SIT / SIDEWAYS LP (Amphia) 5LP

SIT / SIDEWAYS LP

SIT / SIDEWAYS LPSIT / SIDEWAYS LPSIT / SIDEWAYS LP
http://www.amphia.ro/

ルーマニアの若手の中でも注目度の高い Cristi Cons と Vlad Caia が運営するレーベル Amphia から、その二人によるユニット SIT のファースト・アルバム。2015年末から半年くらいかけて 2LP で2枚と 1LP の3回に分けて発売された、実質5枚組にもなる大作。

1曲目の “Assemble” がゆったりしたミニマル・ダブ、2枚目に収録された “Moody” がアブストラクトなヒップホップ、3枚目の最後を飾る “Shadow” がエレクトロっぽかったりと、1枚に1曲は意外性があるというか、アルバムらしい曲が収録されているんだけど、それ以外は比較的直球のミニマル・ハウス。そのどれもが悪くはないんだけど、これだけ曲数あるわりには幅がなくて、これだったら曲数半分でよかったんじゃない、って気がしてしまう。
CD用とかに纏めて再編集とかしてくれると、また印象変わる気もするけど。

“SIT / SIDEWAYS LP (Amphia) 5LP” の続きを読む

DAN ANDREI / PARCUL COSMOS LP ([a:rpia:r]) 2LP

DAN ANDREI / PARCUL COSMOS LP ([a:rpia:r])

DAN ANDREI / PARCUL COSMOS LP ([a:rpia:r])
http://www.arpiar.ro/

あけましておめでとうございます。昨年はもっぱら年間ベストを掲載するくらいしか更新していなかったのですが、今年はどうでしょう。とりあえず昨年は音楽をちゃんと聴く時間は減る一方なのに、買う量は増加傾向なせいで、聴けてない盤がまだかなりあるので、今年はもうちょっと聴く枚数を絞りたいんですが、まぁ毎年同じ事思っているので、多分変わらんのでしょう。

ということで、昨年を振り返りがてら手短に。

昨年のテクノに関してはルーマニア系とうるさい系二本柱を中心に、というのは変わらなかったんですが、ルーマニア系は前半は良作が多かったものの、後半はあまり目立つものがなかった印象です。まぁそれは私がアルバム中心に追っかけているからというのもあるんでしょうが。とりあえず今年はもうすぐ SUBLEEJay Bliss のアルバムが出るので期待したいところです。

そんなルーマニア系の中心レーベル [a:rpia:r] から2015年末に出た DAN ANDREI のファースト・アルバム。

この人は同レーベルから2014年に発売された Raresh のリミックス盤でも一人イマイチなリミックスを提供していたんですが、今作もイマイチかなぁ。上モノとかは結構きれいなんだけど、どうも全体的に線が細いのよね。まぁそれは良く捉えれば繊細ともいえて、デトロイト系との親和性も感じさせたりするんだけど(エレクトロっぽい曲もあるし)、やっぱ中途半端かな。でもレコード屋から早々に無くなった印象があるので、人気はあるっぽいけど。

福山雅治 / 福の音 (Universal) 3CD

福山雅治 / 福の音 (Universal)

福山雅治 / 福の音 (Universal)
http://www.fukuyamamasaharu.com/

福山雅治のデビュー25周年を記念した3枚組みのベスト・アルバム。

福山雅治に関しては、20周年のときにも3枚組みのベスト・アルバムを出しているので、さすがにちょっと多すぎるんじゃねぇか、って思うんですが、それは当人(レコード会社)も意識したのか、DISC 1 に関してはほぼ20周年以降の曲になっている。
逆に最初の10年間に関しては、8曲のみ、さらにオリジナルで収録しているのは “桜坂”、”HELLO”、”IT’S ONLY LOVE” という彼の代表曲といえるものだけで、残りは2014年のライヴ音源という、かなり思い切った構成になっている。

まぁこの構成に関しては、いい意味にとれば、懐古的にならずに、最近の福山雅治を聴いてほしい、という姿勢の表れとして好感持てるんだけど、25周年というお祭り感に欠けるというか、ぶっちゃけ曲が地味すぎるのよね。

