the brilliant green / Stand by me

Stand by me
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/thebrilliantgreen/

もうそんな経ってたっけって感じなんだけど、5年ぶりの活動再開なんだそうで楽しみにしてたんだけど、聴いてみれば拍子抜けするくらいいつもの the brilliant green 。2曲とも適度に力の抜けたアコースティック・ポップで(アレンジ上エレクトリック・ギター使ってるけどね)、まぁもちろん悪かろうはずがないんだけど、この人たちってこんな普通だったっけ?
brillirant green が10年前にデビューしたときって、彼らの洋楽的センスって際立って聴こえたものだけど、今作でそれがあまり感じられないのは、5年前に比べ日本のチャートにも随分変わったからということではなく、80年代から90年代初期のイギリスを参照点としたであろう彼らのセンスを、あまり磨くということをしなかった結果なんじゃないですかね。つまりはちょっと古臭い。
まぁそんなこといったら日本のチャートなんて未だに90年代的価値観を引きずった音楽ばっかなのかもしれないけど、ちょっと期待が大きかった分肩透かし。しかもこの後ベスト盤でしょ?これで終わりということなのか、それともベスト盤で復活をアピールしてということなのか。とりあえず後者だといいんですが。

amazon.co.jp

Tommy heavenly6 / Heavy Starry Heavenly

Heavy Starry Heavenly
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/Tommyheavenly6/

借りたやつが色々たまってきたので、チラチラと簡単に紹介しようかなと。

先頃再始動が報じられた the brilliant green の川瀬智子の別人格、って事になるのかな? Tommy heavenly6 の2枚目のアルバム。
この名義の元々のアイデアって Avril Lavigne なわけだけど、前作はそのイメージに囚われない軽快なパワー・ポップもたくさん収録されていて、何気に回数聴いたアルバムでした。でも今作は全体的に重たい感じになっていて、やっぱ突き抜けた爽快感が足りないのよね。音楽性は変更ないから親身にも乏しいし。
まぁ出来自体は全然悪くはないんだけど、やっぱりこんなのやってるんだったら the brilliant green をさっさとやってくれと思ってしまうのです。

視聴

the brilliant green / GOODBYE AND GOOD LUCK(Sony)CD

B00005HQ4Y.09.MZZZZZZZ
http://www.ken-on.co.jp/tbg/
 
で、普通スーパーカーというとびびんばさんのようにくるりを連想するのが普通だと思うんですが、私はブリリアント・グリーンが思い浮かぶんですね。スーパーカーとブリリアント・グリーンって同じソニー系列だし、方向性もギター・ポップという打ち出しだったのでわりと近い所にいるバンドだと思っていたんですけど、今ではえらいかけ離れちゃいましたね。
 
これは彼らの2枚目のシングル。そしてリーダーの奥田俊作をして「音楽の神に出会った」とまで言わしめた作品です。デビュー作の『Bye Bye Mr.Mug』はさわやかなギター・ポップだったのだけれど、今作では一気に重厚感が増して、というか随分暗いんで発売当初驚いた記憶があります。しかも3曲目なんか葬式の歌だし。しかしこの英国的な湿り気をここまで前面に出した作品も最近あまりないだけに、聴き込むうちにズブズブとはまります。
 
とは云いつつも私は軽快なギター・ポップの”MISTER MOON”が一番好きなんですけどね。この曲のためだけにシングル買ってもまったく惜しくないと言い切れる名曲です。