The Green Kingdom / Dustloops : Memory Fragments (SEM) mp3

The Green Kingdom / Dustloops : Memory Fragments (SEM)
http://semlabel.com/

明けましておめでとうございます。
昨年はなんのかんのとあったんですが、無事新年を迎える事ができましたので、ここらで他の方がやっているように年間ベストでも発表したいところなんですが、どうもベストっていうほど強烈に印象に残っている作品が少ないので、この連休中に次点候補を中心に振り返ってみたいと思います(多分いつもどおり続かないと思うけど・・・)。

ということで、 Green Kingdom さんのソロ・プロジェクト The Green Kingdom が2013年2月に発表した8枚目のアルバム。

昨年はテクノのインダストリアル化からさらに進んで、ノイズやドローンの要素が強い、分かりやすく書くとテクノとエレクトロニカの境目がないような作品を好んで聴いていた気がするんですが、今作もそんな作品。

幾重にも重なったノイズと、それを包み込むような柔らかなギターが鳴る中、中盤からゆったりとしたキックと美しいベースが入ってくる “dust_rds” 、空間的な音響とノイズが印象的なミニマル・ダブの “green being” 、徐々にこちらの記憶を呼び覚ますかのような郷愁を感じさせる “rustloop” と、リズムが立ち上っては消えていくような曲が多い。

そしてそのリズムやノイズで緊張感を作り出している場面と、それ以外のノンビートなどで緩やかに聴かせる場面の押し引きが絶妙で、まるで大きな波に身を任せているかのような心地良さがある。

正直初めて聴いたときの印象はそれほどでもなかったんだけど、気がつけば1年を通してよく聴いた作品でした。48分強という収録時間も今の私にはちょうど良い。

“The Green Kingdom / Dustloops : Memory Fragments (SEM) mp3” の続きを読む

Gerry Read / Saucepan Jams Part 1 (Self Released) CD

Gerry Read / Saucepan Jams Part 1
http://www.ramprecordings.com/

イギリスのプロデューサー Gerry Read が2013年3月に発表した2枚目のアルバム。

Gerry Read が昨年末に発表した『Jummy』は、ジャズ的な音作りとベース・ミュージックからの影響が強いリズムが素晴らしく、2012年のテクノを代表する作品だったと思うんだけど(年間ベストにも入れた)、日本ではあまり話題にならず寂しい限り。

そしてあまり間を空けずに発表された本作は、B級感のすごいアメコミジャケットからして怪しさ満点ですが、レーベルのサイトから CDR で限定100枚のみ発表という、少々変則的なもの。

英語の記事しか見つからなかったので本作がどういった意図で発表されたのかは分からないのだけれど、 Gerry Read の普段の作風とは違い、サンプリング主体と思われるディスコ・ミュージック。
そのため最初はその違いに戸惑いさえ覚えてしまうのだが、お世辞にもいい音とはいえないこもり気味な音を、無理やり出音上げたみたいな、乱暴ともいえる音作りは面白いし、全編ファンキーなグルーヴがあってかっこいい。

音の感じから考えても、発売形態から考えても、おそらくそれほど時間をかけずに作ったのだろうけれど、それゆえ彼のセンスの良さが表れた盤かと。

grad_u / sequence (Entropy) CD

grad_u / sequence (Entropy)
http://www.entropy-records.com/

眠いので簡単に。

リトアニア出身のアーティスト grad_u が、フランスのレーベル Entropy Records から2011年に発表したアルバム。

Entropy Records って少し前に Mr. Cloudy のアルバムを紹介しましたが(関連記事)、ダブ・テクノ系のレーベルの中でもリリース数が非常多く、中には変り種もあったり寸ですが、今作もリズムがほとんどないアンビエント作で、そういった意味では異色。

ただミニマル・ダブでアンビエントというと、ただただ気持ちがいいだけなのかというとそんな事はなく、ノイズやドローンの要素を取りいえれた、比較的緊張感の高い曲が多く面白い。

まぁそれでもノンビートで80分はさすがに長いんだけど・・・。

Gatekeeper / Atmosphere Processor (Apple Pips) mp3

Gatekeeper / Atmosphere Processor (Apple Pips)
https://www.facebook.com/Apple.Pips.Recordings

Appleblim が主宰するブリストルのレーベル Apple Pips から、2012年に発表された Gatekeeper のシングル。
Appleblim といいますと、 Shackleton と共に Skull Disco を運営していた人物であり、 Gatekeeper も Skull Disco からのリリースがあることから Shackleton 周辺っていう括りで語られる事が多い人。

ということは今作も Shackleton みたいなドロドロ系なのかというとむしろ逆で、 “Atmosphere Processor” なんかは前のめりに変則的なリズムを刻むドラムにパーカッション、そこに空間を切り裂くような鋭いシンセの音が入ってくるという、テクノ的な疾走感をもった曲。この手のやつってベースがおざなりになって軽くなる事が多いんですが、これはきちんとタメの効いた重たいベースで非常にかっこいい。
それに比べるともう1曲の “Let Us In” はダブステップの基本に近い感じではあるんだけど、リズムは十分変則的だし、ダブ的な音響が気持ちよかったりと、これまた良い。

この人は作品の数がイマイチ少ないんだけど、それでもこれだけの作品を出されれば文句もない。

Atmosphere Processor / Let Us In - Single - Gatekeeper

“Gatekeeper / Atmosphere Processor (Apple Pips) mp3” の続きを読む

Guy Gerber / The Mirror Game (Visionquest) mp3

Guy Gerber / The Mirror Game (Visionquest)
http://www.vquest.tv/

音盤購入の記事見てもらえば分かるように、今年はけっこうテクノを買っているんですが、そのわりにブログで紹介していない気がするので、ポツポツなんか書いてみます。とはいっても例によって何ヶ月も前のなんだけど。

っつうことで今年の春に出た、イスラエルのプロデューサー Guy Gerber のシングル。

今作は冒頭から入ってくる、柔らかなギターを思わせる音色で奏でられる、たゆたうような上モノにまずもっていかれるんですが、そこに絡むしなやかなリズム、幽玄なヴォイス・サンプル、切ないシンセのメロディと、全てが素晴らしい。それでいてあからさまな盛り上がりや展開を聴かせることなく、ゆらゆらと流れるように曲が進行していくのもいいし、7分という時間を一切弛緩させることないこの曲は、名曲といって差し支えないんじゃないかしら。

2曲目の “One Day In May” は、表題曲のような印象的な上モノがない分地味なんだけど、これまたしなやかなリズムが気持ちのいい良曲。

ちなみにデジタルだと表題曲のビートレス・バージョンが入っているんだけど、これまた切なさ倍増で良い。傑作です。

The Mirror Game - Single - Guy Gerber

“Guy Gerber / The Mirror Game (Visionquest) mp3” の続きを読む