CD で聴いてない曲に関しても耳馴染みのあるものが多いので、多分それなりにタイアップとか付いてるんだろうし、フォーク調のバラードにしても、骨太なロックンロールにしても、実に福山雅治らしくはあるんだけど、こういう地味な曲を今の福山雅治の声で歌われると、どうにも重たい印象が強くなってしまうので、たまには “Peach!!” みたいなお茶目な曲が聴きたくなってしまうなぁ。

まぁこれだけ地味な内容でも成立させてしまう福山雅治のアーティスト・パワーはさすがだけど。

“福山雅治 / 福の音 (Universal) 3CD” の続きを読む

Kahli Abdu & VHS Safari / A.R.T. Project (Self Released) flac

Kahli Abdu & VHS Safari / A.R.T. Project

Kahli Abdu & VHS Safari / A.R.T. Project
http://www.kahliabdu.com/

ナイジェリアのラッパー Kahli Abdu と、プロダクション・チームの VHS Safari によるプロジェクトが2015年の1月に発表したアルバム。

ジャケット見るといかにも、ってくらいアフリカな感じが出ているけれど、音の方は基本的には緩めのヒップホップ。
ただ柔らかなギターやコーラスなど、なんとなくイメージとして私の中にあるアフリカ音楽の要素は随所にちりばめられていて、それ以外にも生音率高めなトラックは音楽的な豊かさを感じさせるし、と思えば “Take a Picture” のように、どっしりとしたドラムとゆがんだベースによる重たい曲があるのも良い。
ヴォーカルがラップにこだわらなかったのも吉と出たかと。

地味ながらも秀作。

“Kahli Abdu & VHS Safari / A.R.T. Project (Self Released) flac” の続きを読む

FAMILY EVENT / DEMO TAPE 2 (EL SERENO ) Flac

FAMILY EVENT / DEMO TAPE 2 (EL SERENO )

FAMILY EVENT / DEMO TAPE 2 (EL SERENO )
https://elserenorecords.bandcamp.com/

2015年に関しても、海のものとも山のものともつかないビート・テープを色々と聴いたんですが、カリフォルニアのレーベルから、同じくカリフォルニアのアーティストのビートテープ。

なんかもうビートテープに関しては数が多すぎるせいなのか、アーティストごとの差異というものがよく分からなくなっているんだけど、今作はメロディアスに寄せていく際に、よくあるジャズっぽい上モノを使うのではなく、柔らかなシンセの音色を使っていて、普段電子音を聴く事の多い私には耳馴染みがよい。

まぁリズムが類型的なので聞き流し系ではあるんだけど・・・。

“FAMILY EVENT / DEMO TAPE 2 (EL SERENO ) Flac” の続きを読む

Lil B / Thugged Out Pissed Off (Self Released) mp3

Lil B / Thugged Out Pissed Off

Lil B / Thugged Out Pissed Off
http://www.basedworld.com/

アメリカのラッパー Lil B さんが2015年末に出したミックステープ。

全部を聴いているわけではないので具体的には分からないんだけど、一時期に比べるとミックステープを出す間隔が長くなっている印象の Lil B さん。2015年だと Chance The Rapper との共作が話題になったものの、それを除くとわりとご無沙汰感があったんですが、今作は63曲とかなりのボリューム。

まぁこの人の場合、曲数が多いなんてのはいつもの事なので、こちらも構えずにダラダラ聴いたりしているわけですが、今作は意外にキャッチーな曲(フリースタイル?)が多く、思いのほか耳をひく。

Lil B って基本的にラップが非常にラフなので、曲の方がポップなくらいでちょうどいいのかもしれない。この人の作品では一番好きかもしれん。

“Lil B / Thugged Out Pissed Off (Self Released) mp3” の続きを読む

パスピエ / 娑婆ラバ (Warner) CD

パスピエ / 娑婆ラバ (Warner)

