノの音と、ヒラヒラと舞い踊るようなギターの対比が素晴らしくて、何回聴いても全く飽きさせない。

まぁあえて難をいうならば、アルバムの世界と同一すぎる気もするんだけど、元々アルバムの先行シングルの予定だったんだから、それはしょうがないというものでしょう。あとは確かもう1枚シングル出す予定だったはずなので、そちらも早く出してほしいところですが。

Ditch - precede me - EP

DARTRIIX / DARTRIIX EP. 1 (op.disc)12″

DARTRIIX / DARTRIIX EP. 1
http://www.opdisc.com/

以前から WordPress のカテゴリーの順番を後から並べ替えられないものかと思ってたんだけど、検索で見つけた WordPressメモ さんで紹介している Category Order というプラグインを使ったらあさり解決。いやはや助かりました。

結局昨年リリース予定になっていたものの半分くらいが未だ出ないままな気がする田中フミヤですが、ようやく噂の Radiq こと半野喜弘とのユニットのシングル。
音の方は基本ミニマルながらも比較的音数は多くて、さらに音の感触も丸みを帯びたものが多く、半野喜弘の色のほうが濃いかな。しかしグルーヴは硬質なテクノそのもので、確かに二人ならではの音にはなってますね。
多分タイトルが『EP. 1』になっているので、秋口にもう1枚シングルきって、その後纏めてCDアルバム化。その後「showcasehub」でお披露目ライヴ、みたいな流れでしょうか。

視聴
[Tracklist]

Akiko Kiyama & yoshiki(op.disc)12″

opdisc07a.jpgopdisc07b.jpg
opdisc05a.jpgopdisc05b.jpg
opdisc04a.jpgopdisc04b.jpg
opdisc03a.jpgopdisc03b.jpg
opdisc02a.jpgopdisc02b.jpg
opdisc01a.jpgopdisc01b.jpg
http://opdisc.com/

え~と、なんとなく急に並べてみたくなったので。

つい最近、個人的には待望といった感じの Akiko Kiyama のリリースがありましたが、これもやっぱり後々CDに纏められちゃうんですかね。なんかそうすると購買意欲が失せるのが正直なところ。
でもこの後田中フミヤ半野喜弘のアルバムが出るし、青木 孝允も秋ぐらいにアルバム出すみたいなので楽しみにしておきましょう。
この次は誰かなぁ~。

今年の愛聴盤でも。

なんか有休終わってから始めたバイトが忙しすぎて更新全然出来ませんでしたね。でもそれももう辞めたんで来年はどうしましょうかねぇ・・・。
で、一応今年最後の更新なんで個人的な年間ベストでも。とはいっても買い逃したもの、聴いてないものが山盛りなのでワリと適当ですが・・・。

AwakeTHE CIRCLE HC4400.jpg image 1.bmp HJ4866.jpgMusique Pour 3 Femmes...夕凪LOOP(初回限定盤) _normoton_13__andreas_heiszenberger_-_drum_and_bass.jpg HJ6639.jpg mfp016.jpg

  1. L’Arc~en~Ciel / awake
  2. B’z / THE CIRCLE
  3. V.A. / hub solo&collabo 2004-2005
  4. Fexomat / AbletonLive5mix
  5. Jichael Mackson / Breitling orbiter 8
  6. marc leclair / musique pour 3 femmes enceintes
  7. 坂本真綾 / 夕凪LOOP
  8. Andreas Heiszenberger / Drum And Bass
  9. ALEX UNDER / DISPOSITIVOS DE MI GRANJA LP
  10. Dapayk & Padberg /Close Up

それにしても何がひどいって、この10枚のうちの半分もここで紹介していないんですね。自分がいかにいい加減か分かります。

今年って豊作だった去年に比べると小粒な印象があったんだけど、いざ選んでみるとなかなかいいアルバムが多かった気がします。そのなかでも回数を比較的聴いて、それでいて評価したいという気持ちにさせられてアルバムを選びました。そんなわけでまだあまり聴き込んでいない Neil Young 中島みゆきは外しました。

んで、こうやって10枚並べてみると自分は結局テクノとJポップしか聴いていないというのがよく分かりますね。
そのテクノに関してはクリック・ハウスが中心になるんだけど、今年目立った動きとしてはジャンルの壁が溶解し始めたということでしょうか。それはハード・ミニマルにおいては nummer が、プログレッシヴ・ハウスにおいては border community という、それぞれのレーベルが垣根を低くする動きの中心になったと思うんだけど、それぞれアルバムという形では結実しなかったので何も選べず。そんななか選んだアルバムは、それらの動きとある程度の距離を置きながら自分のやりたいことをやったアルバムといった感じ。因みに Jichael Mackson のはシングルなんだけど、両面合わせると40分を越す大作なので無理やりぶち込んだ。

あと4位の Fexomat は Digiphonia さんで紹介されてたMP3音源。Ableton Live を使ったメタルのミックスなんだけど、リズムの殆どが高速ブレイク・ビーツやブレイク・コアに差し替えられていてかなり燃えます。

あと op.disc のは、内容的には1位でもよかったんだけどコンピなんでこの順位。

そんでもって上位の2枚は、ベテランともいえるキャリアを築きながらも前進しようとする意思と、自分の信念を曲げない力強さと、それを独りよがりではなくチャートのど真ん中に落とし込もうとする気概に満ちた素晴らしい作品でした。

そうはいっても昨年のような新世代を感じさせるアルバムが特に無く、期待していた人が期待通りのアルバムを出したという感じで、やっぱり少し物足りないかなぁ。でも、過ぎた事を言っても仕様が無いので来年に期待しましょう。
まぁ、人のこという前に新しい仕事探さなきゃなんでけどね。
ではでは、来年も宜しくお願いします。

Fumiya Tanaka/RADIQ a.k.a. Yoshihiro HANNO /op.disc 001(op.disc)12″

HJ5173.jpg
http://www.opdisc.com/

最近メジャーな人の音盤紹介が続いていたので久々に12インチでも。
以前FADER誌で予告されていた田中フミヤ半野善弘によるop.discがやっと始動してその第1弾。田中フミヤと半野喜弘の曲が1曲ずつにお互いのコラボ曲が1曲ずつという構成。
当然こちらとしてはクリック系を期待してしまうわけですけれども、そんなでもないね。っていうか田中フミヤってDJではクリック・ハウスもプレイするけど、今まで自分の作品でモロにクリックなのってそんなにないんですよね。今作も『Floor.People.Tension Ep』と地続きなスカスカなミニマル・テクノ。でも音数は少なくても音自体が太いので非常にグルーヴィ。2曲とも少しレゲエっぽいのが新味でしょうか。
で、クリック系期待するならRADIQ(半野義弘)の方がお勧め。プチプチというノイズの上で鳴るジャジーな上ものが美しい逸品です。一転田中フミヤとのコラボ曲はかなりドープ。これもレゲエの影響がちらほら。
あとは順調にリリースを重ねてくれることを祈るばかりなのですが、ちょっと不安なのは私だけでしょうか・・・。