V.A. / Cadenza CONTEMPORARY 01 & CLASSICS (CADENZA) 2CD


http://www.cadenzarecords.com/

Luciano が主催するレーベル、 Cadenza の初となるコンピレーションと、レーベル音源を使ったミックスの2枚組み。2007年リリース。

最近のパーカッシブ・ミニマル(ちょっと落ち着いてきたかな?)とは似て非なる、このレーベルの音楽的な部分と、ゆっくりと景色が流れていくような感覚というものが、こうやってレーベル・コンピとミックスCDという形になるとよく分かって、しかもそれがとんでもなく素晴らしいという、まことにもってコンピのお手本のような傑作。

なんだけれども、あえて不満を書けば選曲の部分で、コンピのほうはカタログ番号1から6まで、ミックスの方は16から22番くらいのものが使われていて、個人的に好きな8、9、11あたりがすっぽりと抜け落ちているんですよね。
まぁその辺は次のコンピに入るんだろうから、いいんだけどさ。

あとコンピの3曲目は “Extension” じゃなくて “Oregon” ですね。

“V.A. / Cadenza CONTEMPORARY 01 & CLASSICS (CADENZA) 2CD” の続きを読む

Quenum / The World Of Alma EP (TOYS FOR BOYS) mp3

Quenum / The World Of Alma EP (TOYS FOR BOYS)
http://www.toysforboysrecords.com/

Luciano との共作『Orange Mistake』で華々しくデビューしたわりには、リリースが少ないせいか最近ではすっかり地味になってしまった感じの Quenum こと Philippe Quenum さんの限定シングル。

なんでもチャイコフスキーの “くるみ割り人形” の “こんぺいとうの精の踊り” をネタにした曲なんだそうで。
しかしクラシックに疎い私には、原曲がさっぱり分からないのですが、まぁこの曲はそんなの関係なしになかなかの佳作。

Quenum らしいどっしりとしたキックを軸に、水晶を思わせる音色が奏でる物憂げなメロディ(これが “くるみ割り人形” なのかな)が乗ってきて、あとはパーカッションが加わるだけという、けっこうシンプルなトラック。しかし何度かの展開を経て、徐々に厚みを増していくリズムがカッコよくて、ネタに頼らないしっかりとした作り込みに好感が持てる。

まぁネタモノとして考えた場合、それほどのインパクトは望めないとは思うんだけど、その分飽きもこないんじゃないかしら。

試聴

num RECORDS

NUM001
QUENUM / LEE VAN DOWSKI
INVISIBLE EP
NUM002
LEE VAN DOWSKI
MY MISSING TOYS
NUM003
MIRWEIS SANGIN
GUILTY / NOT GUILTY ep
NUM004
QUENUM
RIO GRANDE ep
NUM005
LEE VAN DOWSKI & QUENUM
THE JOINT ECHO ep
NUM006
LEE VAN DOWSKI
THE DARKENED COMPONENT ep
NUM007
CHATON + HOPEN
DREAMING SURFACES
NUM008
DARIO ZENKER
MAKE UP ep
NUM009
BUTANE
Visualize the Path
NUM010
LEE VAN DOWSKI
The Last Bounce EP
NUM011
VARIOUS
THE JOINT ECHO ep REINTERPRETATION
NUM012
DENIS KARIMANI
AGITATIO ep
NUM013
EXERCISE ONE
WHERE IS MY KEYBOARD? EP
NUM014
DACHSHUND
THE FLOATING JESUS EP
NUM015
DARIO ZENKER
SEVERAL EP
NUM016
THE CAKE
AT THE DEEP END EP
NUM017
DACHSHUND
EFT EP
NUM018
LEE VAN DOWSKI
THE LAST BOUNCE REMIXES
NUM019
LAD & DAVE THE HUSTLER
ERA BULGARIS
num ltd 01
nope
FUGUE
num ltd 02
RIPPERTON & SHE DJ MASAYA
LONG DISTANCE ep
num ltd 03
MIKE SHANNON
STAIRWAYS ep
num ltd 04
RIPPERTON & AGNES
ZEITGEIST ep
num ltd 05
PHIL KIERAN / DACHSHUND
TRIPLE CROWN SPLIT ep
num ltd 06
ALEX ATTIAS
num ltd 07
LIVIU GROZA
PINK SUIT THRILLER ep