パスピエ / 娑婆ラバ (Warner)
http://passepied.info/

5人組のバンド、パスピエが2015年に発表した3枚目のアルバム。

このバンドに関しては、単純にアニメ声と呼んでいいのかも分からないくらいにゃんにゃんとした、ヴォーカルの大胡田なつきの声の印象があまりにも強すぎて、さらに曲の方も情報量が多いポップスやロックだったりするものだから、私にはこの世ならざるもののようにさえ思えるというか、それこそ初音ミクなんかのヴォーカロイド(を使っている音楽)に近い仮想的なものを感じてしまうので、私にはその音世界に入っていくのが難しい。

ただそれでも何回か聴いていると、どうしても声の個性が強すぎて単色には思えるものの、その中での濃淡というのはきっちりと表現されているので、思ったほど飽きずに聴ける。

まぁ私にとっては、聴くべきシチュエーションというのが想像できない音楽という事には変わらないんだけど。

“パスピエ / 娑婆ラバ (Warner) CD” の続きを読む

DOBERMAN INFINITY / THE LINE (TOY’S FACTORY) CD

DOBERMAN INFINITY / THE LINE (TOY'S FACTORY)

DOBERMAN INFINITY / THE LINE (TOY'S FACTORY)
http://dobermaninfinity-ldh.jp/

LDH 所属の5人組 DOBERMAN INFINITY が2015年に発表したファースト・アルバム。

バイオについては書くの面倒なのでオフィシャルサイトから引用するんだけど、

2014年6月、DOBERMAN INC として活動してきた、KUBO-C (クボシー)、GS (ジーエス)、P-CHO (ピーチョウ)の3人に加え、札幌のクラブシーンを中心に全国で活動し、また劇団EXILEのメンバーでもある“野替愁平”ことSWAY (スウェイ)と、「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 4」ファイナリストの「KAZUKI (カズキ)」を新メンバーに加え、ユニット名を「DOBERMAN INC」から「DOBERMAN INFINITY」へ改名し活動を開始。限界のない可能性への挑戦が始まる。

とのことなんですが、ビデオとか見ると、後からの加入ながら歌もこなす(ついでに若くてイケメンな) SWAY と KAZUKI が明らかに前面に出ていて、元からのメンバーである3人は、おまけというのは大げさにしても、2人のパートからサビにかけてのつなぎにしかなっておらず、特に DOBERMAN INC に思い入れのない私からしても少々切ない(ほとんどの曲で「LDH」ってコールはさんでくるのもね・・・)。

音楽的には Exile の音楽をヤンキー成分強めにして、完成度を数段下げたものでしかないので、書くべきことはないんだけど、日本でヒップホップ(というかラップ?)というと、類型的なヤンキーのイメージが強い事が感じられて、これまた切ない・・・。

“DOBERMAN INFINITY / THE LINE (TOY’S FACTORY) CD” の続きを読む

Frits Wentink / Rarely Pure, Never Simple (Wolf Music) flac

Frits Wentink / Rarely Pure, Never Simple (Wolf Music)

Frits Wentink / Rarely Pure, Never Simple (Wolf Music)
https://www.facebook.com/wolfmusicrecordings/

オランダのアーティスト Frits Wentink さんが2015年に Wolf Music から発表したファースト・アルバム。

1曲目の “There Now” の低音のきいたキックの音で「おっ」となるんですが、だんだんと女性ヴォーカルや鍵盤が入ってきて優雅に。以降もハウスだったりジャズだったり R&B だったり、曲のタイプは様々。
ただ洗練されたグルーブは一貫していて、それはデトロイト系を思わせもするんだけど、あそこまで黒くはなく、とはいえヨーロッパの上モノの流麗さを掠め取ったような感じでもなくという、絶妙なバランスなので、非常に聴きやすく、完成度も高い。

最初期待していた Soulphiction っぽい感じとはちょっと違ったんだけど、これはこれで拾い物だったかな。

“Frits Wentink / Rarely Pure, Never Simple (Wolf Music) flac” の続きを読む

Post Scriptum / Post Scriptum 01 (Infrastructure) Flac

Post Scriptum / Post Scriptum 01 (Infrastructure)

