ROBAG WRUHME / THORA VUKK (Pampa) 2LP+7″

ROBAG WRUHME / THORA VUKK (Pampa)
http://pamparecords.com/

ついでなんで Robag Wruhme が2011年に発表したセカンド・アルバム。
シングルはもちろんの事、ミックスCDやコンピなどがあったのでご無沙汰感は全くないが、オリジナル・アルバムとしては『WUZZELBUD”KK”』(過去記事)以来7年ぶり。

ある家族の休日の一こまを切り取ったようなジャケットが郷愁を誘うが、柔らかな電子音に導かれ、徐々にビートが入ってくる “Wupp Dek” で始まる本作は、ピアノやストリングスなどのメロディを用いながらゆったりとした時間を作り出していて、こちらも回顧的な色合いが強い。

しかしいくつかのインタールードをはさみながら赤ん坊をあやすかのような声で終わる、ある家族の物語を紡いでいるかのような作りは、 Robag Wruhme の作家性が際立つ非常に美しいもので、それでいて以前からのジャズの影響を思わせる細やかなビート・メイクはテクノとしても聴き応えのあるものになっている。

また以前のようなポップさは影を潜めながらも、メロディを多用する事で以前とは違った聴きやすさも獲得していて、改めて彼の音楽的な奥深さを感じさせてくれる本作は、非常に魅力的な傑作だ。

Thora Vukk - Robag Wruhme

“ROBAG WRUHME / THORA VUKK (Pampa) 2LP+7″” の続きを読む

ROBAG WRUHME / Leistenhans Zwo EP (Musik Krause) mp3

ROBAG WRUHME / Leistenhans Zwo EP (Musik Krause)
http://www.musikkrause.de/

Robag Wruhme こと Gabor Schablitzki が2012年6月に発表したシングル。
Wighnomy Brothers での活動を休止させてからというもの、 Kompakt や Pampa からのリリースが目立っていたので、すっかり Musik Krause からは離れたのかと思っていたが、今回は久しぶりに古巣から。

Wighnomy Brothers の活動休止以降の Robag Wruhme は、どうも以前の分かりやすさが失われているようであまり積極的に聴く気になれなかったのだけれど、様々なサンプルやエフェクト、パーカッションによるリズムの緩急などをつけながらも、全体としては終始淡々と進むテック・ミニマルの “Brumby Kapell” 、太いキックとベース、甲高いパーカッションで巧みにグルーヴを練り上げる “Wolluwe” 共に、今作もその点は変わらない。

しかし以前よりも硬質な音作りと、以前からの冷たい音響空間との相性が良く、また時折挿入されるエフェクトなどからじんわりと染み出す軽妙さは、やはり Robag Wruhme らしさを感じさせ、またクラブ・トラックとしての高い機能性も相まって十分に魅力的。

まぁ以前のようなポップな曲をまた聴きたいなぁ、というのも一方で感じるのも事実だけど。

Leistenhans Zwo - EP - Robag Wruhme

“ROBAG WRUHME / Leistenhans Zwo EP (Musik Krause) mp3” の続きを読む

Robag Wruhme / DrEIKLANG KAPrIOLEN (MUSIK KRAUSE) 12″

Robag Wruhme / DrEIKLANG KAPrIOLEN (MUSIK KRAUSE)
http://www.musikkrause.de/

先頃 MONKEY MAFFIA とのユニット WIGHNOMY BROTHERS の活動を停止させた Robag Wruhme の、停止後多分2枚目となるシングル。
とはいってもこの人はユニットやっている時からソロでもバンバン出していたし、 WIGHNOMY BROTHERS にしても MONKEY MAFFIA からのインプットがどれだけあったのかイマイチ不明なので、それほど影響はないように思える。

しかし1曲目の “DAKKTYLAFF” からして、狭いコンクリ部屋を思わせる固い音響空間が非常に Robag Wruhme らしいのだが、同時に以前のポップさが影を潜めた暗い曲で、それは残りの2曲も同様。

