A/T/O/S / A Taste Of Struggle (Deep Medi) mp3

A/T/O/S / A Taste Of Struggle (Deep Medi)
http://deepmedi.com/

これが初のリリースと思われる A/T/O/S が2013年3月に Deep Medi から発表したシングル。

以前書いたように、昨年の後半はダブステップがあまり面白く感じられなくて遠ざかっていたのですが、今年になってから色々と面白いと思える盤が増えたので、自然と聴く回数が増えています。これもそんな盤。

とはいっても今作はダブステップと呼ぶには躊躇がいる作品で、タメの効いたスネアなどはそれっぽいものの、全編女性ヴォーカルを中心に据えられていて、むしろ R&B といった趣。トラック自体は重量感があるものの、こんな歌ものを Deep Medi が出したというのはかなり意外ながら、 Weeknd 以降、エレクトリックな音が増えてきている R&B とどう交わっていくのか、とか考えるとわくわくするし、曲自体も地味ながら良い。

残りの2曲はリミックスで、自身もポップな作風が増えている Skream は、この手のリミックスはお手の物という感じで、ヴォーカルを残しつつ、それを盛り上げるようなシンセを足す事で曲の印象をガラッと変えていて良い。また Commodo によるリミックスは、ヴォーカルを遅回しにし、さらにトラック自体も引きずるような重さの、それでいて洗練された R&B に作り変えていて面白い。

まぁ A/T/O/S というアーティストに関しては情報が少なすぎてよく分からない部分が多いのだけれど、これからも期待できそうなアーティストだ。

“A/T/O/S / A Taste Of Struggle (Deep Medi) mp3″の続きを読む

Skream / DIAM/MOOD TO FUNK (Digital Soundboy) mp3

Skream / DIAM/MOOD TO FUNK (Digital Soundboy)
http://www.digitalsoundboy.com/

Shy FX のレーベル Digital Soundboy から2013年5月に発表された Skream の2曲入りシングル。

ネットに上がっている Skream の最近のミックスを聴くと、妙に四つ打ちづいてる感じがするんですが、今作の “DAIM” もその流れなのか、完全に四つ打ち。キックではなくてベースがグルーヴを作り出しているところなんかは彼らしいっちゃぁ彼らしいのかもしれないけど、全体的に音が軽くて消化不良。上モノのレイブっぽい感じとか嫌いじゃないんだけど。

もう1曲の “Mood To Funk” は Skream らしいへヴィなダブステップ。でもサブベースじゃなくて低音を震わせてほしかった・・・。

Skream / Skreamizm Vol. 7 (Tempa) mp3

Skream / Skreamizm Vol. 7 (Tempa)
http://www.tempa.co.uk/

Skream こと Oliver Dene Jones が2013年1月に出した、毎度おなじみ「Skreamizm」シリーズの7枚目。

最近ポップな作風が目立つ Skream さん。でもこの「Skreamizm」シリーズではあくまでフロア向けのトラックをリリースする、という印象がなんとなくありました。しかし今作からのリード曲であり、1曲目に収録されている Kelis が参加した “Copy Cat” は、弾むような上モノとゆったりとしたビートのポップなもの。
また Skream 流のアシッド・ハウスともいえそうな “Sticky” なんて曲もあったりして、今までの「Skreamizm」シリーズとは少し違う印象を受ける。

ただ一方でベースがうなる “Vacillate” や “Scrooge’s Revenge” 、ディストーションかかったベースがほとんどメタルのギターのようになっている “Inhumane” 、絶妙なタイミングで入るベースの揺れ方が気持ちいい “Junkyard Dispute” と、ハードな曲も多いので、これをもってして「Skreamizm」シリーズもポップかが進む、と決めるのは時期尚早か。

まぁそれを抜きにしても『Skreamizm Vol. 5』(関連記事)や『Skreamizm Vol.6』(関連記事)に比べると、目立った曲がないので地味なんだけど。

Skreamizm, Vol. 7 - Skream

“Skream / Skreamizm Vol. 7 (Tempa) mp3″の続きを読む

Skream / Skreamizm Vol.6 (Tempa) 3LP

Skream / Skreamizm Vol.6 (Tempa)
http://www.tempa.co.uk/

ついでなんで Skream が昨年末に出した EP シリーズの第6弾。

最近はポップな面ばかりが目立ってどうにも物足りないと思える事の多い Skream さんなんですが、今作はかなり硬質に攻めていて素晴らしい。

震えるベースラインに呼応するかのようなラップを Trim が聴かせる “Tweedle Dee, Tweedle Dumb!” 、地を這うようなベースと音響で深い音世界を作り出している “Abstruse” 、最後を軽やかなリズムと憂いをもったメロディの対比で締める “FNKONOMIKA” など聴き所が多いのだけれど、中でも扇情的なシンセと女性ヴォーカルなどの上モノやリズムの抜き差しで8分近い曲を盛り上げる “Indistinct” はある意味ミニマル・テクノのようでもあり、今まで聴いた彼の曲の中では一番好き。

作品単位での充実度に関しても、彼の作品の中でも上位に入るんじゃないかしら。

Skreamizm, Vol. 6 - ITM Edition - Skream

“Skream / Skreamizm Vol.6 (Tempa) 3LP”の続きを読む

Skream / 100K Freeizm

Skream / 100K Freeizm
http://www.skreamizm.com/

Skream こと Olly Jones さんが、 Twitter のフォロワー10万人突破を記念して配布した未発表音源集。

制作時期としては2006年から2009年までのものが纏められていて、それはつまりファースト・アルバムの『Skream!』(過去記事)からセカンドの『OUTSIDE THE BOX』(過去記事)が出るまでの期間と重なるわけでだけど、その時期に聴かせていた高揚させるような派手さを持った路線ではなく、セカンドに近い分かりやすさを持った曲が多く収録されていて興味深い。

まぁちょっとポップな曲が多すぎてだれそうになる瞬間もあるんですが、要所要所で硬質な曲をもってきてしめてくれるので、なんだかんだで楽しんで聴ける。
やはり彼のフリーの作品集にははずれがない。

ダウンロード
(落とし方分からない方は適当にぐぐって他のとこで落としてください)