倖田來未 / Color The Cover (rhythm zone) CD

倖田來未 / Color The Cover (rhythm zone)
http://rhythmzone.net/koda/

倖田來未が2013年2月に発表した2枚目のカバー・アルバム。
今作は事前に発表された “ピンク スパイダー” と “ラブリー” によって、炎上に近い形で非常に話題になったわけですが、その後このアルバムに対する感想ってほとんど目にしなかったので、実際聴くにまでいたった人は少なかったって事なんでしょうか。

で、天邪鬼な私としてはこのアルバムを大絶賛したいところなんですが、ちょっと厳しいですかねぇ。

“ピンク スパイダー” のときに批判の要因にもなった大仰なシンセとウォブルベースが前面に出た EDM アレンジは、アルバムで2曲目に配置された “Shake Hip!” でも同様で、早くもうんざりさせられるのだが、これ以外に曲に関しては、原曲をテレビなどでしか聴いた事の無い私には違和感の無いアレンジがなされており、アルバム全体では原曲の雰囲気から離れた印象は受けない。

しかしそれらを歌う倖田來未の歌唱がなかなかに厳しい。元々私の中で彼女って、世間で云われているほど悪い印象は無くて、それなりに歌唱力も表現力もある人だと思ってるんだけど、今作での彼女は声の伸びも張りも以前より明らかに落ちていて、それを隠すためなのか変に声を張り上げている部分が目立つのもきつい。

こんな状態で、他との比較が容易なカバー作を作ったのは、やはり失敗だったんじゃなかろうか・・・。

“倖田來未 / Color The Cover (rhythm zone) CD” の続きを読む

倖田來未 / TRICK (avex) CD

倖田來未 / TRICK (avex)
http://rhythmzone.net/koda/

デビューが2000年なんで、思ったよりもベテランさんなのね、って感じの倖田來未の7枚目のアルバム。

以前に比べると露出が減ったのか、それとも私がテレビを見なくなったのか、とにかくアルバムを聴く前に知っている曲が全然なかったので、若干不安だったんだけど、いや、これは今まで聴いたことのある彼女のアルバムでは一番好きですね。

どうも今までの彼女なアルバムは、色々なことを頑張りすぎている印象があったんだけど、今作に関してはとにかく無理してる感じがなくて、いい感じで力が抜けている。そのせいなのか、とにかく大声張り上げるような場面が少なくなっているのも、非常に良いんじゃないでしょうか。

トラックは今っぽく、トランスみたいだったりエレクトロっぽかったり、とにかく派手ではあるんだけど、どれもいい意味で軽薄で、それが倖田來未にはすごく合っている。

まぁさすがに今作を聴いて、彼女のアーティストとして実力に恐れ入った、何て事までは思わなかったんだけど、すごく「avex 的」に良質な作品なんじゃないでしょうか。
やっぱりこの人は無理して「エロ」とか出さない方が良いよ。

倖田來未 - TRICK

“倖田來未 / TRICK (avex) CD” の続きを読む

m-flo/COSMICOLOR

m-flo/COSMICOLOR
http://m-flo.com/

『ASTROMANTIC』(過去記事)、『BEAT SPACE NINE』(過去記事)と続いたコラボレーション・シリーズの最終章にあたるアルバム。
前作の『BEAT SPACE NINE』の時点ですでにマンネリ感が漂ってる感じがあったけど、今作ははっきりマンネリなんじゃないですかねぇ。 m-flo のことなんでクオリティが低いという事はもちろんないんだけど、さすがに3作目ともなると共演相手も今までとかぶっているものが多いし、楽曲的にも m-flo の新たな一面が見られるというよりは、今までの彼らの縮小再生産的なものが多い。やはりこのコラボレーションは、この方式が定着した時点でやめるべきだったんじゃないかなぁ。
個々の楽曲でいえば、倖田來未BONNIE PINK とやったやつが良かったです。

視聴
m-flo - COSMICOLOR
[Tracklist]

倖田來未/Black Cherry(avex)