他にもひねた音使いなどもあって総体としては非常に彼らしいトラックながらも、やはりその暗さはちょっと気になるもので、これが MONKEY MAFFIA との離別の影響なのかは分からないが、これからどう変化していくのかは注視したいところ。
まぁ今作に限っていえばその暗さが全体を引き締めていて、クラブ・トラックとしては機能性が上がって良いんだけどね。

Dreiklangkapriolen

ROBAG WRUHME ALS THEMROC / Dash Shopper (Freude-Am-Tanzen) 12″

Dash Shopper
http://www.freude-am-tanzen.com/

ちょっと前のリリースなんですが、昨日紹介した Robag さんのミックスCD『Metawuffmischfelge』(過去記事)の最後を飾っていた、 Robag Wruhme の新名義のシングル。

とはいっても、ミックスCDに収録された “Mosca Via” という曲は、 Robag Wruhme が Machiste という名義で2002年に発表したもの。それを何で今頃わざわざ出しなおすのかよく分からないんだけど、彼の今までの活動を見ると、仕事量多い割りに、自分の昔の仕事も大事にしてる感があるので、多分思い入れのある曲だったのでしょう。

なので、現在の Robag Wruhme のテック・ミニマルからするとちょっと毛色の違う曲で、2002年という時代性を考慮したとしても、ずいぶん簡素な印象を受けるローファイなエレ・ポップ。しかしシンプルなリズムの上に乗る、これまたシンプルなメロディが実にいい塩梅で哀愁を感じさせて、これがなかなかの佳曲。

そして1分にも満たないインタールード的な “Delmac” をはさんでの表題曲 “Dash Shopper” は、少しデトロイトっぽいテック・ミニマルで、久々に Robag Wruhme らしい音響感覚が味わえて、こちらも良い。
どうせなら、こちらの曲の方も、ミックスCDで使ってほしかったところです。

視聴

Wighnomy Brothers / Metawuffmischfelge (Freude-Am-Tanzen) CD

Metawuffmischfelge
http://www.freude-am-tanzen.com/

Robag Wruhme という人は、デビュー以来様々なタイプの曲をリリースしてきているわけですが、その中でも一貫しているのは、常にポップさを置き去りにしないということで、それはこの、 Monkey Mafia とのユニットである Wighnomy Brothers での、初のミックスCDでも変わらない。

1曲目からいきなり、 Matthew Dear が False 名義で出した “Fed On Youth” という、かなりディープなミニマル・トラックなんだけど、そこに元 Dead Can Dance の Lisa Gerrard が幽玄な歌声を聴かせる “Come Tenderness” という曲を乗せることで、あれだけ無機質に思えたトラックから、悲しみにも近い情感を引き出していて、まず驚く。

そしてその美しい余韻を残したまま、いくつかのトラックを経た後の、 Agoria による “Les Violons Ivres” の、あまりにも優美なストリングスが鳴り響いて以降、ほとんどの曲に明確なメロディが存在していて、それらがたゆたうようにゆるやかに、しかし確実に紡がれていく美しさを追いかけているだけで、気がつけば1時間強が終わっている。

中でも、個人的には昨年のベスト・リミックスだった、 Stewart Walker の “Fernbank 91” (過去記事)の Robag Wruhme によるリミックスをクライマックスとした、後半の美しさは筆舌に尽くしがたい。

はっきりいってノリのいい物を求めている人には不向きだと思うし、何か画期的な手法がとられているわけでもない。でもそんな不満などものともしないような美しさがあるのも間違いない。久々に Robag Wruhme の作家性に感服した大傑作。

視聴
amazon.co.jp

dOP / God bless the child EP (Milnormodern) 12″

God bless the child EP
http://www.milnormodern.com/

ちょっと前にリリースされたやつなんですが、フランスの3人組 dOP のシングル。
この dOP というグループは、プログラミングとキーボードとヴォーカルによる3人組のバンドらしく、さらにフランス出身というと Noze の名前を思い出さずにはいられないんだけど、この二組は実際共演なんかもしていて、さらにジャズやファンクを基調としている点でも似てはいるんだけど、今作においてはそんな事は重要じゃない。
というのも、表面に収められた “Foly” と、その曲の Robag Wruhme によるリミックスが素晴らしいからで、アフロトライバルなトラックの上に、タブラやアフロ・チャントといったいかにもな素材を使いながらも、パロディにならずにきちんとしたクオリティを持ったオリジナルが、まずかなり独特な雰囲気を発している。そして、そこにさらに様々な要素を加えつつも、すっきりと聴かせる Robag Wruhme のリミックスは、正に彼の面目躍如といった感じで、さすがに外さない。
他の曲も、捻くれたポップ感覚を宿しながらも、すっきりと聴けるファンク・ミニマルで、作品トータルでもよく出来ている。
この作品のヒットによって、名前もずいぶんと広まったようだし、今後の成長が楽しみでなりません。