Post Scriptum / Post Scriptum 01 (Infrastructure)
https://www.facebook.com/infrastructureny

Function のミックスCD で曲が使われて一部で話題になった Post Scriptum のデビュー・アルバム。発表は当然 Function のレーベルである Infrastructure から。

現在リリースされているのは本作と、上記のミックスに収録された1曲のみ。それ以外の本人に関する情報はほとんどないんですが、反面、ジャケットに使われているのはソ連の核実験場の写真と、メッセージ性が感じられるものながら、英語を解さない私は意味がよく分からず。

そして内容の方はというと、まぁ当然のように一貫して暗いミニマル・テクノなんですが、不穏な幕開けの “Decades To Millenia” 、疾走感のあるクラブ・トラックの “Even The Nearest” 等、どの曲もこれが初作品と思えないほど完成度が高い。
ただ一方ではみ出した部分が少ないので、この先の展開に不安を覚える部分も。

これがどっかのベテランの変名とかだったら腑に落ちるものがあるんだけど・・・。

“Post Scriptum / Post Scriptum 01 (Infrastructure) Flac” の続きを読む

Melodie / Breaking through: Melodie

Melodie / Breaking through: Melodie

Melodie / Breaking through: Melodie
https://www.facebook.com/melodiesound?_rdr=p

もう一つ RA の「Breaking through」から、ルーマニアのプロデューサー Melodie こと Cristi Tudorache さん(ジャケットなかったので記事の画像を拝借してます)。

この人もリリースは少なく、私も全然知らない人だったんだけど、Discogs で見る限りまだシングル3枚しか出してないものの、そのリリース元が「Bleu Ciel」「RORA」「Metereze」と、どれもルーマニアのテクノを追っていれば分かるレーベルなので、けっこう期待されている人っぽい。

ルーマニアのミニマル・テクノといいますと、淡々としたものが多い印象なんですが、この人は過去作聞いてみると躍動感のあるトラックが目立っていて、今作でも “Arpegiat” なんかはうっすらとファンキーで、そのバランスが面白い。

ただ残りの “Cloud” と”Sonne” は、ひんやりとしたシンセが全体を包み込むようなテックハウスで、完成度は申し分ないものの、ちょっと個性が見えづらいかしら。

ただルーマニア系を熱心に追いかけている人はもちろん、普段高くて手が出ないという人の取っ掛かりとしてもいい作品かと。

ダウンロード

Via App / RA Breaking Through: Via App

Via App / RA Breaking Through: Via App

Via App / RA Breaking Through: Via App
https://soundcloud.com/dylanscheer

1080p 関連でもう1枚。

今年に入ってから RAWeTransfer と組んで、記事の配信と共に音源もフリーで公開しているんですが、今作もその一つ。

この Via App という人はボストン出身の Dylan Scheer さんのプロジェクトで、1080p からも何作か発表しており、今作に収録されている “7 Headed” も、1080p からのシングルの抜粋。

音の方はというと、エレクトロニカ経由の四つ打ちというか、もうちょっと洗練されたグルーヴが欲しい感じ。
まぁ今後に期待でしょうか。

ダウンロード

Young Braised / Northern Reflections (1080p) Flac

Young Braised / Northern Reflections (1080p)

Young Braised / Northern Reflections (1080p)
http://1080pcollection.net/

iPod の容量がいっぱいになったので、手短にいくつか。

カナダのレーベル 1080p から、同郷のラッパー Young Braised のアルバム。

“Intro” こそ陽気な歌とナレーションのコラージュながら、”Entertainment” は地鳴りのような低音が鳴る四つ打ち、アブストラクトな “Vision (F. Blues)” に “Casserole” と、重苦しいものばかりで、さらにそしてそこに乗る Young Braised のラップも抑揚のあまりないものなので、内容はとにかく暗い。

ただあまり自分のラップを前面に出そうとせず、トラックの雰囲気を重視しているのは好感持てるし(正直この記事書くまでラッパーの作品だと気づかなかった・・・)、テクノ聴いてる耳にもなじみやすい。

