RYUKYUDISKO / INSULARHYTHM

INSULARHYTHM
http://www.ryukyudisko.com/

ズボンずり下げたら禁固刑 米各地で「腰パン」禁止条例
相変わらずアメリカはなんというか極端ですね。でも私も中高生が制服でやってるのはさすがにみっともないと思う。

現在のポップなテクノの急先鋒、 Ryukyudisko のメジャー・デビュー盤。
シングルの段階で色んな人と共演して話題になっていたけど、冒頭の2曲が良くも悪くもロックにしか聴こえなくてちょっとびびる。これはテクノの人がバンドと共演しました、ってよりは、バンドが打ち込み取り入れました、っていう風にしか聴こえないんだよね。でもそれは、Ryukyudisko が共演者の個性を上手く掬い上げてるともとれるわけで、実際悪くない。
それに比べると、以降の曲は記号的に沖縄音楽を取り入れただけのハード・テクノで、全然面白くなかったです。っていうか決定的なまでに音が古いんだよね。あとたまにトランスっぽいのやハッピー・ハードコアみたいな曲が出てくるのも苦手。
別にポップになるのはかまわないけど、ここまで大味にしなくてもいいんじゃないですかね。

RYUKYUDISKO/PEEKAN EP 2(PLATIK)12″

RYUKYUDISKO/PEEKAN EP 2
http://www.ryukyudisko.com/

もう卓球周りの人達に興味がもてなくなって久しいのだけれど、思わず買ってしまった琉球ディスコ『PEEKAN』からのリミックス・カット。
というのも田中フミヤがリミキサーで参加しているのですよ。これは買わないわけにはいきません。

その田中フミヤのリミックスは、彼にしては珍しくダブダブでディープなミニマル・チューン。ベースが這いずり回るような比較的ストレートなミニマル・ダブなんだけど、まるで軋みをあげているような上モノが緊張感を生んでいて、全然ユルイ方向にいってないのがこの人らしい。いや、もうこれはめちゃくちゃカッコいいですよ。
それに比べると Hifana のリミックスは普通にブレイク・ビーツといいますか、まぁ悪くないといった程度。2曲入ってるオリジナルも私には能天気すぎてちょっとキツイかなぁ。
でも個人的には田中フミヤのリミックス1曲だけでかなり満足。今年の彼の活動にも期待もてそうです。

試聴
“RYUKYUDISKO/PEEKAN EP 2(PLATIK)12″” の続きを読む