Dop - God Bless the Child

ROBAG WRUHME / THE LOST ARCHIVE 1998 – 2007 (MUSIK KRAUSE) CD

THE LOST ARCHIVE 1998 - 2007
http://www.musikkrause.de/

以前紹介した Robag Wruhme の未発表曲集(過去記事)のCD版。
そもそも Robag Wruhme という人は、 Volker Kahl とのユニットである BEEFCAKE として1997年ごろから活動していた人らしくて、今作のタイトルから察するに、その当時から現在までの未発表曲を集めたのが本作ということでしょうか。でもクレジット見ると、半分くらいは既発曲で、しかもわりと最近の曲ばっかな感じなんだけど、まぁいいや。
内容の方は先行のEP同様、ブレイク・ビーツやブレイク・コアが中心で、印象はそのEPと変わらないかな。全然悪くないんだけど、やっぱり3曲入っている四つ打ちの方が断然良い。あとはラストの14分にもわたるアンビエントが良かったかな。でもやっぱりマニア向けの感は否めない作品です。

試聴
amazon.co.jp
@TOWER.JP

mathias kaden & onur ozer / momentum (vakant)CD

momentum
http://www.vakant.net/

なんかまたサーバの方の調子が悪かったみたいで、このブログ少しの間見れませんでしたね。これで今年入って3、4回目なんだけど、この不安定さはどうにかならんもんかしら。

わりとミニマル回すDJから支持のある vakant の、昨年出たミックス・コンピ。
vakant というレーベルは私の中で、良くいえば流行を敏感に察知している、悪くいうと二番煎じ的なイメージがあるんだけど、ここに収録されている曲も最近のミニマルのトレンドを取り入れたものがほとんどで、正直新鮮な驚きというのは感じないんだけど、その分DJツールとしての完成度が高く、ミックスされて聴くと非常にかっこよい。それに二番煎じとは書いたけど、安易にメロディに頼ることもなく、自然な流れで盛り上げていくのも好感が持てる。
ミックスとしてもコンピとしてもなかなかの佳作ではないかと。

Mathias Kaden - Momentum
amazon.co.jp
@TOWER JP

STEWART WALKER / Concentricity Remixes (persona)12″

Concentricity Remixes
http://www.personarecords.com/

先頃出たアルバム『Concentricity』のリミックス盤。この人ってそれなりの数の作品出してるけど、多分リミックス盤って珍しいんじゃないですかね。そして面子の方も同じレーベルの touane は置いておいて、他が Jeff Samuel と Robag Wruhme という、どちらかというと Stewart Walker と違うイメージのアーティストを起用しているのもいい感じ。
その中でも圧倒的に素晴らしいのが Robag Wruhme によるリミックスでして、最近のジャズに接近した作風で、ますます板についてきた感じのシャッフルするリズムのうえで、たゆたうようにゆったりと広がるシンセのアンビエンスが美し過ぎます。以前から彼の作るシンセは美しかったけれど、私が今まで聴いたことのある Robag Wruhme の曲ではダントツでナンバー・ワン。もう今年のベスト・リミックス決定です。
原曲を上手く跳ねたテック・ハウスにした Jeff Samuel 、ゆらめくようなミニマルの Touane と他に二人もいい仕事してるんだけど、やはり今作は圧倒的に Robag Wruhme 。この曲だけで十分おつりがくるシングルです。