Madteo を好きな人なんかにもいいかと。

“Young Braised / Northern Reflections (1080p) Flac” の続きを読む

DJ Mahinya-mahinya / Ekaya Giyani (SHANGAANBANG) Flac

DJ Mahinya-mahinya / Ekaya Giyani (SHANGAANBANG)
http://www.shangaanbang.com/

シャンガーン・エレクトロを専門にリリースしているロンドンのレーベル、SHANGAANBANG から26歳のプロデューサーの初アルバム。

シャンガーン・エレクトロ、という言葉を私が始めて聞いたのは、ご多分に漏れず Honest Jon’s からコンピが出た時だったんですが、わりと同時期に注目されたジュークが多方面へ拡大しているのと比べると、シャンガーン・エレクトロは目立った作品が続かなかったせいなのか、限定的な動きにとどまっている印象でした。でも SHANGAANBANG のような専門レーベルができたり、立役者である Nozinja がやっとこさアルバム出したりで、シーンとしてなんのかんので動いているという事なんでしょうか。

そんなシャンガーン・エレクトロ、マリンバを中心とした上モノと、高速のリズムが特徴としてまず浮かぶんですが、今作もまぁそんな感じ。私のようにシャンガーン・エレクトロを追いかけていない人間からすると、非常に分かりやすい反面、他のアーティスト(それもたいして聞いてないんだけど)との差異がよく分からない。

ただ、これもシャンガーン・エレクトロの特徴といっていいのか、ヴォーカルの入っている曲が多く、そのヴォーカルのおおらかなメロディと、柔らかな上モノの絡みだけで心地よく聴けてしまう。

まぁレーベルのインフォ見ると、リンポポのパーティー行ってて云々、みたいな事が書いてあるので、Nozinja の影響を直接受けているのかもしれないし、年齢的なことや初作であることを考えれば、個性が出てくるのはこれからという感じでしょうか。

あと作品とは関係ないんだけど、上記したようにシャンガーン・エレクトロってヴォーカル入っているものが多いという印象なんですが、ヴォーカリストって何処から連れてきてるんですかね。基本打ち込みのダンス・ミュージックの中では、ヴォーカリストを連れてくる人件費って、けっこうでかい問題だと思うんだけど。

“DJ Mahinya-mahinya / Ekaya Giyani (SHANGAANBANG) Flac” の続きを読む

Bon Jovi / Burning Bridges (Island) CD

Bon Jovi / Burning Bridges (Island)
http://www.bonjovi.com/

2015年を振り返りがてら、たまには更新を。

ということで、いつの間にやら Richie Sambora が抜けていた Bon Jovi が2015年に発表した13枚目のアルバム。

Richie Sambora といえばリーダーである Jon Bon Jovi と共作する事も多く、またギターのみならずコーラスワークでも存在感を発していた人なわけで、さらに私が Bon Jovi を聴くのが2005年の『Have a Nice Day』以来だったりするもんですから、どれだけ変わっているのかなぁ、と思っていたんですが、聴いてみれば良くも悪くもいつもの Bon Jovi 。

冒頭 “A Teardrop To The Sea” の重苦しさなどには色々と勘繰りたくなるけど、力強い “We Don’t Run” は正に Bon Jovi という感じのロックだし、リード・トラックの “Saturday Night Gave Me Sunday Morning” なんて、曲名が似ているせいもあって、”Someday I’ll Be Saturday Night” と区別つかないし。

ただ以降の曲に関しては、イマイチ派手さに欠けるアコースティックの曲が並ぶので、内容的にはかなり地味。さらに Richie Sambora のコーラスがないので、 Jon Bon Jovi のソロ・アルバムとの区別がつかないので、バンドの今後のことを考えると、ちょっと心配になる作品でしょうか。

