SoulPhiction / Drama Queen (Philpot) mp3

SOULPHICTION / DRAMA QUEEN (Philpot)
http://philpot-records.blogspot.jp/

Soulphiction こと Michel Baumann が2012年12月に発表したシングル。

Michel Baumann というとシカゴ路線の Jackmate 、デトロイト路線の Soulphiction の二つの名義を使い、ミニマルが所謂クリック・ハウスと日本で呼ばれていた時代から活動しており、また今でも以前と変わらぬペースでリリースを続けている人物なわけですが、その才能は枯渇とは程遠い事を実感させてくれるのが本作。

ハイハットに導かれるようにパーカッションとキックがゆったりと入ってくる序盤がまずいいのだが、その後ジャジーでいながらも荒々しく力強く鳴るピアノがグルーヴを加速させる中盤、長いブレイクの後中盤とはうって変わって優雅に鳴るピアノをバックに女性ヴォーカルが歌う後半と、4分半強の曲で様々な面を見せながら、それでいてきちんとまとまりのあるハウスに仕上げていて、この人の音楽的センスには改めて恐れいる。

もう1曲の “Soul Brother No.2” は、低めのアシッドっぽい音を基調とした彼にしては珍しい感じの曲ながら、そこにピアノとストリングスを絡める事により、 SoulPhiction らしいブラック・ミュージックの色が濃いハウスになっていて、こちらも良い。

こうなってくると、以前製作中との話だった3枚目のアルバムをいいかげん聴きたいのだが、一体いつになるのだろう。

Drama Queen - Single - Soulphiction

“SoulPhiction / Drama Queen (Philpot) mp3” の続きを読む

Krause Duo / UP (philpot) 12″

Krause Duo / UP (philpot)
http://www.philpot-records.net/

こちらも philpot からの作品で METABOMAN と CARLSEN BASU によるデュオ(今 METABOMAN 一人かもしれない) Krause Duo のシングル。

この Krause Duo は Musik Krause からリリースする事が多く、 Herbert を思わせる変てこハウスが多い人たちなんですが、今作はそこから一転かなり重厚な作りながら、集めた音をそのまま無造作に放り投げたようなガチャガチャとした音の連なりが、気がつけばきちんとしたハウス・グルーブを作り出していて面白いし、跳ねるリズムとそれを押さえつけるように重苦しいピアノの衝突具合が印象的な “Spalter” も、他ではあまりないような音作りがなされていて、きちんと彼らの独自性が感じられる。

これまた傑作。

Up

Radiq / MO’ ROOTS (philpot) 12″

Radiq / MO' ROOTS (philpot)
http://www.philpot-records.net/

たまに何でこの人は今までこのレーベルからリリースしなかったんだろう、と思える絶妙なアーティストとレーベルの組み合わせというのがありますが、ジャズやソウルを消化して独自のハウスを生み出している Radiq こと半野喜弘と、様々なブラック・ミュージックの影響をにじませたビートダウン・ハウスをリリースする philpot は、なぜ今までリリースがなかったのか不思議に思えるほどの組み合わせで、やはりこのレーベルは信用できると改めて思わせてくれる。

そして素晴らしいの組み合わせに答えるようにトラックもよく出来ていて、表題曲の “Mo Roots” はねちっこいギターとオルガンが実にファンキーなミニマル・ハウスなのだが、そこにきちんと洗練が加えられ、ファンキーとは相反するような落ち着きさえ感じられるのが面白いし、構成要素はそれほど変わらないもののアッパーなハウスに仕立てた “Ride On!” と共に素晴らしい。

また原曲にどす黒いグルーブを注入した soulphiction による “Mo’ Roots” のリミックスも非常に「らしい」出来で、これは3曲とも文句なしの傑作。

Mo'

Manmade Science / One (philpot) CD

Manmade Science / One (philpot)
http://www.philpot-records.net/

んで、こちらは soulphiction 、 Jackmate こと Michel Baumann が、 Benjamin Lieten 、Nik Reiff と組んでいるユニット Manmade Science の2007年に出たファースト・アルバム。

このユニットでも、大枠では soulphiction 同様、デトロイト系のディープ・ハウスではあるんだけど、決定的に違うのは、こちらの方がはるかにレイドバックしていて、ガラージなんかに近いものになっているところ。

なのでむしろ王道のハウスとか好きな人にも受け入れられる音だとは思うんだけど、個人的には、普段エレクトリックな音に慣れすぎているせいか、ここまで生音感が前面に出ていると、ちょっと好きとはいいがたいかなぁ(その辺りは非常に微妙なバランスではあるんだけど)。

まぁ色々な音楽要素も取り入れられた、非常に良く出来たアルバムだとは思うけど。

ManmadeScience - One
amazon

TIM TOH / join the resistance Part 1 (philpot) 12″

join the resistance Part 1
http://www.philpot-records.net/

Michel Baumann 主宰のレーベル philpot からの新人さん。

このレーベルは比較的デトロイト的なビート・ダウン系のリリースが多いですが、今作はそういった要素を持ちつつも、最近多い、うすっらとしたパーカッションを乗せたディープ・ハウス。しかしパーカッションはことさら強調されることはなく、むしろ印象的なのはトロピカルとさえ思える軽妙さで、それでいて収録された2曲とも終始淡々としていて、なんかそのバランスが面白い。

