2015年10月のお気に入り

坂本真綾 / FOLLOW ME UP
坂本真綾 / FOLLOW ME UP
彼女のアルバムにしては珍しくシングル曲が多いのだけれど、アルバム曲も負けず劣らずの個性を放っており、華やかながらも濃密な作品。
deafheaven / New Bermuda
deafheaven / New Bermuda
予想していたよりもメタルっぽかったのが意外だったんだけど、 Deafheaven らしさもきちんとあって予想以上。
RR006
René Audiard / René Audiard
ベルリンのプロデューサーの連作シングル。アホみたいに高かったんだけど、ダークなテクノばかりで私好み。
Suolo / Cel Cuceasul EP
Suolo / Cel Cuceasul EP
ただ淡く淡々と。
Swindle / Peace, Love & Music
Swindle / Peace, Love & Music
ダブステップとジャズやファンクが溶け合った音楽性も素晴らしいんだけど、 Deep Medi の次に Butterz からアルバム出すという事実だけで嬉しくなってしまう。
Octave / Augustin
Octave / Augustin
bandcamp でアホみたいな数の作品を発表しているルーマニアのプロデューサーのアルバム。軽快なテック・ハウス。最初8曲入りだったのに、今見たらなぜか4曲に減ってる・・・。
Nomine / Inside Nomine
Nomine / Inside Nomine
地味渋ダブステップ。ずっと聴いてられる。
REGIS / Manbait
REGIS / Manbait
編集盤。”Blood Witness” と “Blinding Horses” をこんなに入れなくてもいいんじゃないの、と思わなくはないけど、 CUB の収録がうれしい。
Ready To Spit
Garahavi / Ready To Spit
湘南のラップ・デュオとオーストラリアのビートメイカーによるミックステープ。シンプルなトラックに絡みつくようなラップが映える。
Weekly Loads # Complete Edition
NF Zessho / Weekly Loads # Complete Edition
「Weekly Loads」というキャンペーンで発表してきた曲をまとめた作品。派手さはないけど、シャープなラップがかっこいい。

10月は良い作品が多かったですな。

2015年6月のお気に入り

安室奈美恵 / _genic
安室奈美恵 / _genic
Cruel Intentions
Tory Lanez / Cruel Intentions
The Reach
Boogie / The Reach
Mr.Children / REFLECTION {Naked}
Mr.Children / REFLECTION {Naked}
V.A. / TECHNIQUE 20TH ANNIVERSARY
V.A. / TECHNIQUE 20TH ANNIVERSARY
Herbert / The Shakes
Herbert / The Shakes
坂本真綾 コーネリアス / あなたを保つもの
坂本真綾 コーネリアス / あなたを保つもの
赤西仁 / Me
赤西仁 / Me
Surf
Donnie Trumpet & The Social Experiment / Surf
for the goodman mix.
Bell / for the goodman mix.

コメントが思い浮かばないくらい漫然としてる。

2015年5月のお気に入り

坂本真綾 / LIVE 2013 “Roots of SSW”
坂本真綾 / LIVE 2013 “Roots of SSW”
昨年1月に発表した配信限定のライヴ盤。4月のライヴを反芻したくて買ったんですが、そんなの関係なく素晴らしい作品。
DARTRIIX / Flying One Hand
DARTRIIX / Flying One Hand
田中フミヤとも radiq とも似て非なる素敵ミニマル。
Kendrick Lamar / To Pimp A Butterfly
Kendrick Lamar / To Pimp A Butterfly
ちょっと想像してたのとは違ったんだけど、それでもこれは認めざるを得ない。
Knxwledge. / Hud Dreems
Knxwledge. / Hud Dreems
今年は特にリリース数が多いですが、今回はかなり良い。
OMSB / Think Good
OMSB / Think Good<
ガチャガチャしててかっこいい。
Tyler, The Creator / Cherry Bomb
Tyler, The Creator / Cherry Bomb
これもガチャガチャしててかっこいい。
PRURIENT / Frozen Niagara Falls
PRURIENT / Frozen Niagara Falls
思ったよりもメタルっぽくて聴きやすかったです。
The Nehruvian EP
Bishop Nehru / The Nehruvian EP
若いのに渋い。
PINK2
MISOGI / PINK2
この人こんなに重かったっけ、って感じなんですが、ひたすら機能的でカッコいい。
嵐 / 青空の下、キミのとなり
嵐 / 青空の下、キミのとなり
最近の嵐はシングルの充実度が高いけど、これはその中でもかなり良い。

4月の分が月末になっちゃったんで、今度は間なく更新しようと思ったら、結局中旬になっちゃった5月のお気に入り。5月は今年一番ではないかというくらいいい作品が多かったんですが、そんな中でも一番聴いていたのは結局坂本真綾という。それで次が田中フミヤのユニットなんだから、何だかんだで趣味変わってないんだなぁと・・・。

