AMIT / Acid Trip (Tempa) mp3

AMIT / Acid Trip (Tempa)
http://www.tempa.co.uk/

短めの記事をいくつか。

イギリスのプロデューサー AMIT が2013年3月に出したシングル。

タイトル・トラックの “Acid Trip” は、タイトルに「Acid」の文字が入っている割にはアシッドの要素は控えめ。ただ地面を這いずり回るような重たいベースラインと、それを無理やり持ち上げるかのようなアタック感の強いスネアの上で、「Acid Trip」と言うヴォイス・サンプルが繰り返されるというダンサブルな曲。なのでパーティーとかで聴いたら盛り上がることが容易に想像できる曲なんだけど、あくまで曲の印象はハードなのもかっこいい。

もう1曲の “Don’t Forget Your Roots” は、これまた重たいベースラインが前面に出たダブ色の濃い曲で、これまたっか良い。

“AMIT / Acid Trip (Tempa) mp3” の続きを読む

Skream / Skreamizm Vol. 7 (Tempa) mp3

Skream / Skreamizm Vol. 7 (Tempa)
http://www.tempa.co.uk/

Skream こと Oliver Dene Jones が2013年1月に出した、毎度おなじみ「Skreamizm」シリーズの7枚目。

最近ポップな作風が目立つ Skream さん。でもこの「Skreamizm」シリーズではあくまでフロア向けのトラックをリリースする、という印象がなんとなくありました。しかし今作からのリード曲であり、1曲目に収録されている Kelis が参加した “Copy Cat” は、弾むような上モノとゆったりとしたビートのポップなもの。
また Skream 流のアシッド・ハウスともいえそうな “Sticky” なんて曲もあったりして、今までの「Skreamizm」シリーズとは少し違う印象を受ける。

ただ一方でベースがうなる “Vacillate” や “Scrooge’s Revenge” 、ディストーションかかったベースがほとんどメタルのギターのようになっている “Inhumane” 、絶妙なタイミングで入るベースの揺れ方が気持ちいい “Junkyard Dispute” と、ハードな曲も多いので、これをもってして「Skreamizm」シリーズもポップかが進む、と決めるのは時期尚早か。

まぁそれを抜きにしても『Skreamizm Vol. 5』(関連記事)や『Skreamizm Vol.6』(関連記事)に比べると、目立った曲がないので地味なんだけど。

Skreamizm, Vol. 7 - Skream

“Skream / Skreamizm Vol. 7 (Tempa) mp3” の続きを読む

Skream / Skreamizm Vol.6 (Tempa) 3LP

Skream / Skreamizm Vol.6 (Tempa)
http://www.tempa.co.uk/

ついでなんで Skream が昨年末に出した EP シリーズの第6弾。

最近はポップな面ばかりが目立ってどうにも物足りないと思える事の多い Skream さんなんですが、今作はかなり硬質に攻めていて素晴らしい。

震えるベースラインに呼応するかのようなラップを Trim が聴かせる “Tweedle Dee, Tweedle Dumb!” 、地を這うようなベースと音響で深い音世界を作り出している “Abstruse” 、最後を軽やかなリズムと憂いをもったメロディの対比で締める “FNKONOMIKA” など聴き所が多いのだけれど、中でも扇情的なシンセと女性ヴォーカルなどの上モノやリズムの抜き差しで8分近い曲を盛り上げる “Indistinct” はある意味ミニマル・テクノのようでもあり、今まで聴いた彼の曲の中では一番好き。

作品単位での充実度に関しても、彼の作品の中でも上位に入るんじゃないかしら。

Skreamizm, Vol. 6 - ITM Edition - Skream

“Skream / Skreamizm Vol.6 (Tempa) 3LP” の続きを読む

SKREAM / OUTSIDE THE BOX (Tempa) 2CD, 4LP

SKREAM / OUTSIDE THE BOX (Tempa)
http://www.tempa.co.uk/

昨年は何のかんのでダブステップを色々聴いたんですが、特に印象に残った事といいますと、まぁありきたりなんですがダブステップのメインストリーム化になるかと。
中でも Diplo がダブステップに飛びついたというのと、 Magnetic Man がメジャーからリリースしたというのは大きかったのかなとは思うんですが、これも基本的にはその流れに位置する作品ですかね。
っていうことで前作『Skream!』(過去記事)から4年ぶりとなる Skream のセカンド・アルバム。