Quenum / Acalanto (ORAC)12″

Acalanto
http://orac.vu/

ORAC といえば Bruno Pronsato が主宰するレーベルなわけですが、個人的にはむしろ、 Twerk がマスタリングを担当しているレーベルという印象の方が強い。しかし、しばらくこのレーベル買ってなかったら、いつのまにかマスタリング違う人になっちゃってるのね。まぁマスタリングがどうとか言えるほどいい耳持っちゃいないんだけど、 Twerk の名前を最近聞かないだけに残念です。

ということで Orac には初登場の Quenum さん。彼は比較的ハードなミニマルをリリースすることが多い人だけど、今作はたゆたうようなメロディとパーカッションが絡み合う曲。つまりはめちゃくちゃ Cadenza っぽくて、だったら素直に Cadenza からリリースした方が良かったのではなかろうか。とはいっても出来が悪いわけでは決してなく、他のミニマルに比べて、曲が進みにしたがってどんどん要素が足されていくのが逆に面白い。ここにいつも彼が作るトラックのようなハードさが加わるともっといいんだけど、それは無いものねだりというものか。

Quenum - Acalanto - EP

Cadenza

http://www.cadenzarecords.com/

CADENZA01
Luciano & Quenum
CADENZA02
Lucien-n-Luciano/Pier Bucci
CADENZA03
Quenum and Lee Van Dowski
EXTENSIO
CADENZA04
Luciano & Serafin
Funk Excursion
CADENZA05
nsi.
non standard institut.
CADENZA5.5
nsi.
non standard institut. clara ghavami extended
CADENZA06
Luciano
CADENZA07
Digitaline
CADENZA08&10
Ricaedo Villalobos
ACHSO
CADENZA09
Luciano
Yamore Remix
CADENZA11
Thomas Melchior & Luciano
CADENZA12
PIKAYA/ANDOMAT 3000 & JAN
CADENZA13
Loco Dice
HARISSA
CADENZA14
DIGITALINE
ANTICLOCKWISE
CADENZA15
ANDOMAT 3000 & JAM
CADENZA16
MICRO MUNDO
ARGENIS BRITO
CADENZA17
PIKAYA
KAMBRIUM
CADENZA18
madre tierra
ALEJANDRO VIVANCO
CADENZA19
DIGITALINE
HONOLULU
CADENZA20
Petre Inspirescu
TIPS
CADENZA21
LUCIANO
Etudes Electroniques
CADENZA22&25
RHADOO
DOR MIT ORU
CADENZA23
Schneider, Galluzzi, Schirmacher
Albertino And Nora P
CADENZA24
REBOOT
Be Tougher
CADENZA26
Los Updates
First If You Please The Remix Part 1
CADENZA27
Alex Picone
Furby Floppy EP
CADENZA28
Los Updates
First If You Please The Remix Part 2
CADENZA29
Melchior Productions Ltd
Who Can Find Me EP
CADENZA30
Digitaline
Tapadaka
CADENZA31
Argenis Brito
Imminent
CADENZA32
Michel Cleis & Salvatore Freda
Uva Fragolina
CADENZA33
Ernesto Ferreyra
Siluetas
CADENZA34
Michel Cleis
La Mezcla
CADENZA35
Miguel Toro
El Device
CADENZA36
Luciano & Guy Gerber / Lee Van Dowski & Glimpse
Versus
CADENZA37
Gavin Herlihy
26 Miles
CADENZA38
Mirko Loko
Seventynine
CADENZA39
Cesar Merveille & Pablo Cahn-Speyer
Descarga
CADENZA40
Felipe Venegas Y Francisco Allendes
Llovizna
CADENZA41
Mendo
Remember
CADENZA42
Luciano
Tribute To The Sun
CADENZA44
Frivolous
Couples Therapy
CADENZA45
Mirko Loko
Seventynine Remixes
CADENZA46
Mendo
Encantos
CADENZA47
Dani Casarano & Felipe Valenzuela
La Tulipe EP
CADENZA48
Gavin Herlihy
Back Burner
CADENZA49
Lucien–N–Luciano
Cuidad De Luz
CADENZA50
Reboot
Rambon EP
CADENZA51
Reboot
Shunyata
CADENZA52
Robert Dietz
Home Run
CADENZA53
VARIOUS ARTISTS
SPLIT EP
CADENZA54
Michel Cleis
Un Dolce
CADENZA55
Digitaline
Okoubaka
CADENZA56
Ernesto Ferreyra
El Paraiso De Las Tortugas
CADENZA57
Tolga Fidan
Ballads
CADENZA SPLIT COMPOSITION 001
LUCIANO
No Model No Tool
CADENZA SPLIT COMPOSITION 002
Alexkid
Dubs and Echo Tales