視聴

ROBAG WRUHME / THE LOST ARCHIVE 1998 – 2007 (musik krause)12″

ROBAG WRUHME / THE LOST ARCHIVE 1998 - 2007
http://www.musikkrause.de/

Luna Sea のカウントダウン、すげぇ楽しみにしてたのに、結局再結成1日だけかよ。継続的な活動を激希望。

相変わらず仕事量の多い Robag Wruhme さんの、その名の通り未発表曲集。もうすぐ出るCD盤から4曲抜粋して、さらにこの12インチだけの2曲足したもの。
少し前に紹介したリミックス集のほうも四つ打ちじゃない曲がけっこうあったんだけど、今作は全部ブレイク・ビーツ、またはブレイク・コア。CDの方は何曲か四つ打ちのテクノもあるみたいなんだけど、今の彼のモードがわりとブレイク・ビーツなんですかね。まぁ最近のジャズ路線とかもわりとそっち系だもんね。
1曲目が “OUTRO” で最後の曲が “INTRO” という人を食ったものながら、リミックス集の隠しトラックだったブレイク・コア “BAKKENVESPER” や、ジャジーなアブストラクト・ヒップ・ホップの “OLD SACK (ROBAG WRUHME REMIX)” とか、いずれもユーモアと美しさが同居した彼らしいトラック。
でもねぇ、やっぱり私が聴きたいのは四つ打ちの曲なんだよなぁ。昨年の大傑作『Papp-tonikk EP』以降、クオリティこそ下がっていないものの、結局あれに匹敵するような作品は作れていないわけで、そこでこういう違う方向性のもの出されても、やっぱちょっと違うわけですよ。まぁ過去の音源集なんだから目くじらたてることもないんだけどさ。

視聴
Robag Wruhme - The Lost Archive (1998-2007) - EP

WIGHNOMY BROTHERS / Guppipeitsche (Freude-am-Tanzen)12″

WIGHNOMY BROTHERS / Guppipeitsche
http://www.freude-am-tanzen.com/

TM NETWORK 再始動ですか。
個人的には前作『NETWORK -Easy Listening-』って彼ら自身が奏でる TM NETWORK の葬送曲だったと位置付けているので、あのまま終わってくれた方が美しかったと思うのですよ。っていうかあれで終わりじゃなかったんなら、あのトリビュートはなんだったんだろう。まぁいいや。

昨年末あたりから好調なリリース・ペースを保つ Robag Wruhme 及び Wighnomy Brothers 。双方最近の傾向としてどんどんジャズ的な要素を強めておりますが、今作はその際たるものという感じ。
今作は両面とも上モノにピアノを使った曲が収録されているんだけど、タイトル曲の方はリズミカルなピアノを中心に、リズムもウッド・ベースとジャズ・ドラムが使われていて、フォーマットは四つ打ちながら、ジャズの音で構成したクリック・ハウスといった趣。
一方裏の “My gloomy head” は、シャープなキックの上に物悲しいピアノのメロディが鳴るクリック・ハウスで、そのピアノから十分ジャズの香りは漂うものの、彼ららしい音響構築により正に Wighnomy Brothers としかいえない曲に仕上がっていて、その対比が面白い。
彼らのこういうシングルも1作品として聴けるような作りには非常に好感が持てます。だからオリジナル・アルバムの方もそろそろ聴きたいなぁ。

Wighnomy Brothers - Guppipeitsche - EP
[Tracklist]

WIGHNOMY BROS.|ROBAG WRUHME / Remikks Potpourri Ⅱ (Freude am Tanzen)CD

WIGHNOMY BROS.|ROBAG WRUHME / Remikks Potpourri Ⅱ
http://www.freude-am-tanzen.com/

このブログでは何度か取り上げている Robag Wruhme こと Gabor Schablitzki なんですが、たとえば Villalobos や Matthew Dear なんかに比べると、どうも一般的な注目度が低い気がするのは何でなんですかね。やっぱり2004年の『WUZZELBUD”KK”』(過去記事)以来CD作品出してないのがいけないのかな。一応2005年にリミックス集が出てるんだけど、あれは流通がイマイチ悪かったからな。まぁでもそんなことは日本だけの話で、相変わらず欧州では人気があるのか、まさかのリミックス集第2弾。