まぁこれは大体どのジャンルにおいてもそうだと思うんだけど、ジャンルの知名度が上がるにつれ、そのシーンの内側からより一般的な曲の定義に近い体裁を整えた作品、彼らの言葉を借りるのであれば「音楽的」な作品が出てきますが、今作もそういった作品で、多くのヴォーカリストを招いたりメロディを際立たせたりと、端的に書けばポップな作品になっています。

しかしこの手の作品が「音楽的であること」に意識を奪われた結果、そのジャンルが持っていた魅力を見失いがちになるのと同様、今作もそれが作品の良さにつながっているとはいい難く、確かに聴き易くはなったものの、バックのトラックは「マスタリング間違えたの?」っていうくらいベースの低音もスネアのアタックも控えめな迫力のないもので、ダブステップとしては非常に物足りない。

っていうかここまで物足りない音だと、そもそもダブステップである必要性さえもよく分からなくて、これだったらむしろダブステップにこだわらない方が良かったのではなかろうか(この辺のバランス感覚については、 Skream も参加している Magnetic Man の方が上手くやってた気がする。まだあんまり聴いてないけど)。

でまぁここまでなら Skream がポップに行こうとしてこけた作品、っていうことでいいんだけど、それだけともいえないのがアナログ盤の存在で、こちらに関しては基本的な収録曲は同じながらも、クラブ用にマスタリングがしなおしてあるのか音の迫力が段違いで、中でもアナログにしか収録されていない “8 BIT BABY” のインスト版などはまるで違う曲のよう。

さらに彼は今作が発売される少し前に『Freeizm』という、これまたクラブ・トラックばかりを集めたような音源をフリーで配布していて、つまりはメイン層に向けたものとクラブ層に向けたものと、作品の色を明確に分けたわけですね。
でこれってやり方としては賢い方法なんだとは思うんだけど、ある意味両方の層に対する諦めにもなるわけで、そこに物足りなさを感じる。

SKREAM / Skream Presents Freeizm

ちなみに Skream は昨年末にも『The Freeizm Album』というフリーのアルバムを発表していて、これが『OUTSIDE THE BOX』をクラブ・トラックで構成し直したような作品になっていて、興味深いというか深読みしたくなるというか・・・。

Outside
Freeizm Volume 1
Freeizm Volume 2
Freeizm Volume 3
The Freeizm Album

“SKREAM / OUTSIDE THE BOX (Tempa) 2CD, 4LP” の続きを読む

El-B / The Roots Of El-B (Tempa) mp3

The Roots of El-B
http://www.tempa.co.uk/

タイトルまんまなんだけど、 EL-B さんの過去音源をまとめた編集盤。

とはいっても、そもそもその EL-B さんっていったい何者なのかという話なんだけど、正直私もよく知らなくて、90年代初頭から活動している人みたいで、 Ghost Recordings というレーベルを中心に出していたものをまとめたもののようです。

んでその音の方は、ダブステップのレーベルである Tempa が Roots という言葉を使っているとおり、一昔前の2ステップ。
元々私が2ステップに入れ込んでなかったせいか、冒頭の “The Club” を筆頭に、何曲かある軽めの曲は正直苦手なのだが、重めのビートの曲に関しては、確かに現在のダブステップに連なるものを感じる。

しかしそういった歴史的興味を抜きにして、音楽的に今聴いてどうかというと、やはり軽めに思えて、正直いって好みではないです。
でも使われている音自体はこちらの方が端正なのに、今のダブステップよりも荒削りな印象を受けるのは、それだけ失ったものも多いということなんでしょうか。

試聴

[曲目]