2013年4月のお気に入り

Daluz / Chasing the Sun
Daluz / Chasing the Sun
Kis-My-Ft2 / Goodいくぜ!
Kis-My-Ft2 / Goodいくぜ!
坂本真綾 / シンガーソングライター
坂本真綾 / シンガーソングライター
Djrum / Seven Lies
Djrum / Seven Lies
Kis-My-Ft2 / キ・ス・ウ・マ・イ ~KISS YOUR MIND~
Kis-My-Ft2 / キ・ス・ウ・マ・イ ~KISS YOUR MIND~
Vibration White Finger / BACK FROM SURGERY
Vibration White Finger / BACK FROM SURGERY
The Haxan Cloak / Excavation
The Haxan Cloak / Excavation
James Ferraro / Cold
James Ferraro / Cold
Noah x SELA. / Noah x SELA. - Split EP
Noah x SELA. / Noah x SELA. – Split EP
Austin Paul / Velvet
Austin Paul / Velvet

3月のまとめ記事書いたのって、ついこないだじゃなかったっけ、ってくらい4月は早く過ぎ去った気がするんですが、とりあえず4月のお気に入り。前回よりも枚数が増えてますが、これはいっぱい音楽を聴いたから、っていうよりは、広く浅くでなんとなく聴いてたのが多かったから・・・。あと相変わらず時間がなくて、曲の長いテクノとか聴く気がしなく、そのため歌もの多目。
上の3枚は、ものすごく大きな括りで云えばポップス。Daluz はメロディ、トラック共に本当に美しくてよく聴いた。坂本真綾は肩肘はってない感じですごく良い。キスマイは勢いでアルバム、シングル両方入れちゃったけど、なかなか面白いグループになってきてる。Djrum はテクノとダブステップと2ステップが融合した美しいエレクトリック・ミュージック。上記したように引き続きテクノをあまり聴けなかったんですが、その中でも Vibration White Finger はよく聴いた。テクノっていうよりハウスな気もするけど。The Haxan Cloak は仕事に疲れたときに聴くとはまる暗黒サウンド。
残りの3枚はフリーもの。フリーのやつは流し聞きすることが増えたので、実はあんまり内容把握できてないんだけど、気がつくと回数聴いてたのがこの3枚。
5月こそはテクノを聴こう・・・(アナログも溜まってるし)。

以下はフリーで落とした曲から良かったの。前回選べなかったので2か月分。

“2013年4月のお気に入り” の続きを読む

坂本真綾 / 雨が降る (JVC) CD

坂本真綾 / 雨が降る (JVC)
http://www.jvcmusic.co.jp/maaya/

ヴォーカルにエフェクトかけてたり、女の子がダンス・ミュージックやっているというだけで、 Perfume を引き合いに出すのってどうなんだろうと思う今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか、 shooter です。
すいません、眠くてグダグダなんです。

アルバム『夕凪 LOOP』(過去記事)以降では、4枚目となるシングル。

前シングル『トライアングラー』(過去記事)が久しぶりに菅野よう子の手によるものだったので、次はどんな方向性でくるのだろうと思っていたら、今作はかの香織作曲のバラード。

美しいハープのイントロから始まり、サビで一気に音の厚みが増し盛り上がる曲は全然悪くないんだけど、特に特徴的な部分があるわけでもなく、端的にいえば面白味がない。

まぁ坂本真綾が、良くいえば普遍的なポップスへの道を進むであろう事は、『夕凪 LOOP』を聴いた時点で想像できたことではあったのだけれど、実際こうも面白味のない曲を差し出されると、『夕凪 LOOP』のさりげなさを支持した身としてはなんとも複雑な気分になる。

BEST of 2001

Floor.People.Tension.EPONLY FOR THE MINDSTRONGイージーリスニングLucyDUBARCHANOIDLILY OF DA VALLEYFYUTITAGS OF THE TIMES:3Light ExtractsUPPER JAM

  1. Fumiya Tanaka / Floor.People.Tension.EP
  2. V.A. / ONLY FOR THE MINDSTRONG
  3. 坂本真綾 / イージーリスニング
  4. 坂本真綾 / Lucy
  5. Dub Archanoid Trim / DUBARCHANOID
  6. DRAGON ASH / LILY OF DA VALLEY
  7. BOLA / FYUTI
  8. V.A. / TAGS OF THE TIMES:3
  9. Eivind Aarset’s Éléctronique Noire / Light Extracts
  10. 餓鬼RANGER / UPPER JAM

田中フミヤのはタイトル通りシングルなんだけど、ダブルパックなんで無理やり入れてます。あとのは、一見バランスがいいようでいて、微妙に偏っている変な並び。

BEST of 1999

DISCOVERYfragileMr.Children 1/42Carry On my waySingle Collection Hotchpotch (ハチポチ)TO COME...Black on Both SidesForce & FormHEAVY GAUGETHE AZTEC MYSTIC MIX

