NITRO MICROPHONE UNDERGROUND / THE LABORATORY (COLOMBIA MUSIC ENTERTAIMENT) CD

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND / THE LABORATORY (COLOMBIA MUSIC ENTERTAIMENT)
http://www.nitrich.com/

私は表現が大げさすぎて「伝説」という言葉をとても積極的につかう気にはなれないのだが、それでも日本のヒップホップにも伝説と呼ばれる瞬間がいくつかあって、中でも NITRO MICROPHONE UNDERGROUND はデビュー時の熱気もあってか、存在そのものが伝説であるかのように聴衆に思わせることに成功したグループでした。

それ以降も彼らは聴衆に適度な飢餓感を与える事により「伝説」の残り香を漂わせ続けてきたわけだが、いよいよ8人揃う事に何の特別感もなくなった現在、前作『SPECIAL FORCE 』(過去記事)から約3年ぶりに発表された本作は、これが伝説の正体ならなんとも寂しい非常に凡庸な作品だ。

なんて書くとどんなに酷い作品なのかと思うかもしれないが、特に完成度が際立って酷い作品というわけではない。でも代わりにどこか良い所を挙げろといわれても頭を抱えてしまうような作品で、やっぱり凡庸と書くしかないのが辛いところ。

でまぁその原因としてどの曲もトラックが良くない、と書きたいところなんだけど(いや、実際それもそうなんだけど)、それよりも各人のラップがとにかく散漫で、全くといっていいほど耳に残らないんだよね。
『SPECIAL FORCE』の時はもうちょっと引っかかるものがあったと思うんだけど、今作は正に右から左。
その中でも SUIKEN は『BACK AGAIN』(過去記事)に続いて往年の勢いを再び感じさせてくれるし、 BIG-Z もどっしりとしたラップで存在感を示しているものの、 S-WORD は最後の作品というつもりで臨んでいるからなのか変に力が入ってしまい一人浮きまくっているし、他の5人に関しては全くといっていいほど印象に残らない。

『SPECIAL FORCE』はイマイチだったものの『BACK AGAIN』が思いのほか良かったので、今作ももしかしたら、という思いがあったのだが、残念な結果に終わってしまったようだ。そしてこれが伝説の最後なのだとしたら、これはお粗末な結末だといわざるを得ない。

The Laboratory - Nitro Microphone Underground
“NITRO MICROPHONE UNDERGROUND / THE LABORATORY (COLOMBIA MUSIC ENTERTAIMENT) CD”の続きを読む

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND / NITRO X 99-09 (COLOMBIA MUSIC ENTERTAIMENT) 2CD

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND / NITRO X 99-09 (COLOMBIA MUSIC ENTERTAIMENT)
http://www.nitrich.com/

活動10周年となるニトロのベスト・アルバム。

まだアルバム3枚しか出してないのにもうベスト、しかも限定盤だと2枚組みですか、っていうのはなくはないんだけど、いかにもニトロって感じの曲を押さえつつも、結構みょうちくりんな曲も選ばれていて、彼らの王道感と、同時にこのグループの破茶滅茶な部分も分かる、なかなか良い選曲なんじゃないでしょうか。中でも “LIVE ’99” をリアレンジシた “LIVE ’09” は、バックを生演奏にしたことによって、彼らに如何にまとまりのないグループかがよく分かる珍曲で面白い。

あとの部分に関しては、まぁベスト盤なんでそれほど書きたいこともないので、どうでもいい事をつらつらと書いてみたいと思います。

[続きを読む]

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND / BACK AGAIN (acehigh) CD

NITRO MICROPHONE UNDERGROUND / BACK AGAIN (acehigh)
http://www.nitrich.com/

2007年にアルバム『SPECIAL FORCE』(過去記事)を出して以降、ツアー以外対して動きがなかったようだし、各人のソロについても同じような感じだったので、いよいよこのグループも終わりかなぁ、なんて思っていたのですが、この唐突に出されたミニ・アルバムは久々の会心作ですね。

