LIL UGLY MANE / MISTA THUG ISOLATION (Self Released) mp3

LIL UGLY MANE / MISTA THUG ISOLATION

ヒップホップってそれなりに数を聴いてはいるんだけど、その動き自体はよく分かってないので、お勉強的に聴いてみた盤。

チョップト&スクリュードやチル・ウェイブなんかの影響でスローダウンしたヒップホップをクラウド・ラップっていうらしいんですが、これも多分そこに分類されるような音。

チョップト&スクリュードが醸し出す甘さって結構好きで、今作にはそれに通ずる甘さと、ジャケットに現れているドロドロした感じが上手く合わさっていて悪くはないんだけど、全体の感想としては、う~んいまどきだねぇ、っていう以上のものは出てこないかな。
もっと極端に甘いか暗いか、どっちかに振れてた方がよかったです。

あと当初配布されていた bandcamp から削除されちゃったみたいね。調べればいくらでも出てくるけど。

“LIL UGLY MANE / MISTA THUG ISOLATION (Self Released) mp3” の続きを読む

A Light In The Dark / From One Day To Another (Self Released) mp3

A Light In The Dark / From One Day To Another

Annorkoth (過去記事)をやっている B.M. さんの別名義 A Light In The Dark で今年出したフリーの作品。

こちらは Annorkoth 以上にシンセが前面に出ている上に、かなりメロディックなのではっきりってメタルを聴いている感じは全然しないんだけど、これはこれで面白いし、なれると意外に悪くない、かな・・・。

ダウンロード

“A Light In The Dark / From One Day To Another (Self Released) mp3” の続きを読む

Annorkoth / Annorkoth (Self Released) mp3

Annorkoth / Annorkoth

フリーで落とした音源聴くのに忙しくて、自分で買った音盤を聴く時間もそれについて書く時間も足りないという状況を打開すべく、とりあえず聴いた音源を片っ端から紹介してみる。
いや、そうしたらどうせ今まで以上に落とすようになるだけなのは分かりきってるんだけど・・・。

っつうことで、 B.M. さんの一人ブラックメタル・ユニット Annorkoth が今年の頭に出した、多分ファースト・アルバム。

シューゲイザーっぽいノイズ成分多目のギターとかすごく今っぽいんだけど、それより特徴的なのが前面に出されたシンセで、シンフォニックでありながらもひんやりとした音色で鳴らされるそれは、あまりメタルで聴く類の音ではない上に、下手するとギターよりもでかいんじゃないかというくらいの音で鳴るので、かなり耳をひく。
しかし結果的にそのシンセが、悲しげな旋律を奏でるギターが描く荒涼とした世界観をさらに寒々しいものにしていて面白い。

ダウンロード

V.A. / STRICTLY ANALOG DUB (dubbhism) mp3

V.A. / STRICTLY ANALOG DUB (dubbhism)

オランダのネット・レーベル Dubbhism のフリー・コンピ。

今作はタイトルどおり生演奏のダブが中心なので、ミニマル・ダブであったり、ダブステップなどは聴いても、レゲエには縁遠い私は普段聴くような音ではないのだけれど、私の中でのダブのイメージまんまの曲が多いので聴きやすい。
その分意外性などには乏しいんだけど、まぁこれからの季節に聴くにはいいでしょう。

ダウンロード

“V.A. / STRICTLY ANALOG DUB (dubbhism) mp3” の続きを読む

Max Tannone / Mic Check 1234! (Self Released) mp3

Max Tannone / Mic Check 1234!

『Mos Dub』(過去記事)や『Jaydiohead』で話題になったアメリカのプロデューサー Max Tannone さんの新作。

この人の作品はマッシュアップがほとんどなんだけど、今作はパンクのトラック(演奏)とラップを合わせたもの。なので方法論としてもアイデアとしても手垢にまみれたものであり、実際音の方も目新しさのあるものではないのだけれど、トラックとラップがまったく違和感なく融合された今作は(原曲知ってるとまた違うかもしれないけど)、そんなごちゃごちゃした理屈抜きに楽しい作品になっていて、とにかく盛り上がる。

ダウンロード

“Max Tannone / Mic Check 1234! (Self Released) mp3” の続きを読む

Zebra Katz / Ima Read (Jeffree) mp3

Zebra Katz / Ima Read (Jeffree)
http://jeffrees.tumblr.com/

Mad Decent のサブレーベル、 Jeffree からニューヨークのプロデューサー Zebra Katz の EP 。

そもそも今作を聴こうと思ったのは “Ima Read (Slick Shoota Remix)” がジュークだったからで、そのリミックスはボイス・サンプルと扇情的なシンセが非常にファンキーな一品なんですが、じゃぁ作品全体はといいますと、ベース~ハウス辺りの音をゆるく総ざらいしたような内容になっていて、どれも悪くはないんだけど、 Slick Shoota のリミックス以外あまり印象に残るものがなかったかな。

