KEN THE 390 / ONE (rhythm zone) CD

KEN THE 390 / ONE (rhythm zone)
http://www.kenthe390.com/

KEN THE 390 が2011年の2月に出したメジャー・セカンドアルバム。

私はこの人の音源ってまともに聴いたことがほとんどないんだけど(りんごのアルバム持ってるけどこの人もメンバーなのさっき知った)、アルバムに先んじて発表された “AFRAとサ上鎮座390 ~RUN BEAR RUN~” と “What’s Generation” が、両曲ともシーンからの支持の厚い人たちが参加していたので、てっきりストリート回帰的な作品になるのかと思っていたんだけど、実際に聴いてみた今作はそれとは真逆のかなりポップなアルバム。

でまぁその方向性自体は別にいいんだけど、そこで軸になるべき彼のラップが、BBOY PARK のフリースタイルで力強いラップを聴かせてくれていたのと同じ人なのかと疑いたくなるほど弱々しく、またそのせいでポップであるにもかかわらず全体の印象がかなりぼやけてしまっている。

また曲に関しても、ほとんどが自身や参加シンガーがサビで歌いだすという、よくあるパターンのものが多く、決して悪くはないものの、かといって際立ったものもない中途半端なものになっているのもつらい。

これ聴くと安易に歌モノにはしらずポップさを演出していた RIP SLYME や SOUL’d OUT ってすごいグループだったんだなぁ、とか思います。

彼の声質を考えればポップな方向性というのは間違ってはないと思うだけに残念。

ONE - KEN THE 390

“KEN THE 390 / ONE (rhythm zone) CD”の続きを読む

サイプレス上野とロベルト吉野 / ドリーム (ZZ PRODUCTION) CD

JPLS / The Depths (m_nus)
http://www.sauetoroyoshi.com/

これまた今更だけど、横浜の2人組、サイプレス上野とロベルト吉野の2007年発表のファースト・アルバム。

今作の傑作たる所以はもう色んなところで語りつくされているだろうから、私が付け足したいと思うことはそれほどないんだけど、それでもやはり思うのは、今作の素晴らしさはバラエティ豊かなトラック郡でもなく、またそれでも失われないユーモアやポップさでもなく、またはそれでも薄まらないヒップホップイズムでもなく、パーティーに近い刹那さが全編から感じられるところで、つまりこの刹那の先のことは分からないという不安と、だからこそ今を遊びつくそうという力強さであり、その感覚が一番感じられる “Bay Dream ~フロム課外授業~” の「汚れる事だけが自慢の仲間でも大丈夫すぐ側は墓場」というラインは、今作で最も感動的な部分だろう。

あと今作の冒頭(に限らないけど)で伊藤政則の声がサンプリングされているけれど、彼は自分の声が日本のヒップホップでサンプリングされているなんて知っているのかなぁ・・・。

“サイプレス上野とロベルト吉野 / ドリーム (ZZ PRODUCTION) CD”の続きを読む

Legend オブ 伝説 a.k.a サイプレス上野 / Dear Customer 2

Legend オブ 伝説 a.k.a サイプレス上野 / Dear Customer 2
http://www.sauetoroyoshi.com/

ここ何ヶ月か仕事の忙しさにかまけて更新頻度ががた落ちだった当ブログですが、やっと落ち着きそうな雰囲気になってきたので、軽めな感じで更新していきたいと思います。

ということでここ何ヶ月で聴いていた盤をぼちぼちと。

『Dear Customer』といいますと、サイプレス上野が変名で出しているミックス・シリーズですが、現在『Dear Customer 4』まで出ていて、これは数年前に出した2作目。

このシリーズは彼の趣向からか比較的ヒップホップと J-POP を混ぜることが多いんだけど、今作はヒップホップのみを使ったミックスになっていて、そういった意味ではシリーズの中でも異色。しかしポップさは抑え目でも、聴きやすさという点では他のシリーズと変わりなく、メロディアスなヒップホップがスムーズにミックスされていて心地よい。また日本のヒップホップもアメリカのものと同列にミックスされているのも彼らしい。

BBOY PARK 2009

BBOY PARK 2009
http://www.bboypark.com/

どうもこんばんは、昨日、一昨日と参加した BBOY PARK の疲れで体がボロボロの shooter です。
別に朝から晩までいたわけでもないのにこの有様、いやはや歳はとりたくないものです(単なる運動不足もある)。

ということで、今日は正直さっさと寝たいのですが、イベント事については時間が経てば経つほど書くのが面倒になるので(実際それでカミセンとかブロックパーティーとか書いてないし)、とりあえずだらりとしたテンションで簡単に書きたいと思います。

[何だかんだで長いよ!!]

LEGEND オブ伝説 a.k.a. サイプレス上野 / PHY KICK’N NOW DEEJAY! ~最近のディージェイ~ (ドリーム開発) CDR

LEGEND オブ伝説 a.k.a. サイプレス上野 / PHY KICK'N NOW DEEJAY! ~最近のディージェイ~
http://www.sauetoroyoshi.com/

色んなところで話題になっていますけれども、シスコ倒産ですってね。まぁ昨年で実店舗がなくなって以降、買い物してなかったんで特に個人的には影響ないんだけど、レコード業界的にこれでさらに縮小傾向が強くなるのは嫌だなぁ。あとびびんばさんが書いてるの見て気がついたんだけど、このブログもシスコに視聴リンク一杯張ってあるのどうしましょうかねぇ。まぁこのブログの過去記事あさると、実はサイト内リンクでリンク切れ腐るほどあるんだけどね。

ということで、約1週間ぶりの音盤紹介。身体的にもやる気的にもまだまだなので、割とゆるくいきます。

サイプレス上野が DJ するときに使用する別名義、LEGEND オブ伝説 の作品というと『Dear Customer』というシリーズがありますが、今作はそれとはまた別に、タイトル通り最近のプレイを反映させたという J-POP のみを使ったミックスCD。

一応それなりに名前が売れてきて気をつかったのか、トラック・リストのアーティスト名にいくつか伏字を使用しているので、こちらも合わせて固有名詞を出すことは避けますが、やっぱりというか予想通りというか、大人気のテクノ・ポップ3人組の曲が20曲中4曲と多く使われていて、さらに最近結婚した黒船のリミックスも収録されていたりで、全編ダンス指数は高め。さらに曲の繋ぎも以前より達者になっていて、なかなか楽しめる内容ではあるんだけど、ちょっと選曲が面白くないんだよね。伏せて書くのが面倒くさくなったので曲名はあげないけど、何で今更、見たいな曲も多いしさ。それにアーティストも、ここら辺の人が使ってる定番って感じがするし。どうせなら羞恥心くらい使いこなしてほしかったものだが(そりゃ無理か)。

『Dear Customer』のごった煮感覚は非常に好きなので、今度はあちらで面白いの期待してます。

[Tlack list]