Break SL に続いて、 philpot は変な人見つけてきましたね。今後に期待。

Tim Toh - Join the Resistance, Pt. 1 - EP

Break SL / Laguna Seca (philpot)12″

Laguna Seca
http://www.philpot-records.net/

昨年 philpot より出したデビュー作が素晴らしかった Break SL の2作目のシングル。そして今作も素晴らしい出来なんだけど、中でも B1 の “Robur” が出色で、淡々としたハウス・ビートの上で鳴る、柔らかいギターの音色がとにかく心地よくて、思わずとろけそうになる。そしてこの曲からは、極上のブラック・ミュージックだけが持ちうるメロウさに溢れていて(作っている人黒人じゃないけどね)、個人的にはクラシック確定。同様に B2 の “Witness” も哀愁漂うダウンビート・ハウスで文句なし。
それに比べると、捻じ曲がったディープ・ハウスの “Laguna Seca” と、ダビーなミニマルの “Be Strong” の A 面2曲は若干見劣りするんだけど、それでも他と比べれば十分な出来。この人は早くアルバムが聴いてみたい。

Break SL - Laguna Seca - EP

JACKMATE / MALE KICKS (PHILPOT)12″

MALE KICKS
http://www.philpot-records.net/

最近色々あって、どうも気分が落ち気味なので、テンション低めな文章がしばらく続くかと思います。すんまそ。

とか書いてみたんだけれど、じゃぁいつものお前の文章はテンション高いのかと聞かれると、首を90度位に傾げてしまうわけで、だったらいつもと変わらないのかなぁと思いつつ、あんまり気にせずいきましょう。

このブログでは何度か紹介している、 Michel Baumann さんの Jackmate 名義での新作。この人はシカゴな Jackmate と、デトロイトな Soulphiction という二つの名義を使い分けているのですが、近年その二つの名義の境というのがずいぶんと曖昧になってきていて、このシングルなんか結構デトロイト寄りなんじゃないですかねぇ。まぁ私はシカゴ・ハウスなんか全然分かってない人間なんで、聴く人が聴けばシカゴっぽさも感じるのかもしれないけど、私なんかが聴くと、温かみのあるシンセとくぐもったキックの音が鳴る “GOTHAN” なんか、普通にデトロイト・ハウス。とはいっても曲はいいので全然文句はないのですが、さらに良いのが裏の表題曲。アフリカン・パーカッションを使ったトライバルなミニマルで、最近多いこの手の曲に比べても、はるかにダイナミズムがあって小気味良い。後半のリズムの展開もカッコいいし、曲全体にわずかにジャズの香りが漂っているのも良い。やはりこの人才能あります。

試聴

JACKMATE / BLACKBOX (phil e)2LP

BLACKBOX
http://www.myspace.com/phile2000

何気に blog や SNS ってそれなりに手出してるんだけど、イマイチ面白くなくてどれも長続きしません。やはり目的がないとダメということでしょうか。それなのに、遅ればせながら Twitter ってやつを始めてみた(右上のやつがそうです)。でも特に面白い事もなく、なんだか早々とやめてしまいそうな予感・・・。

昨年の soulphiction 名義でのアルバム『state of euphoria』が素晴らしかった Michel Baumann の、 Jackmate 名義では多分3枚目となるアルバム。彼はこの前も Manmade Science という3人組のユニットでアルバム出したばかりなので、ずいぶん働くなと思ったんだけど、制作時期が1997年から2007年までと書いてあるので、おそらく未発表曲集に近いものなんだと思います。リリースは philpot のサブ・レーベルから。
以前も書いたんだけど、 Michel Baumann にとって soulphiction がデトロイトからの影響を色濃く映したものだとすれば、この Jakcmate という名義はシカゴ・ハウスからの影響を打ち出していて、冒頭の短いイントロに続いて鳴らされる、スカスカの音作りと跳ねるビート、そして声ネタなんかは確かにシカゴっぽい。
しかしシカゴ・ハウスに殊更詳しくもなければ思い入れもない私からすると、シカゴ・ハウス云々というのは正直どうでもよくて、それを下敷きにしながらも、見事にミニマル以降の感性で仕上げているところで、単なる解雇主義的なものになっていない。さらに最近のミニマルには欠けがちな、聴き手を強引にでも踊らせようとする粗野なグルーヴがあって、もうめちゃくちゃかっこいい。
個人的にはこれでもっと曲が長ければいう事ないんだけど、逆にいえばトータルで40分ほどしかないこのアルバムは、あまりダンス・ミュージックに親しんでない人でも聴きやすいのではないでしょうか(まぁアナログでしか出てない時点で敷居が高いんだけどiTunes Store でも売ってた)。

視聴
Jackmate - Blackbox

“JACKMATE / BLACKBOX (phil e)2LP” の続きを読む

BREAK SL/TROMBONE(PHILPOT)12″

BREAK SL/TROMBONE
http://www.philpot-records.net/

JackmateSoulphiction の名で知られる Michael Baumann が主宰するレーベルである Philpot は、以前よりデトロイト色の濃いレーベルとして知られているんだけど、その Philpot から Break Sl こと Sebastian Lohse のデビュー・シングル。
A面の “Trombone” は、地鳴りのようなキックとベースにハンド・クラップと怪しい上ものが絡むビート・ダウン・ハウス。そしてB面の “Flow” は深い響きのピアノが印象的なデトロイト・ハウスで、とにかく両曲ともデビュー作とは思えないほど完成度が高い。特に “Trombone” のドス黒さはそれこそ Moodymann なんかと比べても遜色ない。
なんかちょっと褒めすぎたような気もするけど、とにかく今後に期待させる新人には間違いない。

視聴
Break SL - Trombone - EP
[Tracklist]