LEE VAN DOWSKI & QUENUM/AS TOLD ON THE EVE OF…(SOMA)2LP

LEE VAN DOWSKI & QUENUM/AS TOLD ON THE EVE OF...
http://www.somarecords.com/

Cadenza からの12インチ(過去記事)で一躍脚光を浴びたコンビによる初アルバム。とはいっても Lee Van Dowski の方は単独ですでにアルバム出してますが。
この二人はそれ以降も Num 立ち上げたり、他にもなにかと結びつきが強かったのでアルバム出すのは特に驚きはしなかったんだけど、それが Soma からのリリースというのはちょっと意外かも。しかし聴いてみれば Soma から出るのも納得という感じ。

最初このコンビのアルバムが出ると知ったとき、どちらかというと Quenum のハードでトライバルな路線を期待していたんだけど、実際は Alex Smoke なんかに近いどこかノスタルジックながらも覚醒感のあるミニマル・テクノ。しかし Luciano からの影響を感じさせながらもリズムが非常に作りこまれていて、どっしりと太いキックを軸に置きながらも細かいリズムがさらに散りばめられていて、そこに上モノが絡んだときのグルーヴの完成度はかなりのもの。

最近アルバムとなるとホーム・リスニング主体の作品を作る人が多いけど、これは完全にダンス・トラックとして作られていて実に爽快。まぁ欲をいえば曲をもっと長くしてほしかったけど。

視聴
amazon で見る
“LEE VAN DOWSKI & QUENUM/AS TOLD ON THE EVE OF…(SOMA)2LP” の続きを読む

V.A. / TALES OF UNREST (imploz) CD


http://www.imploz.com/

スイスやジュネーブ周辺のアーティストを集めたというミニマル・ハウスのコンピ。個人的に昨年のベスト・シングルだった『EXTENSION』のQuenumとLee VAN Dowskiのコンビ以外は知らない名前ばかりなんだけど、この手のコンピとしてはかなり水準は高い。幻想的なシンセが美しい曲やベーチャン風のもの、疾走感のあるトライバル・ハウスなど音楽性にはそれなりの幅があるものの、安易な分かりやすさを排除したトラック群はかなり地味なんだけど、その分よく練りこまれていてまさにミニマルな魅力に溢れています。フロアにもリスニングでも両方いける好コンピ。

Quenum and Lee Van Dowski / EXTENSION (Cadenza) 12″


http://www.cadenzarecords.com/

ルチアーノのレーベルからの3枚目は名作『オレンジ・ミステイク』をルチアーノと共作したフィリップ・クワナム(とLee Van Dowskiって人は名前始めて聞く)。
一聴するといかにもクリック・ハウス然としたピキパキした上ものが乗っているんだけど、他の凡百のものと比べるとはるかにグルーヴィーで、リズムが上ものを追いかけてるような印象さえする。これでも十分かっこいいのに中盤のブレイクの後、ハードミニマルのようなへヴィなリズムが入ってくる。そのさまは正に圧巻。久々にサージョンとか聴きたくなった(彼もずいぶんとご無沙汰ですよね)。
“Quenum and Lee Van Dowski / EXTENSION (Cadenza) 12″” の続きを読む