まぁ曲の質自体は Richie Sambora の不在を感じさせない高いものだし、私も年齢的にこのくらい枯れている方が聴きやすいので、思いのほか楽しめました。

“Bon Jovi / Burning Bridges (Island) CD” の続きを読む

BOXセット1つ、CD11枚、LP5枚、CDS1枚、12インチ5枚、ファイル49

水曜日のカンパネラ / ジパングSEEDA AND DJ ISSO PRESENTS CONCRETE GREEN 13ION LUDWIG / GHOST II COASTP.H.O.B.O.S. / श्मशान कालीKanthor / Res Extensa LPBruno Pronsato presents Archangel / The Bedroom Slant VersionsSango / Da Rocinha 3LBN667 / rippelPorter Ray / NightfallSUBSET / Series60V.A. / Ostgut Ton | ZehnD.J.Fulltono / My Mind Beats Vol.02froyo ma / pantsUNKNOWN / DUE関ジャニ∞ / 関ジャニ∞の元気が出るCD!!petre inspirescu / vin ploileDUBIT / FRAGMENTI LPSHACKLETON / DELIVERANCE SERIES NO. 3Deadbeat / Walls & DimensionsAbdulla Rashim / A Shell of SpeedDJ Paypal / Sold OutScarpa / WildernessTheater 1 / 5/12中島みゆき / 組曲 (Suite)DJ Krush / Butterfly EffectBishop Nehru / 5 From Bishop&friends / awarenessNatan H / Erklingen EPgranola / sleepwalkingThiefist / Realized EPSatanicpornocultshop / Their Satanic Majesties Sweet Disco RequestNxWorries / Link Up & SuedeKOOL A.D. / O​.​K.Hazerdous / Just AdvanceThe Soft Pink Truth / Why Pay More?Totems / ElixirAris Kindt / FloodsAidan Baker / Ecliptic PlaneAda Kaleh / Unreleased - Ada Kaleh/Indie Julesroom / MOON DRIVER EPNadja / TabernantheModuleset / FormDJ Mastercard / Corrupt MemoriesV.A. / Italdred x Dred Collective - FootworkRelic Radiation / DetanteRhythm Baboon / Rhythmwerkz EPSIT / SIDEWAYYS LPTheater 1 / 6/12RADIQ / South Ghetto DrivePT/B / Youthful DreamsJanet Jackson / UnbreakableJustin Bieber / PurposeAda Kaleh / Dene descris (partea întâi)Arca / MutantAndrea Porcu / Passengers e.pLIL UGLY MANE / Oblivion AccessLe Motel / Okaus & sparkles / Love ModeCNTRL & Achieve / PLZ019ILL.SUGI.  / G.L.&M.ERichie Hawtin / From My Mind To YoursKontext / Gazotron EPKwala / WakefulKaito / Another StoriesFull of Hell / Amber Mote in the Black VaultKiano Jones / UNKNOWN FUTURENEWS / 四銃士junyamabe / jnymb-1Peyton / Roller CoasterMulllr / WorkersLittle Simz / AGE 101: DROP X