  1. Mr.Children / DISCOVERY
  2. Nine Inch Nails / The Fragile
  3. Mr.Children / 1/42
  4. SPEED / Carry On my way
  5. 坂本真綾 / シングルコレクション プラス ハチポチ
  6. SILENT POETS / TO COME…
  7. Mos Def / Black On Both Sides
  8. SURGEON / FORCE & FORM
  9. GLAY / HEAVY GAUGE
  10. DJ ROLANDO / THE AZTEC MYSTIC MIX

印象の薄かった1998年に比べ、この年は豊作ですね。あとここには選んでないけど、 Company Flow のインスト盤や RUBBEROOM もこの年で、多分この辺りから私のアンダーグラウンド志向は強くなっていったのではないかと。

坂本真綾 / トライアングラー (JVC)CD

トライアングラー
http://www.jvcmusic.co.jp/maaya/

マクロスのオープニングテーマ、そして久々の菅野よう子プロデュースという話題性のおかげなのか、かなり好調なチャート・アクションをみせている坂本真綾の新しいシングル。
でも個人的にはこれはイマイチですかねぇ。というのも、やっぱりこういう坂本真綾が声張り上げる感じの曲って、好きになれないのですよ。せっかく細やかな感情の機微も表現できる歌手なのに、曲のせいで台無しになっているように思える。まぁこういう曲でも力を発揮できない、坂本真綾の力不足、といってしまえばそれまでなんだけど、声質とか考えても、これだったら AKINO の方が明らかに合ってるし。カップリングが菅野よう子のプロデュースじゃないのも、今回組んだのはマクロスの企画の為だけ、みたいなのがあからさまに出てて、ちょっと興醒めだしさ。
やっぱり今の彼女には鈴木祥子が一番良いと思うんだけどなぁ。

試聴
amazon.co.jp

菅野よう子 / CMようこ (Grand Funk)mp3

CMようこ
http://www.grandfunk.net/

菅野よう子に関してはご多分に漏れずに「COWBOY BEBOP」で知った口で、一時期それなりに聴いてたんだけど、「攻殻機動隊」の時のロック路線がどうも好きになれなくて、以降は全然聴いてませんでした。しかし菅野よう子の CM ワーク集が配信限定ながらリリースされると聞いては無視できないわけで、さらに坂本真綾参加曲もあるということで、迷わず購入ボタンをポチっとしてしまいました。
菅野よう子がテレビのサントラ以外にも CM 音楽を数多く手がけているというのは知ってはいたんだけど、実際この作品を聴くと耳馴染みのある曲ばかりなのに驚く。
そして菅野よう子であるからして音のスタイルは多岐に渡るんだけど、 CM 音楽ということで短い時間の中にも強烈なつかみがあって、それでいてきちんとした1曲として成立しているのは凄い。中でも久しぶりにメロディの美しさだけで泣きそうになった “Seeds of Life” (コスモ石油の曲)と、ストリングスと ORIGA のの歌声のダイナミズムに圧倒される “Exaelitus” ( LEXUS の曲)は本当に素晴らしい。さらに極めつけなのは当然のように坂本真綾との “チョコと勇気” で、30秒という時間の中に溢れてしまいそうなほどの感情が張っていて、坂本真綾作品の中でも最高の部類に入る曲ではなかろうか。
23曲で30分強ということもあって、ついつい何度も聴いてしまう作品です。

菅野よう子 - CMようこ

坂本真綾/30minutes night flight(Victor)CD+DVD

坂本真綾/30minutes night flight
http://www.jvcmusic.co.jp/maaya/

菅野よう子がプロデュースしていたときのカッチリした作りに比べ、前作『夕凪 LOOP』(過去記事)は幾分肩の力が抜けたような作品だったわけですが、「眠れぬ夜の30分間の夜間飛行」をテーマにしたこの『30minutes night flight』も同じかな。
最初コンセプトを聞いたときは、もっとゆったりした、所謂癒系みたいなものを想像してたんだけど、ほとんどの曲が別離をテーマにしているのが耳にのこる。しかしそれも悲壮感にまみれたものではなく、全てが過去のことであるような穏やかさが感じられて、つまりは朝という新たな一歩を踏み出す前に、夜間飛行という名のノスタルジーに浸りましょう、って事なのかしらね。その穏やかさというのは非常に心地良くはあるんだけど、最初書いたように音楽的には前作とあまり変わらないように思えて、少し物足りなさを感じるのも事実。しかし以前よりも感情の機微が感じられる坂本真綾の歌声を聴いていると、そんな事どうでもよくなってくる。
つまりは彼女の声を生かすような曲が、ってな話になるわけですが、今作のは確かにどれもいい曲なんだけど、前作に続いてもっとも相性が良い鈴木祥子全曲プロデュースの作品が聴いてみたくなります。

視聴

amazon
[Tracklist]