GIRL NEXT DOOR / Seeds of dream (avex) CD

GIRL NEXT DOOR / Seeds of dream (avex)
http://girlnextdoor.jp/

GIRL NEXT DOOR の、昨年のアルバム(過去記事)以降では初となるシングル。
一応アルバム出した後なんで、多少は音楽性に変化があるのかなぁなんて思ってたんだけど、そんなものは当然のようにあるわけもなく、それにデビューしてまだ1年くらいなんだから、そんなに早くは音楽性も変わらないか、ってな感じで、いつも通りのエイベックス打ち込み歌謡。

表題曲の方はアイスのCMで流れているので聴いた人も多いかもしれませんが、ヴァースからコーラスへの展開がプログレもびっくりな強引さで、その無理やり加減が逆にエイベックスっぽくて、なんだかほっこりする曲。しかし曲の頭からけっこうでかい音でキックがなるんだけど、それがサビになっても全く音圧下げないのはものすごくエライ!

カップリングの “Reasons for tears” は、バックのトラックが四つ打ちじゃなくてブレイク・ビーツになっているせいか、いつもの直情的な感じが削がれちゃってイマイチ。

あとの残りのリミックスは、このユニットの別な側面を見せるというものではなく、エイベックス的な音のバリエーションでしかないんだけど、 “ESCAPE (ice cream mix)” はなかなか面白く、ヴォーカルを掻き消すように馬鹿でかく鳴らされるハットとキックがこれまたステキな佳曲。

このユニットは毎回金太郎飴のような音なので、いい加減飽きるかと思ったんだけど、意外とまだいけそうですね。まぁ世間的にはそろそろ厳しい感じもするが、果たして・・・・・。

GIRL NEXT DOOR / GIRL NEXT DOOR (avex) CD

GIRL NEXT DOOR / GIRL NEXT DOOR (avex)
http://girlnextdoor.jp/

あれは確か「rockin’ on」に載っていた oasis のレビューだったと記憶しているんだけど、「oasis を時代錯誤とかいうやつがいるが、今の時代にコレだけ受け入れられているということは、それだけで現代性を持っていることの証明である」、みたいな事が書いてあって、それを読んだ私は激しく納得してしまったのだけれど、じゃぁその言説に沿っていくならば、いくらレコード会社の力が大きいとはいえ、それなりの結果を出している Girl Next Door も、きちんと現代性を持っているということになるのだけど、いや、どうなんでしょうね。

この100年に一度といわせる大不況の中、全曲にタイアップがついているという、非常に景気のいいこのアルバムなんですが、先に発売されたシングルの路線から予想できる通り、全ての要素において avex の遺産のみで作られたような作品。

なのでここから最近の音楽の流れを読み取ることはかなり難しい。

しかし上記の論は多少極論めいていたとしても、現状受け入れられているのは事実なわけで、ということはやはりこのグループが現代性を持っていると考えられるわけで、それは一体なんなのか、昔の avex ものと聴き比べてみたりしたんだけど、全然分からないのよね。多少 Girl Next Door の方がキックの音がくっきりしてる気はするんだけど、そんな細かいとこ普通の人が気にしないだろうしさ(っていうか私もしない)。

そうするとあと考えられるのは、結局ここ10年、 J-POP の進化なんてものはなかった、ということなんだけど、そう云い切ってしまうのもちょっと抵抗あるんだよね。まぁ目に見えるほどの進化があったかといえば、それも甚だ疑問なんだけど。

ということで、話が全然まとまらないので、ここで強引に終わりにしたいんだけど、この10年の avex なり J-POP なりを振り返るというのも中々面白いかもしれませんね。まぁ気が向いたら書きます。

GIRL NEXT DOOR - GIRL NEXT DOOR

[続きを読む]

GIRL NEXT DOOR / Drive away (avex) CD

GIRL NEXT DOOR / Drive away
http://girlnextdoor.jp/

個人的にはデビュー作『偶然の確率』(過去記事)がツボだった GIRL NEXT DOOR の、矢継ぎ早の2枚目。

イントロの今時ないくらいトランスっぽいシンセに思わず仰け反りそうになるんだけど、歌が始まってしまえば、やっぱり avex な王道 J-POP 。前作同様まさに既聴感のみで構成されたような曲なんだけど、こちらの方がテンポが速い分、不健康なまでに健康的な躁状態、とでもいいたいような感覚が強くて、こういうのには逆らえないんですねぇ。同じ応援ソングでも、こういう病的な方が私は好きです。

あと今作も avex のいつもの例に漏れず、リミックスが2曲ほど収録されてるんですが、こういうのって、一体どういう層に向けて作ってるんですかね。昔近田春夫が「クラブで使える」みたいなこと書いてた気がするけど、ホントに現場で使ってるとは思えないしさ。せいぜい使ってても「申し訳」とかその手のでしょ。そういうのがそれ程需要があるとは思えないしなぁ。まぁこういう avex のリミックスだけでカッコいいミックス作れる人がいるのなら、ぜひとも聴いてみたいところではありますが。

視聴
amazon

GIRL NEXT DOOR / 偶然の確率 (avex) CD

GIRL NEXT DOOR / 偶然の確率
http://girlnextdoor.jp/

別段好物というわけではないんだけど、ふとした瞬間にファンタとかマックとか、添加物の多そうな食べ物(実際はどうだか知りませんが、イメージとして)が食べたくなるときがあるんだけど、それと同じようなことが音楽でもありまして。ではそのような時に、私はどんなのを聴くかといいますと、まさにこの曲ですよ、 GIRL NEXT DOOR のデビュー曲である “偶然の確率” 。

なんでもこの人たちは avex の20周年である今年送り出された大型新人らしいんだけど、もう私は CM で聴いた瞬間にもってかれた。昔 ELT がデビューした時も、ただでさえパチもんくさい globe の、またさらに三流コピーのような風情にしびれたものだけど、この GIRL NEXT DOOR も、この J-POP の進化など何もなかったかのような(実際なかったのかもしれないけど)、どこからどう聴いても avex 意外ではありえないような王道の打ち込み J-POP で、とにかくスゴイ。

イントロのギターが鳴った瞬間、そのあまりに90年代な音色にクラクラするんだけど、それ以降も、曲にしろ歌詞にしろ音にしろ、構成される要素の全てにオリジナルなものが一切なく、 trf 以降の avex の語法を駆使したものになっていて、逆に最近の avex にはない王道感を強く感じる。もうすぐ21世紀も10年経とうというのに、こんな音を鳴らせるのは、よほどの天才かアホかのどちらかだろう。
そして後ろで演奏してるおっさん二人はどうだか知らないけど、少なくとも歌っている女の子に関していえば、自分の歌、及び音楽が最高であると信じて疑ってないような堂々としたたたずまいのヴォーカルで、そこが素晴らしいし、でも実際には、音程はともかくとして、声に躍動感がなくて平板な印象しか与えないのも avex っぽくて個人的にはツボ。歌詞が誇大妄想気味なのも、小室哲哉っぽくていいし。

まぁ正直いえば、全てにおいてディフォルメがきつすぎて、この曲がいいのか悪いのかもよく分からないんだけど、好きか嫌いかでいえば私は大好き。なんかこうなってくると day after tomorrow を聴いてこなかったことが悔やまれるが、まぁそんなことはどうでもいい。彼らにはこのまま、時代の徒花として添加物にまみれた曲を量産してほしいなぁ。

GIRL NEXT DOOR - 偶然の確率 - EP