水曜日のカンパネラ / ジパング
SEEDA AND DJ ISSO PRESENTS CONCRETE GREEN 13
ION LUDWIG / GHOST II COAST
P.H.O.B.O.S. / श्मशान काली
Kanthor / Res Extensa LP
Bruno Pronsato presents Archangel / The Bedroom Slant Versions
Sango / Da Rocinha 3
LBN667 / rippel
Porter Ray / Nightfall
SUBSET / Series60
V.A. / Ostgut Ton | Zehn
D.J.Fulltono / My Mind Beats Vol.02
froyo ma / pants
UNKNOWN / DUE
関ジャニ∞ / 関ジャニ∞の元気が出るCD!!
petre inspirescu / vin ploile
DUBIT / FRAGMENTI LP
SHACKLETON / DELIVERANCE SERIES NO. 3
Deadbeat / Walls & Dimensions
Abdulla Rashim / A Shell of Speed
DJ Paypal / Sold Out
Scarpa / Wilderness
Theater 1 / 5/12
中島みゆき / 組曲 (Suite)
DJ Krush / Butterfly Effect
Bishop Nehru / 5 From Bishop
&friends / awareness
Natan H / Erklingen EP
granola / sleepwalking
Thiefist / Realized EP
Satanicpornocultshop / Their Satanic Majesties Sweet Disco Request
NxWorries / Link Up & Suede
KOOL A.D. / O​.​K.
Hazerdous / Just Advance
The Soft Pink Truth / Why Pay More?
Totems / Elixir
Aris Kindt / Floods
Aidan Baker / Ecliptic Plane
Ada Kaleh / Unreleased – Ada Kaleh/Indie Jules
room / MOON DRIVER EP
Nadja / Tabernanthe
Moduleset / Form
DJ Mastercard / Corrupt Memories
V.A. / Italdred x Dred Collective – Footwork
Relic Radiation / Detante
Rhythm Baboon / Rhythmwerkz EP
SIT / SIDEWAYYS LP
Theater 1 / 6/12
RADIQ / South Ghetto Drive
PT/B / Youthful Dreams
Janet Jackson / Unbreakable
Justin Bieber / Purpose
Ada Kaleh / Dene descris (partea întâi)
Arca / Mutant
Andrea Porcu / Passengers e.p
LIL UGLY MANE / Oblivion Access
Le Motel / Oka
us & sparkles / Love Mode
CNTRL & Achieve / PLZ019
ILL.SUGI. / G.L.&M.E
Richie Hawtin / From My Mind To Yours
Kontext / Gazotron EP
Kwala / Wakeful
Kaito / Another Stories
Full of Hell / Amber Mote in the Black Vault
Kiano Jones / UNKNOWN FUTURE
NEWS / 四銃士
junyamabe / jnymb-1
Peyton / Roller Coaster
Mulllr / Workers
Little Simz / AGE 101: DROP X

2ヶ月間サボってたんでこんなです。

CD1枚、CDS1枚、ファイル10

Mo Kolours / Texture Like SunV.A. / Limit BreakerHeadless Horseman / Headless Horseman 007Tall,Drk / the,Gallerycvk. / coast.Frontierer / Orange MathematicsV.A. / GiftJosef Gaard / Obsidian FallsVID / Pleasure Zone 018Perfume / STAR TRAINKOHH / DIRTLaktic / Awakening EP

Mo Kolours / Texture Like Sun
昨年のアルバムが話題になったロンドンのプロデューサー、1年半ぶりのセカンド。name your price。
V.A. / Limit Breaker
イギリスのエレクトリック・ミュージックのレーベル・コンピ。
Headless Horseman / Headless Horseman 007
ベルリンのテクノ・プロデューサーの初アルバム。
Tall,Drk / the,Gallery
カリフォルニアのアーティストによるビートテープ。name your price。
cvk. / coast.
コネチカット出身、という以外はよく分からない cvk. さんのビートテープ。name your price。
Frontierer / Orange Mathematics
スコットランドのメタル・バンド。多分ファースト・アルバム。name your price。
V.A. / Gift
Sleep Is Commercial のサブレーベルのコンピ。name your price。
Josef Gaard / Obsidian Falls
シアトルのプロデューサーによるアブストラクトなテクノ。
VID / Pleasure Zone 018
今年頭に出たアルバムが素晴らしかった、ルーマニアのプロデューサーによるシングル。
Perfume / STAR TRAIN
シングルはコンスタントに出るけど、アルバムが出ない Perfume 22枚目のシングル。
KOHH / DIRT
今一番勢いがあるといっても過言ではないラッパー、KOHH の3枚目のアルバム。
Laktic / Awakening EP
cut の新作はエストニアのアーティスト。