といっても、今作においてなにか新機軸が打ち出されているのかというと、特にそういったところもなく、かといって色々やりすぎてしまった結果拡散してしまったような前作の反動で、原点回帰的な作品になっているわけでもない。
じゃぁ一体なんなんだと問われると、今作において彼らは、あえて何もしないことを選んだのではなかろうか。
つまり、特にこれといった方向性は決めず、トラックを選んだら、後はただラップするだけ。
そう思ってしまうほど、この作品でのニトロの面々のラップはリラックスしているし、誤解を恐れず書けばものすごくだらしない。

しかしその結果出来上がった作品から浮かび上がるのは、彼らのラッパーとしての身体能力の高さで、何も特別なことなどしていないのに、驚くほどこちらの耳を引き付けて離さない。中でも SUIKEN のラップは、昔を思わせる勢いに満ちたものだし(声は低いままだけど)、また彼が今作ではひたすらこの8人の凄さについてラップしているのも、強い説得力を持ってこちらに響いてくる。それに BIG-Z がちゃんと韻を踏んでいるのも、全体の底上げになっている気がする。

まぁトラック自体もニトロらしいものが揃っているので、やはり原点回帰的な思いがあったのかもしれないが、やはりラップがたっていてこそのニトロだというのを、改めて感じさせてくれる作品。それに今作ではどの曲でも参加人数が多めなので、彼らのマイクリレーを堪能できるのも、単純に楽しい。

今年はデビュー・アルバムの発売から10周年。なのでおそらくこの後フル・アルバムが出るのではないかと思うけど(ベストかもしれないけど)、このまま変に考えずに作ってくれれば良い作品になりそうだ。

試聴
amazon

S-WORD / KING OF ZIPANG -ROAD TO KING- (acehigh) CD

MiChi / PROMiSE (smej)

ずいぶんと久しぶりだなと思ったら、なんと前作から5年ぶりとなる3枚目のアルバム。
なんか大風呂敷広げたタイトルが印象的ですけれども、これってやっぱり、日本のヒップ・ホップのキングはシマウマじゃなくてオレだ、っていう宣言なんですかね。まぁそれは考えすぎか。

しかし内容の方は、そのタイトルも伊達ではない、非常に王道感のあるもの。 S-Word って1枚目の、メジャーとアンダーグラウンドを絶妙なバランス感覚で縫っていくようなスタイルの印象が強いんだけど、今作ではアンダーグラウンド色はほぼ皆無。そしてトラック、ラップともに非常に堂々としたもので、いつにない力強さを感じさせる。

まぁその分、若干説教くさいとか、似たようなパターンの曲が多いのでこれなら曲数半分でもよかったとか、不満がなくもないんだけど、言葉遊び中心だった Nitro のメンバーから、ここまで力強い言葉が出てくるというのは、時間の流れを感じさせるとともに、なかなかに興味深い。

S-WORD - KING OF ZIPANG
amazon

BEST of 2000

Unknown Possibility Vol. 2QLet goEvery Dog Has Its Day病める無限のブッダの世界 ― BEST OF THE BEST (金字塔)ELEVENTimeless DeccelerationWarningPARALLEL DIMENSIONSNITRO MICROPHONE UNDERGROUND

Fumiya Tanaka / Unknown Possibility Vol. 2
Mr.Children / Q
Bonnie Pink / Let go
Millsart / Every Dog Has Its Day
BUDDHA BRAND / 病める無限のブッダの世界~BEST OF THE BEST(金字塔)~
B’z / ELEVEN
TV VICTOR / Timeless Decceleration
GREEN DAY / WARNING
THEO PARRISH / PARALLEL DIMENSIONS
NITRO MICROPHONE UNDERGROUND / NITRO MICROPHONE UNDERGROUND

この時期は、田中フミヤが作品出せば無条件で1位、という法律が施行されていたので、残りの4年は全部田中フミヤが1位です。それにしても、こう改めてみると、実はそんなにテクノ聴いてないんだねぇ。