Black Sheep Wall / No Matter Where It Ends (Season of Mist) CD

Black Sheep Wall / No Matter Where It Ends (Season of Mist)
http://www.season-of-mist.com/

カリフォルニア出身のメタル・バンドが2012年に発表した(多分)セカンド・アルバム。

彼らのスタイルは所謂スラッジと呼ばれるドゥーム・メタルの一種みたいだけど(実はここら辺よく分かってない)、地を這うようなギター・リフと、ハードコアっぽい咆哮のようなヴォーカルは、非常に重苦しい。
しかし長尺の曲中心に、後半にいくにしたがってノイズ成分が増えていくのが、まるで混沌に沈殿していくような深みがあり、メタル的な展開とは一線を画した面白さがある。

まぁ逆にいうとメタルのキメキメな感じを期待すると肩透かしなのだが、メタルだけにとどまらない、越境的な魅力を持った作品だ。

No Matter Where It Ends (feat. Jay Howard) - Black Sheep Wall

“Black Sheep Wall / No Matter Where It Ends (Season of Mist) CD” の続きを読む

Dodecahedron / Dodecahedron (Season of Mist) CD

Dodecahedron / Dodecahedron (Season of Mist)
http://season-of-mist.com/

オランダのブラック・メタル・バンドが2012年春に出したデビュー・アルバム。

昔はブラック・メタルというと音が劣悪なのが当然、みたいな感じだったんですが、今作は非常に抜けのいいすっきりとした音になっていて、それだけでかなり現代的な印象を与える作品になっている。

また曲の方もブラック・メタル的なおどろおどろしさよりも、モダンなハードコアなんかに近い暴力性のある比較的直球なモノなんだけど、ものすごい速さのブラストビートを聴かせる頭2曲の衝撃がでかいので、それだけで1枚なんとなく聴きとおせる。

まぁ長い曲になるとスローパートが明らかに中だるみになってるんだけど、そこら辺はまだ1枚目という事で、構成力磨いてほしいところでしょうか。

でも全体的には聴きやすい好盤かと。

Dodecahedron - Dodecahedron

“Dodecahedron / Dodecahedron (Season of Mist) CD” の続きを読む