ジャケットの感じとか好きなんだけど。

ダウンロード

“Zebra Katz / Ima Read (Jeffree) mp3” の続きを読む

Albatross / Murder b/w Caspers Theme (Self Released) mp3

Albatross / Murder b/w Caspers Theme

シドニーの二人組み Albatross が bandcamp 上で配布しているシングル。

基本的なスタイルはダブステップなんだけど、クラブ・トラックというよりはもっとポップなもので、柔らかなビートと甘い上モノの組み合わせが非常に気持ちがいい。
原曲の雰囲気そのままに、アンビエントっぽさを足した Guerre 、逆に原曲を壊して暗いエレクトリック・ヒップホップにした Dro Carey と、リミックスも面白く、これは良いシングル。

ダウンロード

“Albatross / Murder b/w Caspers Theme (Self Released) mp3” の続きを読む

Dro Carey / Tussin Underwater (Self Released) mp3

Dro Carey / Tussin Underwater

色々考えたけど、やっぱりいつもの感じで。

シドニーのプロデューサー Dro Carey が今年の頭に出したフリーのミニ・アルバム。

この人まだ20歳前後とまだかなり若いからなのか、非常に多作な人で、しかも「何々系」などの一言でくくれない位スタイルの幅も合ったりするんですが、今作に限っていえばヒップホップに近いビート集。
全体的に暗いので万人に薦められるような感じではないものの、引きずるような感覚が強いのに、ありがちにベースで埋め尽くす事をしないビート感覚は独特で、彼の才気を感じさせる。

ダウンロード

Helios / Moiety (Unseen) mp3

Helios / Moiety (Unseen)

Helios こと Keith Kenniff さんが先月自身のレーベルから発表したフリーのアルバム。

ビートのない音楽って基本的に苦手なんで、今作のようなリズムのないアンビエントはほとんど聴かないんだけど、そんな私からしてもエレクトロニクスと生楽器をバランスよく配し、淡い心象風景を描き出すこの作品の美しさには抗えない。

中でもピアノを使った曲の美しさは素晴らしく、明確なメロディがあるわけでもないのに、きちんと印象に残るようなものになっていて、こういうアンビエントだったらまた聴いてみたい。

ダウンロード

“Helios / Moiety (Unseen) mp3” の続きを読む

Eliot Lipp / Shark Wolf Rabbit Snake (pretty lights music) mp3

Eliot Lipp / Shark Wolf Rabbit Snake (pretty lights music)

ニューヨークのプロデューサー Eliot Lipp のフリーの作品。

私はこの人については名前しか知らなかったのでちょっと調べてみると、Prefuse 73 とか引き合いに出されていた人みたいですね。
んで、今作のヒップホップとダブステップとエレクトロニカが緩やかに溶け合ったような音は、それっぽいっちゃぁそれっぽいというか、まぁ所謂 Low End Theory 系といえそうな感じなんだけど、私にはそれ以上感じ入るものがなく、凡庸でしたかね。

まぁジャケットのポップさと歪んだ感じの同居は音にも現れているので、聴きやすい作品だとは思う。

ダウンロード

Skywlkr / Impressions (Self Released) mp3

Skywlkr / Impressions

デトロイトのプロデューサー Skywlkr のビートテープ。

なんか Clams Casino『Instrumental Mixtape』(過去記事)の高評価以降、他のアーティストに提供したビート集めて出す人が増えた気がするんだけど、今作も Danny Brown や Chief Keef 、 Death Grips などに提供したビートを集めたもの。

冒頭の “30” から引きずるようなベースラインの重たいトラックが続くんだけど、女性ヴォーカルをサンプリングした “Impressions” を境に、哀愁系のメロディが入ってくるトラックが多くなるので、全体の印象としては思ったほど重くはない。

とはいっても靄がかった暗さが全体を覆っているので、まぁそういうの好きな人向き。つまり私向き。

ダウンロード

“Skywlkr / Impressions (Self Released) mp3” の続きを読む

CD2枚、CDS1枚、12インチ3枚、ファイル7

RICARDO VILLALOBOS / PERL91Mordant Music / MM053Cassegrain & Tin Man / CarnalNEWS / NEWS BESTARASHI / Your EyesFracture featuring Dawn Day Night / Get BusyThe End Of All Existence / The Final HoursThe End Of All Existence / The End Of All ExistenceMilton Bradley / The Dark Of The Psychic UnknownRhadoo / Arhiva EPCristian Vogel / Enter The TubRUFF DRAFT / LONE RANGERWOLFGANG VOIGT / FOR THE LOVE OF GOD

RICARDO VILLALOBOS / PERL91
Mordant Music / MM053
Cassegrain & Tin Man / Carnal
NEWS / NEWS BEST
ARASHI / Your Eyes
Fracture featuring Dawn Day Night / Get Busy
The End Of All Existence / The Final Hours
The End Of All Existence / The End Of All Existence
Milton Bradley / The Dark Of The Psychic Unknown
Rhadoo / Arhiva EP
Cristian Vogel / Enter The Tub
RUFF DRAFT / LONE RANGER
WOLFGANG VOIGT / FOR THE LOVE OF GOD