前作では比較的テクノ方面のアーティストのリミックスが大部分を占めていたけど、今作は名前が売れた影響かずいぶんと幅広く、中でも UnderWorldDepeche Mode を筆頭に有名どころの名前が目立つ。

しかし基本的な音作りは一貫していて、基本的に密室的な空間処理の中で鳴るひんやりとしたシンセと、メタリックな音で構成されたパーカッションの組み合わせ。それはリズムが四つ打ちだろうがブレイク・ビーツであろうが同じ。こう書くと金太郎飴的な退屈なものを想像するかもしれないけど、彼の魅力はそこに数多くのフックを仕掛けることで、非常に記名性の高いポップなトラックに仕上げるところで、有名どころのおかげで楽曲自体の記名性の高い今作でもそれは変わらない。
単純な好みの問題でいえば、ある程度楽曲に幅のある今作よりも、タイトなミニマル/クリックで占められていた前作の方が好みだけど、完成度自体はまったく下がっていない。しかもこれに収録されたリミックス仕事なんて氷山の一角にしか過ぎないんだから、その才能はもっと評価されてしかるべきだと思います。

あとこのアルバムって一応 Monkey Maffia とのユニットである Wighnomy Brothers の名前も使われてるんだけど、各曲のクレジット見ると実際リミックスしてるのは Robag Wruhme だけなんだよね。それはこのユニット名義で出す曲でも同様で、いったいどういう役割分担なんですかね。謎だ。

視聴
@TOWER JP

[Tracklist]

ROBAG WRUHME ALS ROLF OKSEN / Bart Eins EP (Freude-am-Tanzen) 12″

ROBAG WRUHME ALS ROLF OKSEN/Bart Eins EP
http://www.freude-am-tanzen.com/

また仕事量が増えてきた感のある Robag Wruhme の新作。前作の『papp-tOnikk ep』が最高だったんで期待してたんだけど、A面の “Dopamin” は Robag Wruhme 流のブリープ・テクノといった趣で、個人的にはイマイチ。なのでこの盤の聞き物はB面の4曲でしょうか。
“Hakkatzen” は決して派手さはないものの、その分 Robag Wruhme らしい細やかな音作りが感じられて、螺旋状にグルーヴが積み上げられていくミニマル・テクノ。そして残りの3曲はフィールド・レコーディングされたと思われるノン・ビートの曲。しかしこの手のにありがちな実験性や高尚さとは無縁の、やはり彼らしい人懐っこさが感じられて心地良い。どうも前作が良かったせいでイマイチな感は拭えないんだけど、この3曲は新たな可能性を感じさせる。

視聴
Robag Wruhme als Rolf Oksen - Bart Eins - EP
[Tracklist]

V.A./MUSICK to play in the club(Shitkatapult)CD

V.A./MUSICK to play in the club
http://www.shitkatapult.com/

Shitkatapult ってどうしても T.RAUMSCHMIERE のせいかエレクトロ・パンクなイメージなんだけど、実際にはミニマル方面の PETER GRUMMICH や FENIN なんかもリリースしている少し期待してたんだけど、ん~、全編にわたってブリブリなエレクトロ・ディスコでした。
一応このコンピは「Musick」というシリーズを纏めたものなので、もしかしたらこのシリーズのコンセプト事態がそういうものなのかもしれないけど、そして今のダンスフロアでこういったものが受けるのも分かるんだけど、やっぱり個人的にブリープ形の音って好きになれません。なぜかダビーな最後の2曲はすごく好きなんだけどなぁ~。
まぁそれでもこのCDにMP3データで入ってるこの音源を使ったミックスは悪くないので、やはりミックスされてこそということでしょうか。

