Gerry Read / Saucepan Jams Part 1 (Self Released) CD

Gerry Read / Saucepan Jams Part 1
http://www.ramprecordings.com/

イギリスのプロデューサー Gerry Read が2013年3月に発表した2枚目のアルバム。

Gerry Read が昨年末に発表した『Jummy』は、ジャズ的な音作りとベース・ミュージックからの影響が強いリズムが素晴らしく、2012年のテクノを代表する作品だったと思うんだけど(年間ベストにも入れた)、日本ではあまり話題にならず寂しい限り。

そしてあまり間を空けずに発表された本作は、B級感のすごいアメコミジャケットからして怪しさ満点ですが、レーベルのサイトから CDR で限定100枚のみ発表という、少々変則的なもの。

英語の記事しか見つからなかったので本作がどういった意図で発表されたのかは分からないのだけれど、 Gerry Read の普段の作風とは違い、サンプリング主体と思われるディスコ・ミュージック。
そのため最初はその違いに戸惑いさえ覚えてしまうのだが、お世辞にもいい音とはいえないこもり気味な音を、無理やり出音上げたみたいな、乱暴ともいえる音作りは面白いし、全編ファンキーなグルーヴがあってかっこいい。

音の感じから考えても、発売形態から考えても、おそらくそれほど時間をかけずに作ったのだろうけれど、それゆえ彼のセンスの良さが表れた盤かと。

[`friendfeed` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`livedoor` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)