Black Cherry
http://www.rhythmzone.net/koda/

このアルバムの3曲目、 “人魚姫” のアレンジがヘヴィ・ロックなのを聴いて思ったんだけど、なんで(物凄く広い意味での)ダンス・ミュージックの人ってアーティストの進化の記号としてロックを使いたがるんですかね。まぁ思い当たる部分としてはなんだかんだでコンプレックスなんだろうけど、逆に現在のロックの進化の大部分はダンス・ミュージックに負っているともいえるわけで、つまりは親殺しは為ったロックを超えた、という事なのでしょうか。

なんて事を考えてみたんだけど、もちろんそれとこのアルバムの内容とは全然関係ない。

このアルバムは彼女にとって5枚目のアルバムになるわけですが、前作(過去記事)と今作と聴いて思うのは、彼女って「エロかわ」とか言われているわりには、まぁ外見はともかくとしても声の方にエロさが全然ないのよね。それは前作であれば “今すぐ欲しい” 、今作であれば “WON’T BE LONG” などのカヴァー曲を聴くと良く分かる。そしてそれは言い方を変えればファンクネス、生命力ともいえるわけで、だからなのか彼女の歌ってイマイチ淡白で面白みに欠けるのよね。
でも個人的にこの人の声の持つ切なさや可愛い部分は嫌いじゃないので、バラードやポップスが比較的多めのこのアルバムは悪くなかったです。

amazon で見る
“倖田來未/Black Cherry(avex)” の続きを読む

倖田來未 / BEST~second session~

BEST ~second session~ special edition
http://www.rhythmzone.net/koda/

最近ツタヤが「レンタル料金5枚で1000円」というのをやっているので色々借りています。その中の一枚。

現在の avex の看板である倖田來未と大塚愛。この二人ってネットや雑誌を見るとあまり良いように言われないことが多いけど、個人的には彼女らの放つ、今では逆に貴重にも思えるJ-POP感は嫌いじゃないです。
それに元々この人ってテレビにバンバン出たかった人みたいだから、初期のいかにもR&B歌手然とした売出しよりも、今の露出の多い打ち出しの方が合ってるんだろうし。

つまり何が言いたいのかというと、音楽というものを「表現」と捉えるか「商売」と捉えるかは人それぞれだと思うんだけど(勿論それ以外だという人も沢山いるでしょうけど)、倖田來未には「商売」という面に無理なくはまれたんだろうし、それを見誤ったのが浜崎あゆみなのかなぁ、なんて思いました。
“倖田來未 / BEST~second session~” の続きを読む

だらだらと・・・・。

書きたい事は色々あるのだけれど、それをだらだらと書いている時間がなかなかとれず、かといって書かないと頭悪いから何書こうとしたのか忘れちゃうし、だったら携帯からのメールで更新しようと思ったのだけれど、そんな暇あったら早く家帰ってPCでやった方がいいじゃん!ってな感じでどうしましょう?まぁいいや。と、いうことで最近思った事を。

仕事柄ラジオを良く聴くのだけれど、ラジオで流れるJポップッを聴いて思った事。

オリビア
three NATION / OLIVIA once again
この曲を聴いてまず引っかかるのって、まるで倍速にしたような『オリビアを聴きながら』だと思うのだけれど、これってカニエ・ウェストがやってる手法(チップマック・ソウルだっけ?)と同じですよね。今までもアメリカの有名プロデューサーの手法を真似た曲はたくさんあったけど、ここまで早く租借して、しかもポップスに仕上げたのってあまり記憶にない。正直やられた、と思わされてしまいました。単純にカヴァーとしても秀逸だと思います。

love&
倖田來未 / LOVE & HONEY
いつだかの「リアル・エモーション」のヒットにより彼女は腹をくくらせたようで、それ以降、今では逆に稀少になほどJポップを感じさせるシングルばかりを出しているけれど、この曲の安っぽさはすごいですね。基本的に歌のうまい人なので安心して聴けるけど、まるで機械のようですね。

 
sky
奥田民生 / スカイウォーカー
実は聴いた事ないんだけど、このジャケといい、同発でDVDシングルを出す事といい、ここまでメジャーな人が反CCCDを表明したのは素敵。なんかやり方もこの人らしいしね。