ここ2週間くらいで買ったもの。ちょっと最近テクノのシングルばかり買っている気がするので、もうちょっと色々聴こう。

Camp Lo & Ski Beatz / Fort Apache (Self Released) mp3

Camp Lo & Ski Beatz / Fort Apache

Camp Lo と Ski Beatz が先月出したミックステープ。

Ski Beatz って『24 HOUR KARATE SCHOOL JAPAN』のときに気になって聴いてみたものの、トラックダサすぎてとても買う気にならなかったんだけど、今作に関しても、音がでかいわりにはグルーヴが全然なくて、やっぱり私にはこの人の良さが分かりません。

Camp Lo のどっしりとしたラップは悪くない。

ダウンロード

“Camp Lo & Ski Beatz / Fort Apache (Self Released) mp3” の続きを読む

Ham Den Lange / Fucking Smukt (Self Released) mp3

Ham Den Lange / Fucking Smukt

デンマークのラッパーさん Ham Den Lange が今年発表したミックステープ。

ヨーロッパのヒップホップというとドイツのものを聴く事が多いので、なんとなく暗い印象が強いんですが、今作はゆるゆると脱力しながらも明るいもの。
それでいて低音の効いたトラックはしっかりしているし、ラップの方もどこか飄々としながらも抑揚があってなかなか楽しめる。

あとデンマーク語のラップってはじめて聴いたんだけど、普段英語のラップ聴いてれば特に違和感はないかな。

ダウンロード

“Ham Den Lange / Fucking Smukt (Self Released) mp3” の続きを読む

BOXセット1つ、CD5枚、LP2枚、CDS1枚、12インチ6枚、ファイル21

SOUL BUTTON / ShadowsROBAG WRUHME / Leistenhans Zwo EPMIRKO LOKO / FeaturingKATOLINE / Analogic AcoustiqueV.A. / 000TADEO / The Close EncounterRAMPA / So Many EverythingNX1 / NX1 01NX1 / NX1 02KOMPONENTE / Slow SongGatekeeper / Atmosphere ProcessorProduction Unit / ICU TracksEkoplekz / Westerleigh Works EPWolfgang Voigt / Rückverzauberung 6Guy Gerber / The Mirror GameVID / RebirthEndian / BirdhouseDfrnt / On The Edge 16Senking / DazedOctober & Borai / I Didnt Mean TojewelsLAURINE FROST / Vanagloriafrancesco Baudazzi / The Black Nobility of Venice and GenoaBoola / Workthemrecords001TC STUDIO / Waste E.P.Pigon / Kamm InterpretationsTom Dicicco / INNER003ARASHI / FACE DOWNACTRESS / R.I.PCLAUDIO PRC / INNER STATETHEY LIVE / CANCEL STANDARDDJORVIN CLAIN / PATTERN OF THOUGHTTHA BLUE HERB / TOTALMR.CHILDREN / MACROMR.CHILDREN / MICROShackleton ‎/ Music For The Quiet Hour / The Drawbar Organ EPs

SOUL BUTTON / Shadows
ROBAG WRUHME / Leistenhans Zwo EP
MIRKO LOKO / Featuring
KATOLINE / Analogic Acoustique
V.A. / 000
TADEO / The Close Encounter
RAMPA / So Many Everything
NX1 / NX1 01
NX1 / NX1 02
KOMPONENTE / Slow Song
Gatekeeper / Atmosphere Processor
Production Unit / ICU Tracks
Ekoplekz / Westerleigh Works EP
Wolfgang Voigt / Rückverzauberung 6
Guy Gerber / The Mirror Game
VID / Rebirth
Endian / Birdhouse
Dfrnt / On The Edge 16
Senking / Dazed
October & Borai / I Didnt Mean To
ERA / JEWELS
LAURINE FROST / Vanagloria
francesco Baudazzi / The Black Nobility of Venice and Genoa
Boola / Workthemrecords001
TC STUDIO / Waste E.P.
Pigon / Kamm Interpretations
Tom Dicicco / INNER003
ARASHI / FACE DOWN
ACTRESS / R.I.P
CLAUDIO PRC / INNER STATE
THEY LIVE / CANCEL STANDARD
DJORVIN CLAIN / PATTERN OF THOUGHT
THA BLUE HERB / TOTAL
MR.CHILDREN / MACRO
MR.CHILDREN / MICRO
Shackleton ‎/ Music For The Quiet Hour/The Drawbar Organ EPs

最近色々と面倒でまとめて更新が多くなる一方の買い物日記ですが、前回からの1ヵ月半位で買ったもの。数は多いけど半分以上がデジタルなので、金額的にはそれほどいっていない、はず・・・。
全体的にはテクノが多め、中でも最近盛り上がっているルーマニアン・ミニマルと、それに引っ張られてパーカッシブなミニマル・ハウスが多いのが特徴でしょうか。
っていうかこれだけデジタルに寄っちゃうと、ブログ名も変えなきゃ駄目かしら・・・。