Neurotech / The Decipher Volumes (Self Released) mp3

Neurotech / The Decipher Volumes (Self Released)
http://neurotech.bandcamp.com/

スロベニア出身の Neurotech こと Wulf さんが2013年に出した、おそらく2枚目のアルバム。

メタルとエレクトロニクスを融合させた音楽性は、 Enter Shikari なんかを思い起こさせる部分もあるんだけど、こちらの方がトランス的なきれい系のシンセを前面に押し出していて、非常に聴きやすくなっている。またメタルとトランスってクラシック的な荘厳さという意味では共通しているので、そういった意味でも違和感は無い。

ただその分メタル的な激しさというのは薄いので、デス声を中心に、それに様々なエフェクトをかけたヴォーカルが邪魔なように思えてきて、私は何曲かで聴ける女性ヴォーカルを中心にしてほしかったかしら。

ノースリーブス / キリギリス人 (Epic) CD

ノースリーブス / キリギリス人 (Epic)
http://www.no3b.net/

AKB48 の小嶋陽菜、高橋みなみ、峯岸みなみの3人によるユニット、ノースリーブスが2013年1月発表した9枚目のシングル。
AKB に関しては、最近では本体もろくに追いかけられてない状況なので、派生ユニットやソロなんてとても追いかける気にならないという感じだったんだけど、びびんばさんがブログに、初回盤に入っているソロ曲は石野卓球、小室哲哉、川本真琴がそれぞれ作曲していると書いていたので、さすがに気になって聴いてみた。
まぁレンタルで初回盤も置いているかと思ったらなかったので、結局通常盤しか聴いてないんだけど(さすがに買う気にはなれなかった)。

今回ソロ曲に豪華な作家を並べていますが、タイトル曲には旬な作曲家といっていいんでしょう、昨年末の紅白で一気に知名度を上げたゴールデンボンバーの鬼龍院翔が作曲しています。私はゴールデンボンバーをまともに聴いた事がないので、今作がいつもの作風と比べてどうなのかというのは判断できないんだけど、いつもの AKB のシングルの完成度を基準としたとしても、これはイマイチと書かざるを得ないですかね。
冒頭から鳴るブラストともに突っ走る歌謡ロックで、すごく勢いがあるのはいいんだけど、逆に書くと勢い以外に何もない曲。こういうのはロック・バンドとかがやる分にはいいのかもしれないけど、アイドルが歌うには不向きだろう。あとのっぺりとしたドラムがすさまじくダサい。

それよりは、今がよければそれでいい、という内容の歌詞を、今の AKB のメンバーが歌う事の意味とかを考えたほうが面白いかも。

カップリングは可もなく不可もなく。

キリギリス人 - EP - ノースリーブス

“ノースリーブス / キリギリス人 (Epic) CD” の続きを読む

Nosaj Thing / Home (Innovative Leisure) mp3

Nosaj Thing / Home (Innovative Leisure)
http://www.innovativeleisure.net/

LA出身の韓国系アメリカ人 Nosaj Thing こと Nosaj Thing が2013年1月発表した2枚目のアルバム。

彼は現在27歳らしいんだけど、なんでも13歳の頃から音楽活動をしており、また Low End Theory の常連アーティストとしてもよく紹介される人で、まぁ要は今イケてるビートメイカーの一人なわけですね。

しかし今作は、そんな経歴から想像するような、ダブステップやジュークなどの時代のビートを貪欲に取り込んだ作品とかではなく、むしろ懐古的な色合いが強い。それはアルバム・タイトルの『Home』であったり、Blonde Redhead の Kazu Makino が参加した今作のリード・トラックである “Eclipse/Blue” の、まるで逆回転させているかのような柔らかなトラックで予見されていたのかもしれないが、他にも時を刻む針の音を思わせるリズムの上でオルゴールのような音色がメロディを奏でる “Safe” 、昔のアメリカ映画のサントラから切り出してきたようなピアノ曲 “Prelude” 、90年代によく聴かれた、所謂ドリルンベースを思わせる高速ブレイクビーツの “Light 3” など、作品全体の雰囲気として統一が図られており、少なくともクラブで映えそうな攻撃的な曲はまったくない。

なので聴き様によっては一昔前のエレクトロニカと変わんないんじゃないか、って気もするし、実際ビート・ミュージックとしての刺激には乏しいんだけど、懐古的な中にもきちんと流れや緩急があって物語性を演出しているのと、チルウェイヴやシューゲイザーを思わせる薄いノイズ交じりの音像が現代性を演出しているので、そういった意味での古臭さはあまり感じずに心地よく聴ける(靄がかった音像は今作の懐古的な雰囲気にも合ってるしね)。

まぁ私は Low End Theory 自体、実力派の昔取った杵柄的なものだと思っているので、そこに彼の早熟なキャリアというものが合わされば、こういう作品になるのは自然な気がするので、変に時代の先端的なものを期待しなければ楽しめる作品ではないかと。

Home - Nosaj Thing

“Nosaj Thing / Home (Innovative Leisure) mp3” の続きを読む

Negative Standards / VI-XI (Vendetta) mp3

Negative Standards / VI-XI
http://www.negativestandards.com/

オークランドのハードコア・バンド Negtive Standards が今年の5月に出した EP 。
(アナログも出てるみたいだけど、私はフリー・ダウンロード版)。

基本的には2ビートやブラストで突っ走るハードコアで、かっちりしすぎず崩しすぎず、それでいて勢いのある演奏はかっこいいの一言。また一方でこの手のバンドの弱点になりやすいスローパートでも、きちんとうねりがあるし、8分を越す “X” みたいな展開のある曲でも聴かせる構成力もあり、押し引き両方備えているところに実力を感じる。

まぁ何かこれだっていう強烈な個性があるかというとそうでもないんだけど、地味ながらもいい作品です。

ただ夜中に不意に見ると夢に出てきそうなジャケットが怖い・・・。

ダウンロード

“Negative Standards / VI-XI (Vendetta) mp3” の続きを読む

NX1 / SR (SEMANTICA) mp3

NX1 / SR (SEMANTICA)
http://www.semanticarecords.com/

NX1 の3枚目は自身のレーベルからではなく、スペインのレーベル Semantica から。

この Semantica というレーベルもハードなものが多いレーベルみたいなんだけど、だからなのか今作は Surgeon なんかを思わせる変則的なリズムのハード・ミニマル。
ただベースのないキック中心のリズムながら、そのキックが縦ノリだけではなく横ノリのグルーヴも同時に作り出していて、そこら辺はちゃんとミニマル以降な感じ。

あと重たいリズムのみで押し切る前半から、物憂げな上モノが入ってくる後半の展開とかけっこうベタなんだけど(あとハイハットの連打とか)、なんだかんだで盛り上がるし、こういうの聴くとテクノっていいなぁと改めて思います。

“NX1 / SR (SEMANTICA) mp3” の続きを読む