T.Raumschmiere vs Motor - Musick to Play In the Club
amazon で見る
[Tracklist]

pascal feos/synaptic(level non zero)CD

pascal feos/synaptic
http://www.levelnonzero.de/

このインタビューを読むと Pascal F.E.O.S という人はプロデューサというよりはDJという意識の方が強いらしく、だからなのか時代の空気を敏感に読み取って、1作目ではハード・ミニマル、2作目ではテック・ハウスと作風を変化させてきたわけですが、3作目となる今作は予想通りクリック/ミニマルを意識したような作り。しかし単純にスタイル借りてきたような部分はまるでなく、あくまでも今までの活動を土台にしたような、そして非常にテクノ的などっしりとしたリズム感がかなりカッコいい。そこにクリック系の音の粒子を感じさせるような上モノが乗っていて、確かに即効的な爆発力には欠けるものの、アルバムが進むごとにじっくりと盛り上げてくれます。そして曲がシンプルだからこそ、今まで以上にアルバムがミックス仕様になっている効果が高く、ここら辺はさすがの技術力といった感じ。多分今年のミニマル系の中でも抜群の完成度なんではないでしょうか。まぁその分面白みにかけるきらいはなくもないんだけど、いやいや、それでも素晴らしいアルバムです。

視聴
amazon で見る
[Tracklist]

WIGHNOMY BROTHERS/Moppal Kiff(Freude-am-Tanzen)12″

fat026.jpg
http://www.freude-am-tanzen.de/

今日は朝からブログのカスタマイズをちょこちょこやってたんだけど、なかなか上手くいかなくて結局ものすごく細かいところを変更したに留まってしまいました。
本当はそろそろ Movabletype に移行したいと思ってるんだけど、こんなんじゃ当分無理だなぁ。
CSS 勉強しなきゃ。

ということで疲れたのでシングル簡単に。

この人たちって多分出すの『3 Fachmisch』以来かな?
とはいえコンピとかには何曲か曲提供してたんだけど、それを聴くとどれも『3 Fachmisch』のヴァリエーションって感じで、この人たちもネタ切れかな、なんて思っていたのですが、まぁ今回の曲もそうかなぁ。
これも淡々としたキックにデンデケした中音域の音が入ってきて盛り上がる、って感じなんだけど、なんかここまでいくといいかな、って思えてきました。
昔近田春夫が「アーティストの真価は、低迷しているときにいかにしのげるか」みたいなことを書いてたけど、多分この人たちもそういう時期なんじゃないのかなぁと。
とりあえずクオリティ的には問題ないので、これと去年出たリミックス・アルバム聴きながら次の山をゆっくり待ちたいと思います。
[Tracklist]

ROBAG WRUHME / WUZZELBUD”KK”(MUSIK KRAUSE)2LP

Wuzzelbud
http://www.musikkrause.de/

アクフェンのヒット以降、ミニマル/クリック・ハウスのポップ化って著しいけど、その中でも注目を集めているのがMATTHEW DEARとこの人。結構キャリアのある人みたいなんだけど、私が知ったのはこのレーベルから出すようになってから。まぁ、このアルバム以降(発売してから何ヶ月も経っちゃった)すごい数のリミックス仕事をしてるので今レコ屋に行けばどこかでこの人の名前を見れるのではないかと。つまりこのアルバムはそれだけ高い評価を得たという証拠にもなると思うのだけれど、確かにこれは今年を代表するアルバムですね。
基本はミニマル・ハウスながら冒頭のエレクトロに始まり、ダウンテンポやサウンド・スケープっぽいのなど曲調はさまざまながら、冒頭に書いたようにどの曲もポップ。では無難な印象のものばかりなのかというとそんな事は無く、構成されている要素はわりと変ちくりんなのにそれをギリギリのところで上手くまとめ上げてる。しかもダンス・トラックとしての強度も保っているんだからスゴイ。このアルバムはCDでも出てるので、エレクトロニック・ミュージックの入り口としてもいいかなと思うんですが・・・・。

[もっと読む]

unknown/WB004(WB)12″

unknown/WB004
 
アンダーワールドの”ボーン・スリッピー”ネタのブートってたくさんあるけど、これはクリック調に仕上げた変り種。
A面はヴィラロボスを思わせるパーカッシブなトラックの上に、様々なヴォイス・サンプル混じってカール・ハイドのヴォーカルが聴こえるというもの。これは多分クラブとかで聴いたら分かりません。でもB面のほうはクリック・ハウスにあのシンセがまんま乗っているので、暗いビートの向こうからあのフレーズが聴こえてくるとまるで夜が明けたかのようでなかなか感動的。
それにしてもブートものとは思えないほどトラックがしっかりしてるので、これはそんなに飽きずに長く聴けそうです。