Leo Cubanero/wanna talk…(textone)mp3

txtn025_320.jpg 
http://www.textone.org/

私みたいにミニマルやクリック好きで、尚且つ CISCO で買い物する人であれば「田中フミヤ氏も購入」等の宣伝文句に釣られたことがあるのではないかと思いますが、この Leo Cubanero はシングル『Bugfix』を、田中フミヤが LOUD 誌の2003年の年間チャートでベストに挙げたとかで話題になった人です。
この人って寡作な上に、(基本はクリックながら)シングルごとにスタイルが違うので今ひとつ音楽性がつかめないのだけれど、これは昨年のシングル『Wer Hat An Der Uhr Gedreht?』に近い、Akufen 以降のクリック・ファンク。彼は先に書いたように寡作な人ではあるのだけれど、それに見合ったクオリティの作品を出す人なのでこれもかなり高品質。ファンキーなビートの上を四方八方に飛び交う音の破片が気持ちいい傑作です。

Vivianne Project/crabclawcollective(textone)mp3

txtn022_320.jpg 
http://www.textone.org/

最近 Richie Hawtin M_NUS の活発な動きの為なのかミニマル系のアーティストへの関心が高いように思うんだけど、その中でも注目されているレーベルが underl_ne です。ここは M_NUS 周辺の人物が運営及びリリースをするレーベルみたいなんだけど、私は正直最近知ったので1枚も持っておりません。このレーベルの今のところの最新作の5番、そしてまもなくレーベル初のアルバムをリリースするのが Vivianne Project こと Jesse Siminski 。
でもそういう前情報からミニマルな音を想像すると、これはちょっと違いますね。どちらかというと最近のハード・ミニマルからの流れに近い感じでしょうか。わりとキックも前に出ているので、そっち方面好きな人には入りやすいのではないかと。

Fenin/Live and Direct(textone)mp3

txtn013b_320.jpg 
http://www.textone.org/

最近ネット・レーベルって全然チェックしてなかったんだけど、久しぶりに textone のサイトを覗いてみたら結構豪華な面子が参加してるんですね。なのでミニマル界隈で注目を集めている人の作品を抜き出して紹介しようかなと。

最初は以前アルバムを紹介したFenin こと Lars Fenin 。そこでも書いたんだけど、以前レゲエ・バンドでギターを弾いていたというキャリアに裏打ちされた、独自のダブとの距離のとり方はなかなか興味深いものの、個人的にはそこら辺の面白さがまだ中途半端な気がします。
では何故この作品を選んだのかというと、textone って各作品にコメントが自由に書けるんだけど、これにはなんと basic channel がコメントを寄せているんですよね。数あるミニマル・ダブの中でこれが特に際立っているとは思わないんだけれども、ベーチャンに「only one word: brilliant」なんて書かれると、なんとなく凄そうに思えてしまう単純な私であります。
因みにこの作品のコメント欄には最近 TRAUM からシングル出した Jesse Somfay の名前も。

Ricardo vs. Jay/Prefer Summer [+Remixes](textone)mp3

Ricardo vs. Jay/Prefer Summer [+Remixes]
http://www.textone.org/

以前紹介したtextoneの新作がアップされてるんだけど、今回はなんとconterxterrioeの8番に続いてヴィラロヴォスとジェイ・ヘイズのコラボレーション!しかもリミキサーはカバンヌにサムワン・エルスですよ!いや~、こんなのがフリー・ダウンロードというんだから有難い。しかも内容は今年のベストに挙げたいくらい超最高。