本当に bandcamp ばっかだな。

“CD1枚、CDS1枚、ファイル10” の続きを読む

2015年10月のお気に入り

坂本真綾 / FOLLOW ME UP
坂本真綾 / FOLLOW ME UP
彼女のアルバムにしては珍しくシングル曲が多いのだけれど、アルバム曲も負けず劣らずの個性を放っており、華やかながらも濃密な作品。
deafheaven / New Bermuda
deafheaven / New Bermuda
予想していたよりもメタルっぽかったのが意外だったんだけど、 Deafheaven らしさもきちんとあって予想以上。
RR006
René Audiard / René Audiard
ベルリンのプロデューサーの連作シングル。アホみたいに高かったんだけど、ダークなテクノばかりで私好み。
Suolo / Cel Cuceasul EP
Suolo / Cel Cuceasul EP
ただ淡く淡々と。
Swindle / Peace, Love & Music
Swindle / Peace, Love & Music
ダブステップとジャズやファンクが溶け合った音楽性も素晴らしいんだけど、 Deep Medi の次に Butterz からアルバム出すという事実だけで嬉しくなってしまう。
Octave / Augustin
Octave / Augustin
bandcamp でアホみたいな数の作品を発表しているルーマニアのプロデューサーのアルバム。軽快なテック・ハウス。最初8曲入りだったのに、今見たらなぜか4曲に減ってる・・・。
Nomine / Inside Nomine
Nomine / Inside Nomine
地味渋ダブステップ。ずっと聴いてられる。
REGIS / Manbait
REGIS / Manbait
編集盤。”Blood Witness” と “Blinding Horses” をこんなに入れなくてもいいんじゃないの、と思わなくはないけど、 CUB の収録がうれしい。
Ready To Spit
Garahavi / Ready To Spit
湘南のラップ・デュオとオーストラリアのビートメイカーによるミックステープ。シンプルなトラックに絡みつくようなラップが映える。
Weekly Loads # Complete Edition
NF Zessho / Weekly Loads # Complete Edition
「Weekly Loads」というキャンペーンで発表してきた曲をまとめた作品。派手さはないけど、シャープなラップがかっこいい。

10月は良い作品が多かったですな。

CD2枚、12インチ1枚、ファイル10

Theater 1 / 4/12tha BOSS / IN THE NAME OF HIPHOP嵐 / JaponismMVJIMOB / Look out the Windows EPPearson Sound / Thaw CycleDaev Martian / SometimesKuroi Jukai / Kuroi JukaiFAMILY EVENT / DEMO TAPE 2SLEEPARCHIVE / Sleep Cyclesヘントナー大佐 / ノートブックSo Hideous / LaurestineVessels / Dilate RemixesPEPE BRADOCK / Le Fada

Theater 1 / 4/12
CRZKNY と D.J.Fulltono によるユニットの連絡シングル(?)の4枚目。
tha BOSS / IN THE NAME OF HIPHOP
THA BLUE HERB のラッパーの初ソロ・アルバム。
嵐 / Japonism
嵐の14枚目のアルバム。
MVJIMOB / Look out the Windows EP
広島のヒップホップ・クルー MVJIMOB のミニ・アルバム。name your price。
Pearson Sound / Thaw Cycle
Ramadanman の別名義でのシングル。
Daev Martian / Sometimes
南アフリカのシンガーによるミニ・アルバム。name your price。
Kuroi Jukai / Kuroi Jukai
カナダのノイズ・ハードコア・バンドによるアルバム。
FAMILY EVENT / DEMO TAPE 2
aaronmaxwell と James Matthew によるユニットのビートテープ。name your price。
SLEEPARCHIVE / Sleep Cycles
SLEEPARCHIVE による4曲入りシングル。name your price。
ヘントナー大佐 / ノートブック
v.o.c のメンバーによる EP 。name your price。
So Hideous / Laurestine
ニューヨークのブラックメタル・バンドのセカンド。
Vessels / Dilate Remixes
イギリスの5人組ユニットのリミックス・シングル。
PEPE BRADOCK / Le Fada
Red Bull のサイトでダウンロード配信していたシングルのアナログ化。

この書き方時間かかるから多分続かない・・・。

“CD2枚、12インチ1枚、ファイル10” の続きを読む

ファイル7

Nomine / Inside NomineEMPTYSET / SignalLogan Sama / FABRICLIVE 83SENKING / closing iceCommodo, Gantz & Kahn / Volume 1Grits / For y'all 87Suolo / Cel Cuceasul EP

Nomine / Inside Nomine
EMPTYSET / Signal
Logan Sama / FABRICLIVE 83
SENKING / closing ice
Commodo, Gantz & Kahn / Volume 1
Grits / For y'all 87
Suolo / Cel Cuceasul EP

Boomkat はあらゆる面で使い辛くなっちゃったなぁ・・・。